MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 改葬はお墓の無縁化を防ぐ手段

改葬はお墓の無縁化を防ぐ手段

お墓の引っ越しを改葬といいます。実家から遠く離れて暮らしていると、頻繁にお墓参りに行けないことが気がかりですよね。自宅から近いところにお墓があったらどんなにいいかと考えている人のために、改葬の意味や意義について解説します。


改葬とは

改葬とは、今あるお墓を更地にして墓地の管理者に返還し、新しい墓地へ遺骨を引っ越しさせることです。とくに今あるお墓を更地にしてしまうことを指して、現代では「墓じまい」と表現されることがあります。両親をすでに亡くしたシニア世代が、「故郷へのお墓参りが体力的にも時間的にも辛くなってきたから、お墓を自宅に近いところへ移したい」などとして、改葬を考えるケースが多くなってきたようです。なかには、新しいお墓に遺骨を移動させることなく、散骨をする例も見られます。この場合、自身も散骨を希望し、「お墓は作らない」と決めている人も少なくありません。いずれにせよ、お墓のある土地に代々住み続けることが難しくなってきたことから改葬に踏み切る人がほとんどです。

関連記事:墓じまいとは?手続きや費用、墓じまいで行う供養とは

 

改葬なんて罰当たり?

お墓を移すというと、「家の没落を示すようで寂しい」とか、「家を守ってきてくれたご先祖様に申し訳ない」と思う人もいることでしょう。実際に、地元に住む親族からそのように責められることを想像し、なかなか改葬に踏み切れない人もいるようです。実家のあるところに住んでいないにもかかわらず、お墓を承継せざるを得ない人にはありがちな悩みです。かといって、「では、お墓の管理を代わりに引き受けてくれないか」と親族に伝えても、断られてしまうのが関の山。口を出し、手を出さない親族のいうことなど聞いていられないと呆れながらも、なるべく穏便にと説得策を考えるのは、なかなか辛いものです。

 

菩提寺の住職からも改葬を引き留められる

改葬に反対するのは、親族ばかりとは限りません。菩提寺の住職からも、引き留められる場合があります。改葬するということは、今までの菩提寺にとっては、檀家を一軒失うということです。檀家離れが続くなか、一軒でも失いたくないと思うのは当然のことといえるでしょう。また、住職は墓じまいにかかる費用のことをよく知っているからこそ、引き留めてくれるという理由もあります。お墓を撤去するためには、1㎡10万円から15万円ほどの撤去費用がかかります。お墓が大きく、また重機の入りづらいところに位置していたとしたら、50万円ほどになってしまうことも珍しくありません。対して、お墓の年間管理費は1万円から2万円ほどであることがほとんどです。「年に一度でもお参りしてくれるのなら、今までどおりお守りしますよ」と言ってくれるのは、ありがたいことかもしれません。一方で、多額の離檀料を要求するお寺も存在します。「お布施は30万円で」などといわれ、今までお世話になった義理もあるしと納めようとすると、遺骨一体につき30万円なので、10体で300万円になると知って驚がくするというケースがみられます。住職側には悪気がないことも多く、粘り強い交渉が必要です。

関連記事:離檀料はいくらくらいが適正?離檀をする際に考えるべき事

 

改葬はお墓の無縁化を防ぐ唯一の手段

「罰当たり」と騒ぐ親族も、引き留めようとする住職も、問題の根本がなかなか見えていないと思われます。改葬は、お墓の無縁化を防ぐ唯一の手段だからです。今、無縁墓が全国的に急増しているといわれています。げんに、熊本県人吉市が2014年に行った調査では、市内の約4割ほどが無縁墓となっているという結果が出ました。神奈川県川崎市でも、2012年に調査した結果、市営霊園内に250か所もの無縁墓があるとわかりました。改葬が必要と思われるお墓は、放っておくと誰も管理しなくなり、ついには無縁化してしまいます。無縁墓こそ「罰当たり」な状態です。また、お寺の住職にとっては、年間管理費も取れず、お墓を撤去するにしても費用を自ら捻出しなければならないという状況に陥ります。こうして、改葬を行わなければ、誰も幸せになれなくなってしまうのです。

 

先祖を想っていればこそ改葬する

改葬を検討するということは、むしろ先祖を大事に思っているからこその行為であるといえます。もしもお墓を継承した人がお墓参りを大事に思ってないなら、遠い、忙しいという理由でお墓から足が遠のき、あっという間に無縁墓になってしまうでしょう。無縁を防ぎたい、先祖の遺骨をずっと供養したいという思いが、改葬という考えに行きつくのです。もしもあなたが改葬を検討していて、親族や住職から反対されていたとしたら、無縁化を防ぐための改葬なのだと丁寧に説明しましょう。きっと、理解が得られるはずです。

 

まとめ

以上、改葬の意義についてお伝えしました。改葬を検討している人にとって、親族や住職への説得材料になれば幸いです。とくに、「遠くに住んでいるからお墓を管理できない」という理由を、自分としても心苦しく思っている人はいるものと思われます。家を継いであげられなかったという、自責の念から来る苦しさです。しかし、住みたいと思えるところに住み、やりたいと思える仕事ができる現代は、きっと親の世代が望んだ未来です。それを体現し得ていることを忘れずに、自分なりの供養の仕方を、改葬という方法で示しましょう。

関連記事:改葬(墓じまい・お墓の引っ越し)とは?流れ、費用、メリット・デメリット等

 

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

成年後見人制度とは

成年後見人の制度とは | 後継ぎがいない場合は誰が納骨堂に遺骨を入れてくれるの?

独身を通していたり、子どもがおらず配偶者に先立たれてしまったりなどして後継ぎがいないと、「将来、自分の遺骨を誰が供養してくれるのか」と悩むことになります。永代供養をしてくれる納骨堂を見つけたとしても、はたして誰が納骨堂に自分の遺骨を入れてくれるのかと不安に感じるでしょう。「成年後見人にやってもらえばよい」という話もよく聞きますが、果たして本当にそうでしょうか。成年後見制度について詳しく解説します。

葬式は必要?不要?悩んだときの考え方

火葬だけ通夜や葬式を行わない「直葬(ちょくそう)」の割合が、都市部では2割を超えるようになったといわれます。葬式のない送り方が可能になった今、葬式は必要なのか、不要なのかと悩む人もいることでしょう。悩んだときのヒントになる考え方をご案内します。

お墓の承継拒否はできない?祭祀承継者とは

親が亡くなり、今度は自分がお墓や仏壇の管理をしなければならないことに思い当たったとき、負担に思う人は多いでしょう。何とかその義務を放棄できないものかと考えても、不思議ではありません。お墓や仏壇を引き継ぐ人を、祭祀承継者といいます。祭祀承継者の意味や、拒否したいときの悩みの解消法についてお伝えします。

自宅の庭にお墓を作ることは可能?

地方の名家など、広大な敷地を持つ旧家のなかには、自宅の敷地内にお墓を設けている家があります。そういったお墓を見かけると、「うちも、庭にお墓を作れないものだろうか?」という考えが頭をよぎることもあるでしょう。自宅の庭にお墓を作ることは可能かどうかを解説し、いろいろな選択肢について紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ