MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 納骨を行う時期は決まっている?どんなことをするの?

納骨を行う時期は決まっている?どんなことをするの?

大切な方が亡くなり悲しみに暮れる中、火葬を済ませた故人の納骨はいつ、どんな時期までに行わなければいけないのでしょうか。急いだ方が故人にためなのでしょうか。ここでは納骨を行う時期や納骨式について紹介します。


納骨を行う時期に決まりはない

 納骨を行う時期に特別な決まりはありません。残された家族の気持ちの整理がついてから、身辺の落ち着きが戻ってから等あくまで時期を決めるのは遺族の方の気持ちを最優先にして問題ありません。法律上でも、必ずいつまでに納骨しなければならないという規定は現時点ではなく、極端にいえば一生自宅で遺骨を管理することも可能です。ただし遺骨は墓地と認められた場所以外に埋葬することは禁止されているため、例えば自宅の敷地内に遺骨を埋葬することは「墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年5月31日法律第48号)」に違反することになりますので、保管する場合は埋葬せず、家の中に遺骨を骨壺に入れたまま安置することになるでしょう。

 

納骨を行う時期は一般的に四十九日や一周忌が目安

 納骨をする一般的な時期としては火葬当日に併せてしまう、あるいは四十九日や一周忌に納骨することが多いです。しかし故人の死が急だった場合、遺骨を納骨するためのお墓や納骨堂を用意しておらず、これから探さないという状況の方も多いと思います。その場合は無理に四十九日に間に合わせる必要はなく、火葬だけ済ませたら遺骨を自宅で保管し、気持ちの整理がついてからお墓や納骨堂を探し一周忌の法要の際に納骨式を行えば良いでしょう。
ただし、公営納骨堂に申し込みをしその利用が許可されている場合は注意が必要です。公営納骨堂は応募数が多いため応募条件を出し利用制限として「一年以内に納骨できる方」という期限が付いていることもあります。期限がある場合は速やかに納骨が行えるよう手配を進めますが、どうしても期限内には気持ちの整理がつけられない際は早めに自治体の担当者へ相談しましょう。

 

納骨を行う時期に納骨式の日程も決める

 まず納骨式の日にちを決めましょう。納骨式とは遺骨を墓地や納骨堂などに納骨をする際に、僧侶にお経を唱えてもらい法要を行う
ことです。
ちなみに、仏教で納骨式を執り行う際に六曜(大安・仏滅・先勝・友引・先負・赤口)を気にする必要はありません。六曜はもともと中国から伝わった占いをもとにしているので仏教と関係がないといわれており、お葬式や火葬なども友引の日に行うのは縁起が悪いとされていますが、気にしなくても良いとされています。ただ、地域によっては風習となっているところもあり、友引の日に火葬場が休みとなっている場所もあります。
日にちが決まったら参列者に案内状を送りましょう。納骨式はお葬式とは異なり、ごく親しい間柄だけの案内で大丈夫です。

 

納骨式の具体的な内容

      1.僧侶による読経開始
      2.参列者による焼香
      3.遺骨の納骨作業
      4.僧侶による読経
      5.焼香
      6.施主の挨拶
      7.会食

※四十九日などの法要の後に行なう場合は会食をするのが一般的ですが、納骨式のみの場合は会食は行わないこともあるようです。

 

納骨を行う時は埋葬許可証を忘れずに

 また納骨式の当日は「埋葬許可証(火葬許可証)」を忘れずに準備しましょう。火葬を申し込んだ際に受け取る火葬許可証に火葬が無事に終わった旨が明記されると、この書類がそのまま埋葬許可証となりますので、必ず持参します。
また、お線香・お花・お供え物(故人が好きだったお酒・お菓子など)も一緒に準備しましょう。ただし納骨堂の場合はロッカー式・仏壇式・自動搬送式等の種類があり、その種類によって遺影や生花の設置・お供え物ができるかどうかが異なります。もし、お供え物などが置けないタイプの場合は一度納骨堂に確認をしてみましょう。納骨式を別の部屋で行う場合もあり、その時にお供え物がおけることもあります。

 

また、納骨式を行う際は墓地によって遺骨の埋葬費用が別途かかる場合もあります。埋葬費用が別で発生する際は作業だけでも1万~3万円ほどかかり、さらに墓石や銘板への彫刻がある場合は金額が高くなることもあります。僧侶へのお布施代としても3万円ほど包むことが一般的ですので、納骨式当日にかかる費用についても事前によく確認しておくことをおすすめします。


合わせて読みたい

年忌法要

命日に年忌法要ができない場合はいつやるのが適切?

仏式で葬儀を行った場合、一周忌、三回忌といった節目の日に法要を行います。これを「年忌法要(ねんきほうよう)」といい、故人の命日に親族が集まり、法要とお墓参りをするものとされています。しかし、さまざまな事情で命日に法事ができないことがあると思います。ここでは、命日に法事ができない場合、どのような日取りを選んだらいいのかを解説します。

お墓ディレクターとはどんな仕事?何をしてくれるの?

「お墓ディレクターのいる店」という緑色ののぼりを掲げた石材店を見かけたことはありませんか。また、HPに「お墓ディレクターがご案内します」と書かれているのを見たことのある人もいるでしょう。お墓ディレクターって何?という人のために、お墓ディレクターの資格や仕事について解説します。

改葬(墓じまい・お墓の引っ越し)とは?流れ、費用、メリット・デメリット等

近年、高齢者が増え、子供が減るといった社会構造の変化とともに、お墓の考え方にも変化が見られるようになりました。墓地に墓石を建てる従来のスタイルから、納骨堂や樹木葬という管理に負担がかからない納骨場所を選ぶ人が増えきたのです。今や、ライフスタイルに合わせ、お墓を見直す時代です。それに伴い、既に存在しているお墓からの遺骨を移動をする「改葬(かいそう)」という言葉が注目されるようになりました。今回の記事では、改葬とは何か、今話題の墓じまいとともにその流れやメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

お墓、供花

お墓を生前購入する!現状、メリットとデメリット

「先祖代々のお墓に入る」という人以外にとって重要となるのが、「お墓の購入」です。お墓はかなり値段の高いものであり、一財産と言ってもよいほど。このため、「生前購入」という方法を検討する人もいます。
この「お墓の生前購入」について、その現状とメリット、デメリットについて見ていきましょう。

家族葬の様子

家族葬とは?密葬との違いや費用・注意点について

近年、親戚、友人など比較的多くの人が参列する通常の葬儀に加え、家族葬と言う葬儀の形が増えつつあります。家族葬とは家族だけ、あるいは家族とごく親しい親族だけで執り行う葬儀を言います。家族葬にはどのような特徴があるのかを説明します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第2位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第4位

納骨堂・東京 | 一行院千日谷浄苑【いちぎょういんせんにちだにじょうえん】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ