MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > マナー・慣習 > 帰省のおみやげ、「お供え物」に適しているものは?

帰省のおみやげ、「お供え物」に適しているものは?

お盆やお彼岸、法事などを機に実家へ帰省するという人は、「おみやげ選びをどうしよう?」と迷うこともあるのではないでしょうか。せっかく、先祖を供養するために帰るのですから、お供え物としても適しているものを選んではいかがでしょう。もし義理の実家に行くのなら、「できるお嫁さん」などと一目置かれるかもしれませんよ。


食べ物や飲み物など「消えもの」を選ぶのが基本

仏壇へのお供え物に限らず、葬儀でのお供え物や香典返しなど、弔事にまつわる贈り物は「消えもの」とするのが基本です。「消えもの」とは、消費すれば形が消えてしまうもののことで、食べ物や飲み物が代表的といえるでしょう。これは、弔事にまつわるものが後に残るのは「悪い縁を後に引きずる」ことになるためだといわれています。風習を大事にする年輩の方はとくに気になってしまうので、食べ物、飲み物に限定して選ぶのが無難です。

 

故人が好んで飲食していたものがベスト

お供え物として一番喜ばれるのが、「故人が好きだったもの」です。飲んべえなおじいちゃんだったなら季節限定のビールの詰め合わせ、和菓子が好きだったおばあちゃんには老舗のようかんなど、「もし故人が生きていたら、絶対に喜んだだろう」と思わせるお供え物にしましょう。とくに愛する家族を亡くして間もない人には、何より慰められる贈り物になります。故人について話をするきっかけにもなるため、供養には最もふさわしいといえるでしょう。

 

お菓子や飲み物は「みんなで分け合える」を考えて

お供えは、故人に捧げるだけでは完了しません。一度お供えした食べ物を、「仏さまのおさがり」として家族みんなでいただくことが、故人の供養になると考えられています。よって、お供えした後にみんなで分け合って飲食できるものを選びましょう。先の例で言えば、お酒好きのおじいちゃんにビールをお供えしたのに、その家族が全員お酒が飲めないという場合には、みんなでお下がりをいただくことができません。逆に「このビール、どうしよう」と困らせてしまいます。とくに、おみやげとしてお供え物を選ぶのですから、「後で、みんなで食べましょう」と気軽に言えるようなものがふさわしいといえます。箱の中で小分けになっているゼリーやクッキーなどのお菓子、小さな缶ジュースの詰め合わせなどが手軽です。バームクーヘンなど大型のお菓子も見栄えが良いですが、集まる人数を考え、足りなくならないようにしましょう。

 

季節を感じるフルーツもふさわしい

「死者はのどがかわく」といわれ、お供えの水は日に何度かえても構わないくらいだという考え方があります。よって、水菓子と呼ばれるフルーツは、お供え物として好適品です。とくに夏ならスイカやメロン、秋ならブドウなど季節を感じるフルーツがふさわしいとされています。仏壇に飾って見栄えが良く、嫌いな人が少ないのでみんなで分け合って食べられるフルーツは、お供え物としてもおみやげとしてもベストな選択といえるでしょう。ただ、前項でも書いたように、人数への配慮は必須。あらかじめ個数を数え、後で食べることをイメージして選ぶようにしたいものです。

 

お供え物は、香りのきついものはタブー

仏壇へのお供え物として、ふさわしくないものもあります。タブーの1つが、香りの強いものです。仏さまは、お供え物を直接食べたり飲んだりするのではなく、香りを楽しまれるのだといわれています。だから、香り高いお線香がお供え物としてふさわしいとされるのです。ただ、仏さまは、あまりに匂いの強いものは好みません。ニンニクやネギなど、匂いの強い食材を使ったお供え物は避けましょう。お花をお供えする場合にも、とくに香りの強いバラはタブーとされます。

 

仏式であればお供え物に肉や魚は避ける

仏教では、殺生を思い起こさせるようなお供え物はタブーとされています。肉、魚を使った食品は、仏壇へのお供え物としてはなるべく避けたほうが無難です。とくに49日を過ぎていないうちは、意識して避けるようにしましょう。どうしても持って行きたい場合はおみやげ品として持参して、お供え物は別に用意するのも一案です。

 

まとめ

以上、帰省のおみやげとしてお供え物を選ぶときに、適している品々を紹介しました。故人の好物に重点を置いて選び、それが難しいようならフルーツとするのがいいでしょう。みんなで美味しいものを分け合って食べる姿を見せるのもまた、先祖供養の一つです。亡き人と、その家族が喜ぶ顔を思い浮かべながら、お供え物を選びましょう。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

お彼岸にお墓参り

お彼岸とは?お墓参りをする理由や本来の過ごし方

お彼岸を迎えると、家族そろってお墓参りをするという人も多いのではないでしょうか。お彼岸は春分の日と秋分の日を挟む前後3日間の年に2回行われる仏事で、先祖供養のためにお墓参りをすることが一般的となっています。しかし、そもそも「彼岸(ひがん)」という言葉は仏教用語で、悟りの境地や極楽浄土の世界を指す言葉であり、季節や仏教行事そのものを表す言葉ではありません。ここでは、そんなお彼岸の意味やお墓参りをするようになった日本独特の習慣の成り立ちについて説明します。

お墓参りの作法は宗教や地域によってどう違う?

小さい頃は両親に連れられていたお墓参りも、大人になり、両親を亡くす年代になると、子どもを連れてゆく側に回ります。そんなとき、堂々と正しい作法でお墓参りができるでしょうか。宗教や宗派によって違うお墓参りの作法を復習しておきましょう。

お焼香の作法と意味を解説!宗派や式場による違い

お焼香は、宗派や会場によってさまざまな作法が存在します。自分の順番を待っている時に、他の人のやり方が微妙に違っていてどれが正解なのか戸惑った経験のある人もいることでしょう。また、そもそもお焼香の意味を知らないという人も少なくないと思われます。ここでは、お焼香の持つ意味と種類、作法について解説します。

お布施とは?金額・渡すタイミング・お布施マナーについて

喪主となる経験は、人生でそう何度もあるわけではありません。誰もが経験不足ななか、とくに悩みがちなのがお布施についてです。お布施とは何か、金額相場はあるのか、渡すタイミングなど具体的なことをご紹介したうえで、最後にお布施の大事なマナーについてお伝えします。

お布施の包み方と表書きはどうすればいい?

法要の際、僧侶にお渡しするお布施の額をどのくらいにすべきか、悩む方も多いのでないでしょうか?お布施の包み方、表書きの書き方、渡し方など、意外と知らないお布施のマナー。故人を供養するために、しっかりお布施の作法・マナーを学びましょう。今回はお布施に関するあらゆる疑問に徹底解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第2位

納骨堂・東京 | 一行院千日谷浄苑【いちぎょういんせんにちだにじょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ