MENU

納骨堂の費用

納骨堂の費用

納骨堂の費用|納骨堂辞典

納骨堂の魅力の一つは従来のお墓を建てるよりも費用が抑えられることです。石のお墓よりもなぜ費用が抑えられるのか、納骨堂の費用や価格の相場はどれくらいなのか、詳しく紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂の費用

納骨堂の費用の相場は1人約60万円前後

納骨堂にかかる費用ですが、納骨堂の種類でも紹介しておりますが、タイプはもちろん運営母体がどこか、立地がどこかによって費用は異なります。しかし、東京都を例にした場合、一般的には一人用の納骨堂が約60万円、家族用が約100万円というのが相場となっています。しかし、最初から合祀タイプにしてしまえば費用はさらに抑えることができ、費用は3万円から10万円ほどで済むこともあります。

納骨堂の費用 | ロッカー式(棚式)

ロッカー式の納骨堂の場合、費用はおよそ1人15万円~20万円ほどが目安です。ロッカー式納骨堂は、個別に遺骨を安置できるタイプのなかでは最も価格が抑えられます。ただし、東京の都心部の納骨堂になると費用は1人25万円~30万円以上かかってしまうこともあります。

 

納骨堂の費用 | 仏壇式

仏壇式の納骨堂の場合、費用はおよそ一人30万円ほどが目安になります。これは、ロッカー式のシンプルなつくりに対して、仏壇式はその名の通り上段に仏壇を配置したりなど、個人を供養するための装飾が施されているためです。また、スペースもロッカー式と比べると広くなりますので、費用はその分高くなります。ただし、仏壇式の場合の多くが2人以上の遺骨が収蔵できるようになっており、費用は2人で80万円、4人で100万円といったように1人専用の区画の販売はしていないことも目立っています。

 

納骨堂の費用 | 墓石式

墓石式の納骨堂の場合、費用はおよそ一人100万円ほどが目安になります。ロッカー式や棚式と比べると費用がぐっと上がりますが、遺骨を収蔵するだけでなく墓標となる墓石を用いたりとしっかりした作りの収蔵スペースに遺骨を安置することができるため、費用が高くなります。また、墓石式の多くが自動搬送式になっているため、その分の管理費用も追加されていると考えられます。

 

納骨堂にかかる費用の項目

納骨堂の費用総額はタイプや場所によって異なりますが、実際には何にお金がかかっているのでしょうか。ここでは納骨堂の費用の内訳について紹介します。

 

納骨堂の費用の内訳①:納骨堂使用料

遺骨を安置させるための納骨堂の使用料で、安置期間によって料金が異なります。費用のなかでも「永代使用料」と似ている項目です。

 

納骨堂の費用の内訳②:永代供養料

簡単にいうと、預かった遺骨の供養料金です。遺骨の安置期間が過ぎて合祀されたとしても、お寺や施設が責任をもって遺骨を管理して供養を行い続けるというものです。

 

納骨堂の費用の内訳③:戒名(法名)料

戒名とは、簡単にいうと人が亡くなったあと、仏教の教えに則って住職が付ける名前です。最近では戒名は必要ないのでは、などと囁かれていますが仏教に則って供養を行ってもらいたい場合、戒名は必須です。※浄土真宗では戒名ではなく法名と呼びます。

 

納骨堂の費用の内訳④:銘板・墓誌への彫刻料金

戒名を付けた後、銘板(位牌と同じような意味を持つネームプレート)もしくは墓誌(戒名や法名、亡くなった日付(享年・行年)などを彫刻するもの)刻むために必要な料金。

納骨堂と、一般的な石のお墓の費用・金額の違いはどれくらい?

納骨堂と、一般的な石のお墓を建てる際、費用・金額はどれくらい違うのかをご紹介します。石のお墓を建てる時の費用の総額は、大よそ200万円前後と言われています。これは、墓石代と永代使用料(お墓の土地を半永久的に借りるための費用のこと)を合わせた金額となります。しかし、この200万円に年間管理費がプラスされ、且つ使用する墓石の種類や、お墓の面積、お墓の建立を依頼する石材店の会社によって、費用が上乗せされることも考えられます。したがって、一律にこの値段が必ず相場ですと断言できませんが、200万円が一般的に相場のラインだと考えられています。この金額を元に考えると、納骨堂の方がややリーズナブルに感じますが、33回忌を終えると他の人の遺骨と一緒に合祀されてしまう等の制約があるのが注意点です。

納骨堂の管理費とは

ほとんどの納骨堂では契約と同時に、年間で管理費を支払う必要があります。納骨堂の管理費の相場は15,000円ほどで、東京都心部の納骨堂であったり、最新の管理システムや建築デザインが施された施設だと管理費が高い傾向にあります。場所によっては管理費の先払い割引なども行っているところもあるようです。ただ、なかには管理費が初期費用に含まれているところもあります。

納骨堂購入の流れ

納骨堂を購入するに慣れている人は少ないかと思います。ここでは納骨堂を生前購入する場合の、申込から費用の支払いなど、一連の流れについて紹介します。大まかな流れは以下になります。

納骨堂人気ランキング

第2位

納骨堂・東京 | 龍善寺早稲田納骨堂【りゅうぜんじわせだのうこつどう】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 天妙国寺永代供養納骨堂鳳凰堂【てんみょうこくじ えいたいくようのうこつどうほうおうどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 善福寺屋内納骨壇・麻布山廟【ぜんぷくじ おくないのうこつだんあざぶさんびょう】

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ