MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > マナー・慣習 > お墓参りの作法は宗教や地域によってどう違う?

お墓参りの作法は宗教や地域によってどう違う?

小さい頃は両親に連れられていたお墓参りも、大人になり、両親を亡くす年代になると、子どもを連れてゆく側に回ります。そんなとき、堂々と正しい作法でお墓参りができるでしょうか。宗教や宗派によって違うお墓参りの作法を復習しておきましょう。


お墓参りの基本的な作法はどんな宗派や地域でも同じ

お墓参りをするということは、故人の魂に会いに行くということ。この基本的な姿勢は、日本人にとってどんな宗教・宗派であっても、どんな地域であっても変わりません。作法についても、基本的な流れは同じです。お墓参りは、故人の家であるお墓を清めることから始まります。草むしりをし、枯葉を掃いたあと、花立といった小物を綺麗に洗います。さらに、墓石をスポンジや雑巾などで水拭きして、お掃除は終了です。このとき、たわしを使う人もいるかもしれませんが、墓石を傷つけてしまう恐れがあるため、たわしは避けたほうがいいでしょう。その後、いよいよお参りとなりますが、祈りを捧げる前に、花や故人の好物といった供物を供えます。最後にそれぞれの宗教・宗派に沿った作法で故人に祈り、お供え物を片付けてお墓を後にします。この基本的な作法を踏まえたうえで、宗教ごとの供物の違いや祈りの作法の特徴を覚えましょう。

 

仏教のお墓参り

仏教のお墓参りでは、供物としてお花を一対、水や日本茶、故人の好きだった飲食物をお供えするのが一般的です。日蓮正宗など一部の宗派では、お花ではなく樒(しきみ)を供えることもあります。なお、参拝のために数珠と線香、マッチやライターを持参します。掃除を終え、供物を供えたらマッチやライターで線香に火をつけましょう。線香は、1人当たり2~3本で十分です。お参りする人が多い場合には、束線香に一気に火をつけ、手であおぐなどして火を消します。なかなか消えなくても、線香の火を息で吹き消すのはマナー違反です。線香を線香受けに置いたら、数珠を左手に持ち、右手を添えて合掌します。そのまま目をつむって軽く頭を下げ、故人の冥福を祈りましょう。

 

神道のお墓参り

神道のお墓参りでは、供物として榊(さかき)を一対、水、米、塩、お神酒といった神道特有のお供え物である「神饌(しんせん)」をお供えするのが一般的です。地域や家の慣習により、故人の好物をお供えすることもあります。なお、参拝のときにはろうそくに火をともし、「2礼、2拍手、1礼」をもってお祈りとします。まずは墓石に向かって2回深く頭を下げ、次に2回柏手を打ってそのまま祈り、最後に1回深く頭を下げる作法です。

 

キリスト教のお墓参り

キリスト教のお墓参りでは、供物として花束を用意します。お墓に花立があれば、花立のサイズに見合ったお花を見繕うことになりますが、プレートのみが存在する公園墓地などの場合は、好きな形で構いません。花の種類に決まりはありませんが、菊を中心とした仏花は避けましょう。色をたくさん使うより、白を基調とした花束のほうがよいとされます。お祈りするときには、胸の前で両手を合わせ、やや頭を下げて目をつむります。キリスト教では、お墓は神に祈るところであり、基本的には供物を持参しません。しかし、故人の好物を捧げたいと思う気持ちになる人もいることでしょう。どうしても供物を持参したい場合は、教会に相談してみるのがおすすめです。

 

地域によるお墓参りの違い

地域によってお墓参りの作法が違うこともあります。お参りの仕上げに日本茶を墓石にかける慣習が、その代表的なものです。「供養のために、必ず日本茶をかける」という地方もあれば、「墓石が傷むし茶渋がつくから、絶対にお茶をかけない」とするところもあります。地方のしきたりに従うのが無難でしょう。また、沖縄では4月中旬ごろに「清明(シーミー)祭」が行われ、親族が墓前でごちそうを広げてピクニックのように飲食します。墓前で飲食する習慣は、東北や九州の一部でもみられます。なお、広島県や香川県の一部ではお盆に「盆灯籠」と呼ばれる華やかな色の旗を作り、墓前に立てます。このように、お墓参りの作法は地域と時期によって違うことがあります。

 

おわりに

以上、お墓参りの宗教別・地域別作法について解説しました。基本的な姿勢は変わりませんが、供物の種類や祈りの作法が違うため、とくに持参品には注意しましょう。お花や線香などをうっかり忘れてしまったときに買い求める場所があると、とても便利です。これからお墓を選ぶ場合は、近くに供物の販売所があるかどうかにも注目してみましょう。

関連記事:お墓参りの作法 | 意外と知らない?お墓参りの流れと注意点

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

離断料の適正価格

離檀料はいくらくらいが適正?離檀をする際に考えるべき事

墓じまいや改葬に伴う菩提寺との離檀問題。テレビや週刊誌、ネットでなどでは跡継ぎがいないなどの理由で寺院側に離断を申し出たところ、高額な離檀料を請求されたといったトラブルに発展したケースがたびたび取り沙汰されています。しかし実際は離檀料という言葉自体、メディアが造りだした造語であり高額な離檀料を請求する寺院はごく一部のケースであるようです。ここでは離檀料の実際や、離檀料を支払う場合の適正額について考えます。

浄土真宗とは?宗派の種類や作法の違い

浄土真宗は、日本で一番信仰者数の多い仏教宗派であるといわれています。この浄土真宗のうちにもさまざまな宗派があり、それぞれお参りなどの作法が若干違うのが特徴です。浄土真宗の宗派の種類や作法の違いについてご案内します。

お墓参り

お墓参りの作法 | 意外と知らない?お墓参りの流れと注意点

お墓参りは子どもの頃からよく行っていたという人は多くいると思いますが、きちんとしたお墓参りの作法についてはなかなか知らないものです。また、結婚後に相手先のお墓参りをすることになり何もわからず恥をかいたという人も多いのではないでしょうか。ここではどの宗派でも通用する一般的な正しいお墓参りの作法について紹介します。

新盆

初盆前にやっておきたい9つのこと

故人が四十九日を迎えてから初めてのお盆を「初盆(にいぼん)」といいます。初盆には、普段のお盆と違い、行うべきことがたくさんあるため、前もって知識を持ち、備えておかなければなりません。ここでは初盆前にやっておきたいことを、時系列で並べました。

お葬式に参列する時の服装を解説!男女から学生・子どもまで

お葬式に参列する時、一番気になるのは服装ではないでしょうか。特に若い人の場合、お葬式に参列した経験自体がないということも少なくありません。また、自分はともかく子どもに何を着せれば良いのかわからないこともよくあります。ここでは、お葬式の服装における基本的なマナーをまとめました。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ