MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 継承墓は何が大変なのか?問題点と解決法を解説

継承墓は何が大変なのか?問題点と解決法を解説

継承墓は、お墓を代々受け継いでいく埋葬形態です。日本では、単純に「お墓」といった場合、墓石を使った継承墓を指すことが多いでしょう。かつてはほとんどのお墓が継承墓でしたが、近年になって継承の大変さが問題となり、墓じまいや埋葬方法の切り替えをしなければならないケースが増えてきています。ここでは、継承墓の問題点とその解決法について解説します。

継承墓は何が大変


継承墓は無縁墓になってしまうリスクがある。維持管理も大変

継承墓の最大の問題点は、継承者がいないと無縁墓になってしまうことです。以前はそれほど問題になることはありませんでしたが、近年では少子化の進行により、継承者がいないことが珍しくなくなってきています。お墓参りの際に自分の家のお墓以外を見渡したとき、朽ち果てて苔むしたお墓があれば、それはおそらくは無縁墓でしょう。継承墓は、継承していくことが前提となるため、墓石の手入れも欠かせません。定期的に掃除をしなければ墓石に苔が生えてしまい、何世代も受け継いでいれば墓石が劣化し、補修も必要となります。どちらにしても、費用と時間がそれなりにかかってしまうのです。手入れをせずに放置していると、たまにしかお墓参りに来ない遠くの親戚から文句を言われることもあるでしょう。そして、お墓を継承するということは、これらの問題点も同時に継承していくということです。自分や子供の世代が子沢山でも、孫以降の世代がどうなるかはわかりません。お墓を継承し続ける限り、維持管理の負担と無縁墓のリスクはついて回るのです。

 

継承墓が遠くにあると、維持管理はさらに大変になる

継承墓の管理は確かに大変ですが、自宅のすぐ近くにあれば負担は軽減されます。散歩のついでに様子を確認することもできますし、簡単な掃除をちょくちょく行うこともできるでしょう。しかし、お墓が遠くにあると話は違ってきます。お墓参り自体が大変になりますし、交通費もかかります。どうしてもお墓参りの回数が減ってしまうので、故人を弔う気持ちが薄れないとも限りません。手入れの回数が減るので、墓石の劣化が早まるというリスクもあります。これは、今すでにお墓が遠い人だけの問題ではありません。自宅のそばにお墓がある人でも、何らかの理由で引っ越しをしなければならない可能性は十分にあるからです。管理を頼める親戚がいればいいのですが、都合よくいかないことも多いでしょう。

解決方法としては、改葬によってお墓を家の近くに移すという手段があります。しかし、引っ越しの機会はいつまたやってくるかわかりません。引っ越しのたびに改装を繰り返していては、出費もかさんでしまいます。墓地探しも大変ですから、考えなしに改葬をしてよいわけではないということも頭に入れておきましょう。

 

継承墓に代わって、納骨堂や樹木葬の利用も増えている

継承墓の問題点を解決するためには、継承の必要がない埋葬形態に切り替える必要があります。屋内に遺骨を納める納骨堂や、樹木を墓標とする樹木葬などです。どちらも自分で管理する必要がなく、後継者がいなくても施設が管理を続けてくれます。金額はどちらも100万円未満であることが多いので、遠くにあるお墓を改装するなら、納骨堂や樹木葬に切り替えた方がいいとう状況もよくあります。お墓の後継者がいない人はもちろん、お墓の管理を負担に感じている人も、切り替えを検討する価値があるでしょう。

 

まとめ:継承墓の維持管理について、元気なうちに十分検討しよう

継承墓から納骨堂や樹木葬へ切り替えるのは、メリットが大きいとわかっていても勇気がいります。先祖代々のお墓を閉じることは事実だからです。トラブルを招かないためにも、切り替えを行う前に家族や親戚とよく相談した方がいいでしょう。大切なのは、みんなで手を合わせて祈るための場所があり続けること、そして故人が安らかに眠り続けられることです。まだ自分が元気なうちから、お墓の今後について検討してみましょう。


合わせて読みたい

お葬式から納骨までの日数や簡単な流れ

大切な家族や親族が亡くなると、お葬式や火葬、そして納骨するまであっという間に時間が過ぎます。特に、お葬式から火葬までは喪主にとっては慣れないことも多く、慌ただしく落ち着きません。そこで、ここでは人が亡くなってから遺骨を納骨するまでにかかる日数や流れを説明します。

ペットのお墓

ペットと一緒に入れるお墓を探そう!

ペットのお墓を用意したいと考える人は近年珍しくなく、それだけでなく、最近ではペットと一緒のお墓に入りたいと希望する人も増加しています。かつてはペット専門の埋葬業者やペット霊園などが無いなどさまざまな事情により、その望みを実現することは困難でしたが、人々のニーズに応える形で、ここ数年ペットと一緒に入れるお墓が増えてきています。ここでは、ペットと一緒に入れるお墓の知識をまとめました。

改葬(墓じまい・お墓の引っ越し)とは?流れ、費用、メリット・デメリット等

近年、高齢者が増え、子供が減るといった社会構造の変化とともに、お墓の考え方にも変化が見られるようになりました。墓地に墓石を建てる従来のスタイルから、納骨堂や樹木葬という管理に負担がかからない納骨場所を選ぶ人が増えきたのです。今や、ライフスタイルに合わせ、お墓を見直す時代です。それに伴い、既に存在しているお墓からの遺骨を移動をする「改葬(かいそう)」という言葉が注目されるようになりました。今回の記事では、改葬とは何か、今話題の墓じまいとともにその流れやメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

動物犬2匹

動物葬祭ディレクターとは?ペット火葬場を選ぶポイントとともに解説

人間の葬儀のプロを認定する資格として「葬祭ディレクター」がありますが、ペット葬儀にも、関連資格があります。それが「動物葬祭ディレクター」です。ちゃんとしたペット火葬場を選べるかどうか不安な方には、動物葬祭ディレクターがいる火葬場かどうかが、一つの基準となるでしょう。資格の詳細や、ペット火葬場を選ぶポイントについてお伝えします。

家族葬と密葬の違いとは

「このたびは、密葬としたいのですが」と葬儀社に希望を言うと、「家族葬ということですね」と言い換えられることがあります。密葬と家族葬は、似ているようでも確実に意味合いが違いますから、注意が必要です。家族葬と密葬の違いについて解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ