MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 用語・豆知識 > リビングウィルとは?尊厳のある最期を迎えるために

リビングウィルとは?尊厳のある最期を迎えるために

「リビングウィル」とは英語で”Lliving Will”となり、生前の意思という意味です。つまり、主に延命治療についての自らの希望になります。しかし、どうやって決めたらいいかなど、詳細はわからない人も多いのではないでしょうか。最近では葬儀やお墓についての内容が含まれることもあるそうです。ここれでは、より良いリビングウィルを行うために、基本事項と昨今の現状について説明したいと思います。

リビングウィルとは


リビングウィルとは自分の最期の選択

自分が回復する見込みのない病気に罹患したとき、「人工呼吸器など機械に生かされるのは望まない」「あらゆる手をつくして1秒でも長く生きていたい」「多少死期を早めても、苦痛のない安らかな最期を迎えたい」など様々な希望があると思います。それを元気なうちに記しておくことが「リビングウィル」です。

厚生労働省の終末期医療についてのガイドラインにも、リビングウィルについての記載があります。

 

  1. 本人のリビング・ウィルが明確であれば、積極的安楽死や社会秩序を乱す方法でない限りそれに従う。
  2. 本人のリビング・ウィルや意思が明確でないときは、家族の希望に基づき、家族と医療提供者が話し合って対応を決める。
  • 日本脳神経外科学会による脳死判定基準によって脳死判定された患者は、家族に説明し治療を中止することが出来る。
  • 終末期あるいは予後が不良と医師が判断した場合、他の医師、看護師等と家族を交えて話し合い、治療を行わない、あるいは治療を徐々に中止、または時期を決めて中止することが出来る。

参考文献:(社)全日本病院協会 終末期 医療の指針(案)|厚生労働省

 

厚生労働省によれば、リビングウィルなど終末期医療に関しての認知が広まれば、自分の意志を明確に表す人が増え、尊厳を持って死を迎える人も多くなるという予見からリビングウィルを推進しています。また、新聞の世論調査によりますと、81%の人が「無意味な延命治療は望まない」と答えているそうです。(朝日新聞2010年・読売新聞2013年による)

しかし、医療行為を行う側は、患者の意思がわからない場合には医療行為を中止できず、本人の意思に合わない延命治療が行われていることも事実です。さらに、医療費が家族に負担され続けてしまう問題もあり、もし元気なうちに意思表示をすることができれば、不要な延命治療や医療費の問題も軽減されることでしょう。

 

リビングウィルを行うために

では、リビングウィルはどのように記せば良いのでしょうか。まずは、公的な指針として、前項の厚生労働省の「終末期医療の指針(案)」の中に、「終末期医療における希望事項」という簡易にリビングウィルを行うことができる書式があります。こちらを基本的には参考にするのがよいでしょう。ただし、書式は必ずこの通りでなくてもかまいません。特に家族や親族は、延命を希望することが多いので必要に応じて家族にも確認をとって同意の書類をもらいましょう。これが延命治療に対する必要最低限の狭義のリビングウィルとなります。

もし、治療の他に苦痛を和らげる措置をできる限り行って欲しいなど要望がある場合は「その他の項目」に具体的に記入しましょう。リビングウィルは、決まった書式がないの自由に書き記すことができるのがメリットです。ただし注意したいのは、延命治療について記述する場合「医学的に回復が不可能な場合」「植物状態が長期にわたって続いた場合」など、どの状態で延命治療を停止するか医療を行う側が判断できる明確な記述が必要です。そのため、雛形を参考に自署をして、2~3年に1度更新するのがおすすめです。

 

リビングウィルと葬儀、お墓

リビングウィルは生前遺言書の意味合いもあります。延命治療についてはもちろんですが、自分の葬儀やお墓のことなども含めて書き残すことができます。通常の延命治療についてのように、葬儀やお墓など主に家族に宛てたものも、具体的で明確な記述があればいざというときにすぐ動くことができるので、希望がある場合はきちんと書き記して保管場所も伝えておくことが重要です。例えば葬儀は◯◯式で、呼ぶ人はどのくらいで、その費用は◯◯を充てる、など記載してみましょう。

 

リビングウィルは早めの作成を

病気によってはなんの覚悟もないまま亡くなってしまうケースもあり、意思表示をしたくてもできない状態になってしまうこともあります。そんなとき、残された家族は例え回復の見込みがなくても長い期間に渡って看病を強いられることになるかもしれません。そうなる前に早めに「リビングウィル」の準備を行い、作成した場合はその内容や保管場所を家族に伝え、急に必要になったときにスムーズに手続きができるよう準備を整えておきましょう。

 

リビングウィルとは尊厳のある最期を迎えるためのもの

「自分らしい最期」を迎えるためにリビングウィルは有効です。自分の逝き方について向き合うのは決してネガティブなことではありません。人間誰しも避けて通れない「死」。どうやって迎えるか一度見つめてみてはいかがでしょうか。そして具体的な意思表示を記した書面を準備して、きたるべき時に備えて保管しておきましょう。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

遺品整理,遺品,遺品整理代行

遺品整理サービスとは?

「遺品整理サービス」とは故人の遺品を整理してくれるサービスです。もし急逝してしまったら、その後の自宅の後片付けなどは家族や親族にお願いするしかありませんでしたが、遺品整理サービスを利用すれば負担が軽減され気持ちの整理もしやすくなることでしょう。実際のサービス内容を詳しく見てみましょう。

塔婆とは

塔婆供養(とうばくよう)とは?そもそも塔婆とは?

ある程度年数の経ったお墓の後ろには、木の板が何本も立てられていますよね。自分がお墓を守る番になると、「あれは立てなければならないものなのか?」と迷う人もいるでしょう。塔婆を立てて故人の成仏を祈る、塔婆供養について解説します。

魂入れ、お性根入れとは?

お墓や仏壇を新調したら、「魂入れ」や「お性根入れ」と呼ばれる儀式が必要になります。初めてお墓や仏壇を買う人のなかには、魂入れがどのような儀式で、何が必要なのかわからないという人が多くいるのではないでしょうか。一生のうち、そう何度もある買い物ではありませんから、わからなくても無理はありません。この機会に、魂入れ、お性根入れについて詳しく知りましょう。

墓じまいのトラブル

墓じまいでよくあるトラブル事例3つ

お墓の継承者がいない、お墓がある場所から遠方に住んでいるため、管理が大変という理由から墓じまいをする方が増えています。しかし、無縁墓にならないようにと墓じまいをするつもりが、思わぬトラブルに発展してしまうことが多々あるようです。今回は墓じまいにおけるトラブル事例について紹介します。

「まとめる」のが流行?葬儀とお墓のミニマム化が止まらない

「葬儀はなるべく小規模がいい」「お墓に費用をかけたくない」という人が多くなり、葬儀やお墓の業界では、消費者の希望に応えるべく費用負担を軽くするためのさまざまな工夫が生まれています。なかには、消費者の希望のさらにナナメ上をいく商品も!今回は「まとめる」をキーワードに、葬儀とお墓のミニマム化について解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ