MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 用語・豆知識 > 終活に役立つエンディングノートの使い方が5分でわかる!

終活に役立つエンディングノートの使い方が5分でわかる!

「エンディングノート」とは自分の人生の最後の期間や死後について書き記すノートのことです。ここ数年多くの人が記されているというエンディングノート、それはいったいどんなものなのでしょうか。また、どんな内容をいつ、書くものなのでしょうか。こちらについて紹介します。

エンディングノート


終活で役立つエンディングノートとは

今シニア層の間で空前のブームとなっている「しゅうかつ」を知っていますか?終わる活動と書いて「終活」と言い、自分が死んだ時に備えての準備をする活動のことです。ブームの背景には団塊の世代と言われている一時代を作ってきた大人達が、自分の最後も、そして残される家族や友人などに迷惑をかけない為に始めたことで火が付いたと言われています。一昔前は「死」という言葉は縁起でもないという事で敬遠されてきましたが、多死社会に突入し始めたと言われる時代を前に、そんなことを言っていられなくなったのが影響していると考えられます。また、終活とは何となく悲しい気持ちで始めたようにも思えますが、実は全く違います。これまで忙しく生きてきた自分の最後を考えることは、残された人生の時間をどの様に過ごしたいか?どの様に生きるのか?と、しっかり自分と向き合う為に活動されている人が多いのです。そしてこの終活のひとつに「エンディングノート」を記していくことが含まれています。

 

終活で使うエンディングノートとは自分の意思を残すノート

エンディングノートとは、終活に使うノートのことを呼びます。家族の為に、自分の「もしも」の時の為にお願いしたいことを書き留めて置くことができるノートです。例えば、生命保険の事や、病気などの場合は延命治療について、死亡した際は葬儀の会場や進め方などについてをあなたに代わってエンディングノートが言葉を伝える役割を果たしてくれます。家族や、友人にとってはあなたの意思を言葉として知る大切なノートとなります。

 

終活で使うエンディングノートと遺言書の違いとは?

エンディングノートと聞くと遺言書と勘違いしてしまう人も多いのですが、別物となります。大きな違いは、遺言書とは死後の最終意思を示すもので、民法に定める方式で作成されるものです。一方エンディングノートは法的な効力があるものではなく、あなたの近況や、身体の状態などを伝えるためのメモと考えていただければわかりやすいのではないでしょうか。理想としては遺言書とエンディングノートの両方を書いておくのが良いでしょう。

 

終活で使うエンディングノートの書き方

エンディングノートは法律上の文書ではありませんのでどんな形で書いても問題ありません。手書きでもワープロでも、鉛筆でもボールペンでも、伝えたいことを伝えられれば良いのです。もしある程度形式が整っているものが良ければ、最近では葬儀会社等でノートやデータを配布しているところもあります。更には、大手文具メーカーのコクヨがエンディングノート用ノートを販売しているようです。エンディングノートを書こうにも何を書いたらいいか分からない、という人はこういったものを利用するのが良いでしょう。

 

終活で使うエンディングノートに書いておきたいこと

エンディングノートは、自分の「もしも」の時に、あなたの代わりになって、あなたが必要としている事を伝えてくれるノートです。では、どんなことを書いていけば良いのでしょうか。

  1. 家族や、友人への言葉
  2. 自分の持病
  3. 普段飲んでいる薬
  4. もしもの時、治療(延命治療など)をどこまで希望しているか
  5. 葬儀の形態
  6. 保険の情報
  7. 貴重品の情報
  8. 友人や知人などの連絡先

これらは最低限、「エンディングノート」に書いておきたい内容です。他には、「遺骨の一部を海にまいてくれ」「葬儀は楽しくやってくれ」といったことも書いても良いでしょう。

 

終活を始めるときがエンディングノートを書くタイミング

では、エンディングノートを書き出すタイミングっていつがいいのでしょうか。それは、『思い立ったが吉日』という言葉がある様に、自分がエンディングノートを作っておこう!と思った日が、エンディングノートを書く時です。最近では高校生などが、エンディングノートを書いていたり、バケットリストと呼ばれる、死ぬまでにやりたい100のことを書くノート呼ばれる、エンディングノートに似たようなノートもブームになっていたりします。若い世代の人は、既に「死」に対してきちんと考える力があるようです。そんな時代に、「自分の生き方」を見直せる機会があることは素敵な事です。あなたが、自分の人生を考え直したい時に書き出すものが、「エンディングノート」を書き出すタイミングではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。これから終活を行う人も、現在進行形で終活を行っている人も、エンディングノートを書く際に、ぜひ参考にしてみてください。

この他にも、納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

無縁墓問題,無縁墓,承継者

無縁墓とは?承継者不足の日本の現状と解決策

「無縁墓(むえんぼ)」という言葉を耳にすることがあるかと思います。この「縁」とは、血縁や姻戚関係がある「縁故者(えんこしゃ)」の「縁」です。弔いをしてくれる縁故者のいないお墓のことを、無縁墓と言うのですが、現在それが日本各地に増えています。今回は、この無縁墓問題について紹介します。

戒名とは?どのように授かるの?新しい授かり方って?

葬儀があると、戒名を授かるということをご存じの方は多いでしょう。この戒名を授かるときのお布施が高額といううわさを聞き、「戒名って本当に必要なの?」と疑問に思っている人はいませんか。戒名の授かり方は、だんだん変わってきています。戒名の意味や、最新の授かり方についてお伝えします。

喪主と施主

喪主と施主の違いを解説。頼まれた時のために知っておこう

喪主を務めなければならない機会は、多くの人にやってきます。しかし、葬儀においては喪主だけではなく「施主」も大切な仕事です。大抵は兼任することになるため誤解されがちですが、本来喪主と施主はまったく別の役割なのです。ここでは、喪主と施主の違いについて解説します。

嫁姑問題から死後離婚に発展する様子

死後離婚とは?夫の死後に姻族関係終了届を出す妻

死後離婚や姻族関係終了届という言葉を聞いたことはあるでしょうか?簡単に言うと姻族関係終了届とは、亡くなった後に出す離婚届のことで、通称「死後離婚」と呼びます。今、そのような死後離婚をする妻が増えているようです。法務省の戸籍統計の調査結果では、2006年度に姻族関係終了届を出した数は1,854件でしたが、2015年度の場合は2783件に増えています。9年で900件増えているため、1年で100件ずつ増えている計算になります。では、なぜ夫の死後に姻族関係終了届を出す割合が増えているのでしょうか?その理由や背景などを中心に説明していきます。
参考文献:2015年度 法務局及び地方法務局管内別 届出事件数

墓じまいとは?手続きや費用、墓じまいで行う供養とは

今、遺骨を取り出しお墓を更地にする「墓じまい」が注目されるようになっています。その背景には、子どもや孫の世代が生まれた地域にずっとそのまま留まり、先祖代々のお墓を守っていく。昭和の時代には当たり前だったことが、現代ではできない家が増えていることが考えられます。ここでは、そんな墓じまいの意味や費用、取り出した後の遺骨をどうすべきかについて解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ