MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 葬式は必要?不要?悩んだときの考え方

葬式は必要?不要?悩んだときの考え方

火葬だけ通夜や葬式を行わない「直葬(ちょくそう)」の割合が、都市部では2割を超えるようになったといわれます。葬式のない送り方が可能になった今、葬式は必要なのか、不要なのかと悩む人もいることでしょう。悩んだときのヒントになる考え方をご案内します。


必須なのは葬式ではなく死亡手続きと遺体処理

人が亡くなったときに必須となっているのは、日本の場合、「死亡手続き」と「遺体処理」の2つです。市区町村役場に死亡届を提出し、遺体を火葬、または土葬すれば、喪主として最低限の役割を果たせるといえます。つまり、葬式は必要か不要かという問いに真面目に答えるとすれば、「葬式が必要か否かは遺族の判断だが、必須のものではない」ということになるでしょう。

 

葬式の役割は全部で3つ

葬式の必要性を考えるなら、葬式に与えられている役割を確認するのがポイントです。葬式の役割は、全部で3つあります。「3つとも、ぜひとも必要なものだ」と考えるなら、その人にとって葬式は必要ということになります。一方で、3つのうち不要と感じられるものがあれば、従来の葬式とは違った形の見送りとするのがよいかもしれません。「1つの役割も必要ない」という人にとって、葬式は不要ということになるでしょう。

 

葬式の役割1:故人に別れを告げ、気持ちに整理をつける

葬式における1つめの役割は、故人に別れを告げ、気持ちに整理をつけることです。故人に花を手向けたり、弔辞を読んでもらったりといったセレモニーを設けることで、生きている人が別れに対してけじめをつけることができます。けじめをつけられるのは、親族も、参列者も同じです。もしも気持ちに整理がつけられないと、愛する家族が亡くなったことをいつまでも受け止められず、グリーフ(死者を想い嘆く気持ち)が長引きます。その結果、精神的なダメージから回復することが困難になってしまうかもしれません。

 

葬式の役割2:生前お世話になった人に感謝を伝える

たくさんの人が参列する葬式は、生前お世話になった人に、遺族が感謝の気持ちを伝えられる格好の場です。通夜ぶるまいや精進落としによっておもてなしを行えば、一人ひとりに挨拶をすることができます。今後の縁をつなぐためにも、必要な場といえるでしょう。もしも感謝を伝える場がなければ、生前に故人と交流のあった人は、寂しさを感じてしまいます。その後のつきあいにも影響が生じてくるかもしれません。

 

葬式の役割3:故人が安らかに眠れるよう宗教儀式を行う

葬式は、故人が安らかに眠れるように導く儀式の場でもあります。仏教、神道、キリスト教などの宗教者が訪れ、宗教儀式を行って故人の霊をなぐさめます。「葬式は必要ない」と思っている人のなかには、このような宗教儀式の部分に疑問を持っており、「私は無宗教だから、宗教儀式は必要ない」と考える人が多数いるようです。

 

役割の組み合わせで葬式の形式が変わる

葬式における3つの役割は、どれかを「不要」と思えば、オリジナルな葬式を組み立てることが可能です。例えば、1+2+3と、いずれの役割も外せないと思うようなら、従来のような宗教儀式を取り入れた一般葬を行うことになります。1+2なら、宗教フリーの無宗教葬です。1+3なら、親族だけで行う家族葬がいいでしょう。また、1だけでよいということなら、少人数で無宗教の家族葬か、直葬の前に親族だけで簡素なお別れをする形式がいいでしょう。

 

まとめ

葬式は、必ずしも必要というわけではありません。葬式の3つの役割を知って、どんなお別れが自分と家族によりふさわしいかを考えてみましょう。もしかしたら、今までに見たことのない、オリジナルな葬式の形が生まれるかもしれませんよ。「こんな葬式だったら、ぜひやりたい」と思える形を模索するのが大事です。

関連記事:お葬式から納骨までの日数や簡単な流れ

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

葬祭ディレクターとはどんな資格?何をしてくれるの?

葬儀社のHPやチラシに「1級・2級葬祭ディレクターが安心の葬儀をご担当します」などと書かれてあるのを、見たことのある人もいるでしょう。葬祭ディレクターという名称を聞くと、それだけでプロっぽくて安心してしまいがちですが、実際にはどんな資格で、何をしてくれるのでしょう。葬祭ディレクターについて解説します。

銘板

多種多様!最近のお墓の銘板

一般的なお墓のほかにも、樹木葬や納骨堂など、お墓の形は広く選べるようになりました。お墓そのものだけではなく、最近ではお墓の銘板も個性的なものが増えてきているようです。プレートとも呼ばれるお墓の銘板について、その素材や色、刻まれる文字の流行をまとめました。

納骨式では何をすればいい?納骨の流れと費用について

葬儀が終わると、待っているのが納骨です。四十九日や百か日など、法要の際に納骨式をする人が多いですが、最近では無宗教のため改まった納骨式はしないというケースも出てきています。「初めて納骨を経験する」という人のために、納骨の流れと費用について解説します。

改葬(墓じまい・お墓の引っ越し)とは?流れ、費用、メリット・デメリット等

近年、高齢者が増え、子供が減るといった社会構造の変化とともに、お墓の考え方にも変化が見られるようになりました。墓地に墓石を建てる従来のスタイルから、納骨堂や樹木葬という管理に負担がかからない納骨場所を選ぶ人が増えきたのです。今や、ライフスタイルに合わせ、お墓を見直す時代です。それに伴い、既に存在しているお墓からの遺骨を移動をする「改葬(かいそう)」という言葉が注目されるようになりました。今回の記事では、改葬とは何か、今話題の墓じまいとともにその流れやメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

改葬とは

改葬の流れ | お墓から納骨堂に改葬する場合の手順と注意点

「改葬(かいそう)」とは「お墓のお引っ越し」や「墓じまい」などとも称され、今あるお墓を無くして別の場所へ遺骨を移すことを意味します。近年の生活拠点・生活スタイルの変化から、お墓参りがなかなかできない・お墓の管理が煩わしい、といった方々による改葬が増えています。改葬とはどのようなものなのか?納骨堂へ改葬する手順とその注意点についてご紹介させていただきます。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ