MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > お墓は相続税の対象にならない?その仕組みと注意点

お墓は相続税の対象にならない?その仕組みと注意点

お墓は相続税がかからない。そう耳にしたことのある人は少なくないでしょう。その通りではありますが、お墓に相続税がかからないようにするには、タイミングといくつかの注意点があります。ここではお墓の相続税の仕組みと、注意点について紹介します。


お墓は相続税の対象にならない

 人が亡くなると相続が発生し、現金や証券(株式・手形・小切手など)はもちろん、不動産、車や宝石類などといった一般動産(建物や土地以外の「物」についての財産のこと)も財産とみなされて評価を受けます。相続財産の合計金額から相続人の数に応じた基礎控除額等を差し引き、その残額に対して税金、つまり相続税がかかることになります。
ただし、財産の全てが相続税の対象になるわけではありません。相続税法第12条により相続の非課税財産が取り決められており、納骨堂を含むお墓は非課税財産であるとされています。国税庁の文言をそのまま引用すれば、「墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物」は相続税の対象にならないのです。これら相続税がかからない財産を「祭祀財産」といい、先祖崇拝を大事にする国民感情に配慮した取り決めであると考えられています。とはいえ、相続税がかかる場合は1人あたり3600万円以上の遺産がある場合になるため、実際はほとんどの人に相続税がかからず、全体の10%ほどともいわれています。
参考文献:国税庁 | No.4108 相続税がかからない財産

 

お墓の相続税節約のためには生前にお墓を建てることが必要

 相続税対策のためにお墓を購入する場合、生前に購入しておかなければ相続税対策にはなりません。なぜなら、相続がスタートしてから、つまり親が亡くなってから子がお墓を購入しても、それは初めから子の財産とみなされるためです。子が亡くなれば孫の代では節税になるかもしれませんが、あくまでお墓を相続財産とするためには、親自身が自らのお墓を購入しておかなければなりません。自分のお墓を生きているうちに買うことには抵抗があったり、タイミングに迷ったりする人は多いでしょう。しかし、そもそも生前にお墓を購入しておくことは「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、長寿を祈願する縁起の良いものといわれているようですまた、平均金額が200万円ともいわれるお墓ですが、納骨堂であれば費用を100万円以下に抑えることも可能です。室内墓所は遺された家族が参拝する際も天候に左右されることがありません。家族が通いやすい場所にお墓を用意しておくことで、子の代に費用の負担がかからないことはもちろん、利便性の面でも迷惑をかけてしまうことはありません。

 

お墓を相続税対策のために建てるときの注意点

 一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなる生前墓ですが、お墓を相続税対策で購入する際には、いくつかの留意点があります。お墓を実際に利用するのは誰かを考えてみれば、注意すべきことがわかるかもしれません。
お墓を利用するのは供養される側ではなく、供養する側です。そのため、実際にお墓参りをし、管理をし続ける子どもたちの要望を聞かずして、お墓づくりを進めてはなりません。子に迷惑をかけまいと思って作ったお墓が、皮肉にも子世代にとって「負の遺産」になってしまうこともあるからです。例えば、お墓の場所が参拝するのにあまりに遠すぎる、車などの足がないと辿り着けないといった利便性の面、1年ごとに支払う管理料が高いなどの費用面でも、お墓に入る側からでは気がつかない落とし穴があります。子世代は自分たちの希望通りの墓を買うだろうと考えて永代供養の夫婦墓を購入したら、「どうせなら自分たちも入れるものにしてほしかった」と言われるケースも。意思疎通さえしっかりしておけば防げるトラブルです。供養する側と密に連絡を取り、家族みんなが納得できるお墓を選びましょう。

 

お墓以外の祭祀財産で相続税対策をするときの注意点

 お墓以外にも、相続税の対象にならない祭祀財産はたくさんあります。仏壇、仏具、位牌などがそれにあたりますから、生前に揃えられるものは買い求めておくのもいいでしょう。ただ、非課税になるのはあくまで日常の参拝対象になるものに限定されるため、注意が必要です。国税庁の法令等に「ただし、骨とう的価値があるなど投資の対象となるものや商品として所有しているものは相続税がかかります。」とあるとおり、純金など高価すぎるものは投資対象とみなされ、相続税が課せられてしまう可能性があるからです。どこまでが祭祀対象で、どこからが投資対象かの見極めが難しいところではありますが、核になるのは信仰心。先祖が自分を守ってくれていることを感じられ、毎日拝むことで遺される人たちの支えとなることが伝わるものであれば、相続税として課税されることはないと考えてよいでしょう。

 

【関連ページ】
納骨堂の費用


合わせて読みたい

お彼岸法要とは何をするもの?流れやお布施の相場について

お彼岸の時期になると、家族で出かけ、お墓参りするというのは日本ではお馴染みの習慣でしょう。お彼岸のお墓参は仏教の教えが庶民に広がったのち、日本独自のものとして定着しました。お彼岸に行うお墓参りにどのような意味が込められているか、ご存じない方も多いのではないでしょうか?今回は、お彼岸法要では本来何をすべきなのかをご紹介したいと思います。

戒名とは?どのように授かるの?新しい授かり方って?

葬儀があると、戒名を授かるということをご存じの方は多いでしょう。この戒名を授かるときのお布施が高額といううわさを聞き、「戒名って本当に必要なの?」と疑問に思っている人はいませんか。戒名の授かり方は、だんだん変わってきています。戒名の意味や、最新の授かり方についてお伝えします。

銘板

多種多様!最近のお墓の銘板

一般的なお墓のほかにも、樹木葬や納骨堂など、お墓の形は広く選べるようになりました。お墓そのものだけではなく、最近ではお墓の銘板も個性的なものが増えてきているようです。プレートとも呼ばれるお墓の銘板について、その素材や色、刻まれる文字の流行をまとめました。

手元供養のペンダント

手元供養とは弔いの新たな形。その背景や料金を解説

手元供養は、新しい供養の形態として近年注目されています。その名の通り、遺骨や遺灰をお墓に収めず、家に置いておくのです。手元供養が出現した背景には、お墓参りや供養のあり方をめぐるさまざまな事情があります。ここでは、手元供養の方法や費用についての情報をまとめました。

無葬とは?直葬密葬との違い

無葬とは?直葬・密葬とは何が違うのか

現在、家族の在り方が様々な形に変化している中、葬儀のスタイルも多様化しています。最近の葬儀の形としては、家族葬、密葬、直葬などが注目されています。更に、皆様は「無葬」という言葉を耳にしたことがありますか?無葬とは、葬儀などの儀式をせず、また火葬にも誰も立ち会わないようなスタイルです。密葬や直葬に似ていますが、この注目され始めた「無葬」についてご紹介したいと思います。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第2位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第4位

納骨堂・東京 | 一行院千日谷浄苑【いちぎょういんせんにちだにじょうえん】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ