MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > お焚き上げって何をするの?

お焚き上げって何をするの?

大事な人が亡くなった後に行わなければならない手続きや、遺品整理について調べていると、「仏壇・遺影のお焚き上げを承ります」などといった文面が目につきます。そこで初めて「お焚き上げ」を知る人も多いことでしょう。お焚き上げとは具体的に何をするものなのか、誰に依頼すればよいのかについて解説します。


お焚き上げとは、思いがこもった品物にお経をあげてから処分すること

お焚き上げとは、もう必要はないけれど処分をちょっとためらってしまうようなものを寺院に預け、お経をあげてから処分してもらうことをいいます。「処分をためらってしまうものって何だろう?」と、ピンと来ない人もいるかもしれません。例えば、昔お気に入りだったぬいぐるみや、小学校の頃に一生懸命描いた絵、賞状、制服などが、実家の片隅に眠っていませんか。何となく、燃えるゴミの袋に、みかんの皮や魚の骨などと一緒に捨てるのは忍びないですよね。愛着のあるものに、お世話になった感謝の気持ちを表してから処分できるのが、お焚き上げです。以前は、お経をあげたらそのまま燃やすのが主流となっていました。しかし、今では多くの寺院が、自治体の取り決めに従った処分を行っています。

 

年末の札供養、人形供養などは魂を抜く行事として昔から行われてきた

お焚き上げには、想いの込められたものから魂を抜くという意味もあります。お世話になったものに感謝するというよりも、魂抜きの方が、本来の意味としては強いものです。年末年始に、あるいは旧正月のどんと焼きで、古いお札を焼いたことはありませんか。どんと焼きは、火の神様の力でお札に込められた魂を天に還すための行事といわれています。また、お経をあげることでものに宿った魂を抜くことができるという考え方もあります。札供養をはじめ、人形供養などといった形で、お焚き上げは古くから行われてきました。

 

遺品整理のときに、処分をためらうものは必ず出てくる

日常生活をしているぶんには、お焚き上げの文化に触れられる機会は年末年始くらいしかありません。しかし、ご両親などが亡くなって遺品整理をしていると、処分をためらうものがたくさん出てきます。故人が使っていた衣類、傘、文房具、キッチン用品やタンスに至るまで、「他のものと一緒に、ごみとして処分することはできない」と思う人は多いのではないでしょうか。日記やアルバムであればなおさらです。一度ためらうと、どんなものにも想い出が浮かんでくるもの。必要ないのに捨てる勇気もないのであれば、お焚き上げがベストな選択です。

 

心当たりのある品物があれば、まずは身近なお寺をチェック

お焚き上げは、わりと身近な寺院で行っていることがあります。ただ、スペースの都合もあり「人形供養だけ」「数珠や位牌など仏事にちなんだものだけ」などとしているところが多いでしょう。もしも、タンスや本棚といった大物や、キッチン用品など日用品をお焚き上げしてほしいと思ったら、とくに遺品のお焚き上げを行っている寺院へお願いすることになります。身近にお焚き上げをする寺院が見つかったら、遺品のお焚き上げもやってくれるかどうか問い合わせてみるのがポイントです。お布施の金額については、お焚き上げをする品物によっても変わってきますから、合わせて問い合わせましょう。

 

遺品整理業者が提携寺院に持ち込んでくれるケースもある

大物OKの寺院であっても、お焚き上げするものを自分で持ち込まなければならないケースがほとんどです。軽トラックをレンタカーするのも一案ですが、もっとスムーズなのが、遺品整理業者に依頼する方法です。遺品整理を専門で行っているプロの業者であれば、ほとんどがお焚き上げのできる寺院と提携を結んでいます。処分する家財の全てを寺院に持ち込んでお焚き上げをしてくれる業者も少なくありません。遺品を整理する段階で、お焚き上げのできる業者に任せてしまえば、あとで処分に悩む必要もないのです。処分にためらう大きな遺品がたくさんある場合には、遺品整理のプロにお任せするのをおすすめします。

 

まとめ

以上、お焚き上げについて解説しました。ぬいぐるみ一体、衣類一着といった少量の場合には、身近な寺院へ相談し、自分で持ち込むのが最もスムーズでしょう。また、お札など宗教に関係のあるものなら、年末まで待てばお焚き上げの機会が巡ってきます。しかし、自分一人では運べないものをお焚き上げしたいときには、業者に依頼するのが近道です。お焚き上げをする品物によって、ベストな方法を見つけましょう。

 

関連記事:遺品整理のコツとは?効率よく家族の持ち物を徹底的に整理しよう

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

手元供養

お墓はいらない?手元供養や自宅墓とは

俳優の三國連太郎さんが「戒名不要、墓不要」と言い残して亡くなったのは、2013年のことでした。「お墓はいらない」と考えている人が多くなっているといいます。お墓がなくても、「手元供養」や「自宅墓」という方法があります。解説しましょう。

神葬祭

神道の葬祭儀式「神葬祭」とは?葬儀から埋葬まで を解説

神道の埋葬方法について、どれくらい知っているでしょうか?日本は仏式による供養や埋葬方法がほとんどのため、家系が神道でないとなかなか知る機会がありません。しかし、伝統的な日本の宗教である神道がどんなものなのか知りたいとは思いませんか。今回は、神道の葬儀の流れや埋葬方法について、説明していきます。

月命日とは

月命日とは?命日との違いや供養を続ける期間

家族が亡くなってからしばらくは、月命日にお墓参りに行ったり、菩提寺の僧侶にお経をあげに来てもらったりといったことを行っている家もあるでしょう。しかしこの「月命日(つきめいにち)」とはどういう意味で、いつまで行うものなのか、ご存じでしょうか。ここでは月命日の意味や供養を続ける期間、お経をあげてもらうための準備やお布施について解説します。

納骨を行う時期は決まっている?どんなことをするの?

大切な方が亡くなり悲しみに暮れる中、火葬を済ませた故人の納骨はいつ、どんな時期までに行わなければいけないのでしょうか。急いだ方が故人にためなのでしょうか。ここでは納骨を行う時期や納骨式について紹介します。

塔婆とは

塔婆供養(とうばくよう)とは?そもそも塔婆とは?

ある程度年数の経ったお墓の後ろには、木の板が何本も立てられていますよね。自分がお墓を守る番になると、「あれは立てなければならないものなのか?」と迷う人もいるでしょう。塔婆を立てて故人の成仏を祈る、塔婆供養について解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第2位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第4位

納骨堂・東京 | 一行院千日谷浄苑【いちぎょういんせんにちだにじょうえん】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ