MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > マナー・慣習 > 喪中はがきはいつ、誰に書けばよい?

喪中はがきはいつ、誰に書けばよい?

不幸があったら、次の年の新年の挨拶は行わないというしきたりがあります。代表的なのが、「年賀状を出さない」というものです。年賀状の代わりに「来年の新年の挨拶は行いません」と宣言する役割を持つのが、喪中はがきです。喪中はがきを出す時期や対象、文例について解説します。


喪中はがきを出すのは身内が亡くなった年

喪中はがきを出すのは、身内に不幸があった年です。この「身内」がどの範囲を指すのか、わからないという人も多いでしょう。具体的には、両親、兄弟、配偶者、配偶者の両親が亡くなったときには、ほとんどの人が喪中はがきを出します。なお、祖父母が亡くなったときにも、同居家族であったなら、喪中はがきを出しましょう。配偶者の兄弟や祖父母が亡くなったときには、判断が難しいところです。親族のうちでも、とくに目上の人に相談してみましょう。

 

喪中はがきは11月頃に作成する

喪中はがきは、11月頃に作成します。これは、喪中の人へは年賀状を出さないというしきたりがあるためです。喪中はがきを受け取ったとき、すでにその人へ年賀状を出した後だったら、焦ってしまいますよね。多くの人が年賀状を準備し始める12月よりも先に、喪中はがきを出すのがマナーです。

 

喪中はがきを出す先はプライベートで年賀状をやり取りしている人

喪中はがきを出すのは、常に年賀状をやり取りしている人です。また、新しくお世話になった人など、その年から年賀状を出そうと思っていた人にも喪中はがきを出します。喪主であった場合には、葬儀に参列してくださった人や、故人と年賀状をやり取りしていた人には、可能な限り喪中はがきを出すようにするのがマナーです。ただし、不幸があったことをよく知っている親族には、喪中はがきを出す必要はないという考え方が一般的です。また、基本的にはプライベートで年賀状をやり取りしている人に限り、ビジネス上の相手には、喪中はがきを送りません。

 

喪中はがきの文例

喪中はがきの要素は5つです。「欠礼の挨拶」「いつ誰が亡くなったか」「生前のおつき合いに対して感謝の言葉」「新年も変わらぬお付き合いを願う言葉」「日付、住所、氏名」です。次項の挨拶や近況報告などは一切入れず、シンプルな文面とします。1つ文例をあげておきましょう。

 

喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます

本年八月に父 ●●が九八歳にて永眠いたしました

これまで賜りましたご厚情に心から感謝申し上げます

なお 明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

二〇一七年十一月

東京都●●区●●一丁目●号

東京 太郎

 

以上のように、句読点をつけないのが通例です。「新年」を「新春」「年賀」などめでたい用語に置き換えないよう注意しましょう。

 

年末に不幸があった場合の対処方法

年末に不幸があったときには、「果たして、喪中はがきを出して間に合うだろうか」と、悩ましい状況に置かれます。受け取った人が「年賀状を出してしまった」と焦ってしまう恐れがあるためです。日にちにまだ余裕があると感じたら喪中はがきを出しても構いませんが、不幸が年末の忙しい時期にかかってしまったら、あえて喪中はがきは送らず、新年が明けてしばらくしてから寒中見舞いを出しましょう。寒中見舞いには、年賀状を出さなかった理由と、お詫びの言葉を入れ込みます。寒中見舞いを出す時期は、1月7日から2月3日までです。節分以降は春と、カレンダーで定められているためです。

 

年賀状が届いてしまったときは寒中見舞いを出す

喪中はがきを出さなかった人から年賀状が届いてしまう場合もあるでしょう。そのようなときも、1月7日以降に寒中見舞いを出します。年賀状をいただいたことへのお礼を、忘れずに入れ込みましょう。

 

まとめ

以上、喪中はがきを出す時期や対象、文例についてお伝えしました。喪中はがきは、郵便局やコンビニ、文房具店で手に入ります。大量に印刷する必要がある場合には、インターネットの通販を選べば効率的です。早めに準備して、ゆとりを持って発送できるようにしておきましょう。

関連記事:喪中とは?忌中と喪中の違いと過ごし方

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

お布施とは?金額・渡すタイミング・お布施マナーについて

喪主となる経験は、人生でそう何度もあるわけではありません。誰もが経験不足ななか、とくに悩みがちなのがお布施についてです。お布施とは何か、金額相場はあるのか、渡すタイミングなど具体的なことをご紹介したうえで、最後にお布施の大事なマナーについてお伝えします。

キリスト教式のお墓,葬儀

キリスト教の葬儀とお墓参りの作法

キリスト教の葬儀やお墓参りの仕方を知っている人はどれくらいいるでしょうか。もしかしたらご家族やご友人がキリスト教式の葬儀を行ったり、お墓を作られることがあるかもしれませんが、日本人の大多数が仏教系もしくは神道系を信仰しているため、なかなか馴染みの無い世界だと思います。ここでは、そんなキリスト教の基礎知識から葬儀やお墓について、またカトリックとプロテスタントの違いにも触れていきます。

お葬式に参列する時の服装を解説!男女から学生・子どもまで

お葬式に参列する時、一番気になるのは服装ではないでしょうか。特に若い人の場合、お葬式に参列した経験自体がないということも少なくありません。また、自分はともかく子どもに何を着せれば良いのかわからないこともよくあります。ここでは、お葬式の服装における基本的なマナーをまとめました。

仏壇の処分

仏壇の処分はどうすればいい?捨てるまでに行う手順や費用

親や親戚が死んでしまった際、従来の立派な仏壇が残されていると処分に困ってしまうものです。本来仏壇とは、信仰する宗派の御本尊を祀り亡くなった家族や先祖供養をするために設けるもので、ひと昔前では家庭にあって当然のものでした。しかし、昨今の核家族化などの影響による住宅事情の変化によって、住まいの広さに制限があり仏壇を受け継ぐことができない、自分には関わりの少ない先祖が祀られていて先祖供養の実感が持てないといった理由から、仏壇を処分したいと考える家庭が増えています。ここでは、仏壇の処分の方法について紹介します。

離断料の適正価格

離檀料はいくらくらいが適正?離檀をする際に考えるべき事

墓じまいや改葬に伴う菩提寺との離檀問題。テレビや週刊誌、ネットでなどでは跡継ぎがいないなどの理由で寺院側に離断を申し出たところ、高額な離檀料を請求されたといったトラブルに発展したケースがたびたび取り沙汰されています。しかし実際は離檀料という言葉自体、メディアが造りだした造語であり高額な離檀料を請求する寺院はごく一部のケースであるようです。ここでは離檀料の実際や、離檀料を支払う場合の適正額について考えます。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ