MENU

トップページ

トップページ

納骨堂の全て

納骨堂を探している人のために、納骨堂の種類・費用や相場・選び方について紹介します。
また、関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)で販売している最新の納骨堂も掲載。納骨堂をお探しの方にぴったりの情報をお届けします。

納骨堂とは遺骨を安置する建物のこと

納骨堂とは、近年新しいお墓の形として広がりをみせている故人の遺骨を安置するお堂(施設や建物)のことを指します。墓に関する法律「墓地、埋葬等に関する法律」、略して「墓埋法」でも

納骨堂とは他人の委託を受けて焼骨を収蔵するために、納骨堂として都道府県知事の許可を受けた施設
引用:厚生労働省 | 墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年5月31日法律第48号)

と定義されおり、お寺ではなく施設で遺骨を預ける場所です。特に東京では年々新しい納骨堂施設が新設されており、一見すると美術館か高級マンションかのような見た目と内装で、耐震性にも優れた建築となっています。もともと納骨堂とはお墓に遺骨を埋葬するまでの間、一時的に遺骨を預けるための施設だったのですが、東京を中心とした都心部で急速に進む高齢化や、深刻なお墓の土地不足が問題となり、立体スペースを活用できるビル型の納骨堂に注目が集まり、急速な普及を見せているのです。

 

お墓と納骨堂の違いは?

では、お墓と納骨堂の違いはいったい何なのでしょうか。広辞苑(第五版)ではこのように定義づけられています。

 

 

こう考えると両者の違いは鮮明に表れてきます。つまり、お墓=土への埋葬、納骨堂=堂内への安置と言えるでしょう。

 

お墓の定義は実に幅広い

一般的な「お墓」と言えば、遺骨を埋葬する箇所を設け(「石棺」や「カロート」などとも呼びます)、その上に石塔を建てて礼拝供養するというものですよね。ところが、上述したようにお墓とはそもそも「遺骸や遺骨を葬った場所」のことを指します。そのため、石塔が建っているところも、建っていないところも、遺骨が埋葬されていればお墓と呼べます。土まんじゅうのように土盛りするお墓、木製の塔婆を立てただけのところもお墓です。そのため、昨今話題になっている樹木葬も、立派なお墓と言えるでしょう。

 

お墓の墓標が石である理由

お墓の納骨堂の違い

 

日本では古来より墓標として石が利用されてきました。日本最古の歴史書である「古事記」の中でも、岩越しに死者と生者が会話をする場面があります。「黄泉の国」の章で、亡者となったイザナミから逃げるイザナギは、地上に出ると大きな岩(千引岩)で黄泉の国への入り口をふさぎ、この岩越しにイザナミと会話をするのです。この岩は道反の大神(ちがえしのおおかみ)という神様としてあがめられ、岐の神(道祖神、猿田彦、地蔵菩薩の原型)として日本各地で祀られています。

お墓が石である理由は、その永続性でしょう。また墓石の役割には以下のようなことが挙げられます。

 

 

石は物質的に見ても自然界では最も堅牢です。雨や風にさらされても木のように早々と朽ちることはありません。その永続性が、人々の生き死にを託す対象となったのでしょう。人の生き死にという、自分たちの人智を超えたものを託す象徴が、人間よりも短い寿命のものであってはならないのです。まして、日本人は先祖崇拝をことさらに大切にしてきた民族です。代々にわたる先祖、その村の歴史を表すものとして、死者の墓標として、風化にも長く耐えることのできる石が選ばれたのだと思われます。

 

納骨堂の種類はロッカー式・仏壇式・墓石式の3つ

ひとくちに納骨堂といっても大きく分けると3タイプあります。形状の他、価格の違いや遺影・お供え物ができるかどうかをポイントに考えると良いでしょう。一般的にロッカー式<仏壇式<墓石式の順に費用がかかります。

 

ロッカー式

納骨堂の種類:ロッカー式(棚式)

コインロッカーのように棚が区分けされ扉が付いているタイプ。扉を開けて中のお骨に向かってお参りするタイプと、お参り用の御本堂にお参りするタイプがあります。納骨堂の中では安価ですが、お供え物等を置く場所やプライベート空間などはなく、シンプルな形式です。

(画像元:青山霊廟

 

納骨堂仏壇型

納骨堂の種類:仏壇式

上段に仏壇、下段に遺骨を収蔵するタイプで仏壇が並んだような形態をしています。ロッカー式よりも遺骨を収蔵するスペースが広く、上段の仏壇部分には場所によって遺影やお花等をおくことも可能です。霊廟型と呼ばれることもあります。

(画像元:麻布山廟

 

納骨堂自動搬送型

納骨堂の種類:自動搬送式

従来の墓石を建立するお墓をそのまま室内に移したタイプ。ただし、屋外のお墓のようにいつも決まった場所にお墓があるのではなく、参拝をする際は参拝スペースでボタンなどを押し、機械式で墓石が現れ、そこでお参りをするといった形式がとられることが多いようです。コンピュータ制御され、墓石も用意することから、納骨堂の中では比較的に費用が高くなる傾向にあります。

(画像元:吾妻橋 天空陵苑

 

納骨堂のメリットとデメリット

納骨堂は従来のお墓と違う分、メリットとデメリットをしっかり把握しておくことだ大事です。メリットとデメリットそれぞれ紹介します。

 

納骨堂のメリット

 

従来のお墓は継承を前提とされており、墓石代と永代使用料合わせて平均200万円~300万円はかかるといわれています。しかしロッカー式、仏壇式の納骨堂であれば、墓石代を必要としないため費用を50万円~80万円ほどに抑えることができます。また、納骨堂の場合はお墓のように広大な敷地を必要はせず、ビル型に施設を建立するため土地を有効活用することが可能です。そのため、都市部でも納骨堂が多く、交通の便の良い場所にあることが多いのがメリットと言えるでしょう。

 

納骨堂のデメリット

 

お墓のスペースが従来の屋外に建立するお墓と比べると、狭い、と感じてしまうことはやはり否めないでしょう。従来のお墓は面積をおよそ1~2平米必要だったことに対し、納骨堂の設けられるスペースは1平米以下になります。また、納骨堂はあくまで遺骨を安置する場所になるため、一定期間(13年~33年など)が過ぎれば他人の遺骨と一生に供養される=合祀されてしまいます。半永久的に遺骨を納骨堂に残しておくことはほとんどの場合出来ないので、この点は購入前に家族や親戚と話し合っておく必要があります。

 

納骨堂の選び方6ポイント

納骨堂は場所によって形態も料金も異なります。いくらお墓よりも安価である納骨堂でも、それでも何十万円もする高い買い物です。ここでは納骨堂の選び方、納骨堂を探すときに確認すべきポイントについて説明します。

 

納骨堂の選び方

 

  • 宗旨宗派が問われるか
  • 価格に含まれているもの
  • 安置期間後の遺骨の行き先
  • 何名まで収蔵できるのか
  • 設備が整っているか
  • 運営元は誰なのか
  •  

    納骨堂の選び方その1:どの宗旨宗派に属していても購入することが可能なのか

    納骨堂は宗旨宗派を不問とするところが多いです。しかし中には過去の宗旨宗派は問わないが、遺骨を収蔵したそれ以降はその施設に則ったやり方で供養を行われ、施設に他の宗派の住職を読んでお経を唱えてもらうことはできないといったこともあります。また、在来仏教の信徒であれば受け入れるが、キリスト教やカトリック教信徒の方は断られてしまうケースもあります。宗旨宗派問題は、遺骨を収蔵する人の死後の供養に影響するため、しっかりと確認しておきましょう。

     

    納骨堂の選び方その2:費用が相場と合っているか

    納骨堂は収蔵様式や収蔵人数、契約期間等によって費用が異なりますが、一般的には50万円~80万円ほどで抑えられます。都市部の最新式の納骨堂でも、墓石式で150万円ほどになります。維持管理料といった追加料金が発生する場合もあります。それぞれの費用を確認する他に、その費用が契約内容やシステムと見合うものかもチェックしましょう。

     

    納骨堂の選び方その3:収蔵期間・期間後の収蔵先に納得できるか

    納骨堂では永代供養をしてくれるところがほとんどですが、残念ながら永代供養の「永代」は「永久」の意味ではありません。納骨堂に個別に収蔵してくれる期間は事前の契約で決まっており、一般的に三十三回忌までのところが多いようです。そのため、自分の子どもに遺骨を継承したいといった希望があれば、納骨堂は不向きかと思います。期間は収蔵期間が終わる時に契約更新ができるところもあるのでチェックしておきましょう。

    また、収蔵期間後の遺骨の収蔵先についても確認しましょう。ほとんどの場合は合祀(ごうし)と言って骨つぼから遺骨を取り出し合祀墓へ埋葬されます。合祀後は他の方のお骨と混ざってしまい特定の方のお骨を取り出すことは不可能なので、納骨堂の契約更新やお墓のお引っ越しを申し出ても望みを叶えることはできません。過去に家族と相談しないまま永代供養の納骨堂に入り、合祀後に遺族が普通のお墓に移してあげたいと訴えトラブルになったことがありますので、特にこのポイントについては家族・親族に相談し慎重に判断したほうが良いでしょう。

     

    納骨堂の選び方その4:何名まで遺骨が収蔵可能なのか

    将来的に何名分の遺骨を収蔵したいか、その人数の遺骨が収蔵可能かを確認しましょう。納骨堂は一人用、二人用、家族用があります。家族用では10名程度まで収蔵できるタイプもありますが、一般的に人数が増えるほど費用がかかります。

     

    納骨堂の選び方その5:管理・設備の状態が整っているか

    パンフレットでは納骨堂内や外観・景色がきれいなところだったのに、実際に行って見るとそうでもなかった。このようにがっかりすることもあります。パンフレットやインターネット情報だけではわからない実際の様子は直接見学するのが一番です。納骨堂内はきれいに掃除されているでしょうか。掃除の状態がイマイチのところは管理も良くない場合が多いので避けたほうが良いでしょう。トイレや休憩所の有無、バリアフリー設計、エレベーター完備等、小さいお子様からお年寄りの方まで安心してお参りに行くことができるかを確認しましょう。

     

    納骨堂の選び方その6:運営主体が明確であるか

    納骨堂は寺院・公営・民営の3タイプで運営されています。それぞれに特徴があるのでどのタイプが良いか確認した上で納骨堂を探しましょう。寺院はお寺が運営するタイプで永代供養をしてくれるところがほとんどです。

    公営は地方自治体が運営しており、応募条件を満たしている方でないと申し込みができません。応募条件は、既に遺骨が手元にある方や一定期間その地域に住所があり住んでいる方等、自治体によって異なります。寺院・民営よりも費用がかからないので応募する方が多く、応募者が多いと抽選で選ばれた方のみが使用できます。民営は経営主体が寺院、広告・販売を民間会社が行っています。民間企業ですのでその企業が将来的に安定しているかを考慮した上で選ぶと良いでしょう。

    公営・民営の場合は宗旨宗派が決まっていないので、納骨後の供養の形式や供養の有無は自由です。永代供養は行っていないところがほとんどです。

     

    納骨堂を決める前に事前に家族と相談を

    納骨堂を決める前に

     

    納骨堂や永代供養墓を利用されている方は、ご自宅での供養が困難であったり、ゆくゆくは自分たちで故人やご先祖様の供養が困難になることが分かっている方々がほとんどです。そうした方々の受け皿という点で、納骨堂や永代供養は社会的要請に応えたものだといえるでしょう。檀家制度に頼ることのできない寺院にとっても、新たな檀信徒とつながる契機にもなります。とはいえ、家族や先祖のつながりを大事にしてきた日本の民族性において、個別にお参りできない方法に戸惑いを覚えている方もたくさんいらっしゃいます。
    故人やご先祖様がいたからこそ、今の私たちがいるわけです。永代供養に預けると、あとはお寺に任せておけばいいという、供養に対して消極的になる方が多いのも事実です。果たしてその姿が、故人様やご先祖様や、自分たちにとってあるべきものなのかという疑問が生じるのも、もう一方の事実でしょう。大切なご先祖様の供養です。慎重に考え、家族や親族間でも話し合って進めていくことをおすすめします。

    納骨堂人気ランキング

    第2位

    納骨堂・東京 | 龍善寺早稲田納骨堂【りゅうぜんじわせだのうこつどう】

    この納骨堂をみる >

    第3位

    納骨堂・東京 | 天妙国寺永代供養納骨堂鳳凰堂【てんみょうこくじ えいたいくようのうこつどうほうおうどう】

    この納骨堂をみる >

    第5位

    納骨堂・東京 | 善福寺屋内納骨壇・麻布山廟【ぜんぷくじ おくないのうこつだんあざぶさんびょう】

    • 東京の納骨堂
    • 関東の納骨堂

    最新の納骨堂コラム

    関連サイト

    運営者情報

    ページの先頭へ