MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 用語・豆知識 > 改葬代行サービスのメリットと注意点

改葬代行サービスのメリットと注意点

お墓の引っ越しをすることを「改葬」と呼びますが、最近その手続を代行するサービスが増えています。特に寺院墓地の場合、現在法要など供養を一括で依頼をしているお寺の檀家を辞めるということになるため、離檀手続きなどの交渉を代行で行ってくれるため人気を集めているようです。ここでは、そんな改葬代行サービスについて詳しく紹介します。

改葬代行サービス


改葬とはお墓の引っ越しのこと

改葬とはお墓の引っ越しを言います。今までのお墓を更地にして墓地管理者に返還し、新しいお墓に遺骨を移します。しかし改葬に当たっては、引っ越し先のお墓を探すだけでなく、お世話になっているお寺との話し合いや、法的な手続きが必要になるため、手間も時間もかかってしまうのが現状です。そしてこの一連の手続きを代行してくれるのが「改葬代行サービス」です。これは以前から行政書士事務所が行政手続きなどを行っていましたが、今では大手の霊園業者や、専門の会社も参入しているようです。

参考文献:改葬(墓じまい・お墓の引っ越し)とは?流れ、費用、メリット・デメリット等

 

改葬の手続きは何がある?

一般に、改葬の手順は次のようになります。

  1. 改葬先である新しい墓地を購入する。
  2. 今あるお墓が寺院墓地の場合、住職に改葬の相談をして、許可を得る。
  3. 新しい墓地管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらう。
  4. これまでの墓地管理者より「埋葬証明書」を発行してもらい「改葬許可証交付申請書」に、墓地管理者の署名、捺印をもらう。
  5. これまでの墓地のある市区町村より「改葬許可証」の交付を受ける。
  6. もとのお墓の閉眼供養を行い、骨壺を取り出し、元のお墓を更地に戻す。
  7. 新しいお墓を作る。墓石工事などを行う。
  8. 新しい墓地管理者に改葬許可証、受け入れ証明書を提出する。
  9. 開眼供養、納骨供養の後、納骨。

今あるお墓が遠方である場合などでも、事務的な手続きは郵送でも行えますが、慣れない手続きゆえに間違えて何回も送付し直すことも少なくないようです。また、一番こじれやすいのが、元のお墓が寺院墓地であった場合です。改葬するにあたって、住職に申し出をしなくてはならないため、この話し合いが円満にできるかどうかが重要です。

 

改葬代行サービスのメリット

  • 煩雑な手続きをしなくて済む
  • 寺院墓地の場合、住職とお布施や「離壇料」について交渉してもらえる
  • 改葬代行サービスであれば、第三者なので当事者同士のように感情的にならず、スムーズに話し合いができる

いいことづくめに思われますが、改葬代行サービスには問題点もあります。

 

改葬代行サービスの問題点

  • 実費以外に費用が掛かることがある
  • 改葬代行に必要な行政書士の資格が無い会社でも代行サービスを提供している

どの程度の費用が掛かるのか、行政書士や、代行サービス会社のホームページなどに書いてある場合がありますが、墓石の大きさや墓地の広さ、今までの墓地と新しい墓地との距離などで料金が変わって来ることがあります。ホームページに書いてあるのは基本料金で、実際に墓地の大きさを図ってみたら大幅に金額が上がった、重機などが入れない場所のため手作業になり人件費がかかったなど、多数あるようです。

代行サービス会社の中には、社内に行政書士がいない会社もあります。その場合、行政書士を外部から手配するため、手数料が上乗せされて割高になることがあります。さらに悪質な会社であれば無資格の者が行うケースもあると聞きます。無資格の者が代行業務を行うのは違法です。大切なお墓をこのような業者に任せてはいけません。

 

改葬代行サービスを利用する前に考えておくこと

会社を休めない、年齢的に手続きが億劫だなど、改葬代行サービスを頼みたいと思う人はたくさんいるでしょう。その場合は、信用のおける行政書士事務所、代行会社を選ぶことが大切です。特に代行サービス会社に依頼する場合は、行政書士は社内にいるのか、または外部手配なのか、必ず確認しましょう。もしあいまいな答えを繰り返すようであれば、無資格の者が行う可能性もあります。費用についても、一式などと言うものではなく、墓石の撤去にいくらかかるのか、遠距離の場合であれば料金はどう変わるのかなど、実費と手数料の明細を確認することが大切です。

最後になりますが、寺院墓地の場合、住職と檀家として先祖代々お付き合いをしてきた関係を無碍にせず、代々の先祖を心を込めて祀ってくれた住職に感謝の意を伝えることを忘れないようにしましょう。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

お墓は本当に儲かっているのか?お寺の経済事情

葬儀では、お布施として何十万円もの金額を包みます。「お通夜とお葬式を合わせてもたったの2日なのに、何十万円ももらえるなんて、さぞお寺は儲かっているだろう」と思うのも無理はありません。しかし、実はお寺はそれほど儲かっているわけではなく、むしろ貧困化が進んでいるといわれています。お寺の経済事情について解説します。

ペットの供養とは?葬儀からお墓・手元供養まで紹介

家族の一員であった大切なペットが死んでしまったとき、人間と同じように手厚く弔いたい、見送りたい、と願う人は多いのではないでしょうか。そんな人々からの要望を受け、最近ではペット専用の葬儀業者や霊園、手元供養グッズが増えてきています。このペットの葬儀や様々な供養方法について分かりやすく紹介します。

お会式(おえしき)とは?

関東にお住いの方であれば、お会式(おえしき)という言葉を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?東京都大田区にある池上本門寺で行われるお会式は安藤広重の版画にも描かれているくらい歴史ある有名な行事で、毎年30万人以上の見物客が集まり、宗教行事としては関東随一として知られています。しかし、このお祭りが鎌倉時代の仏教の僧、日蓮聖人にちなんだ行事というのは知らない方も多いのではないでしょうか?お会式はどんな行事で、どんなことが行われているのか?今回はお会式についてご紹介します。

墓じまいのトラブル

墓じまいでよくあるトラブル事例3つ

お墓の継承者がいない、お墓がある場所から遠方に住んでいるため、管理が大変という理由から墓じまいをする方が増えています。しかし、無縁墓にならないようにと墓じまいをするつもりが、思わぬトラブルに発展してしまうことが多々あるようです。今回は墓じまいにおけるトラブル事例について紹介します。

墓じまいとは?手続きや費用、墓じまいで行う供養とは

今、遺骨を取り出しお墓を更地にする「墓じまい」が注目されるようになっています。その背景には、子どもや孫の世代が生まれた地域にずっとそのまま留まり、先祖代々のお墓を守っていく。昭和の時代には当たり前だったことが、現代ではできない家が増えていることが考えられます。ここでは、そんな墓じまいの意味や費用、取り出した後の遺骨をどうすべきかについて解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ