MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > マナー・慣習 > 喪中とは?忌中と喪中の違いと過ごし方

喪中とは?忌中と喪中の違いと過ごし方

喪中や忌中といった言葉は聞いたことはあるでしょうか。喪中という言葉は、ときおり年末に年賀状の代わりに送られてくる喪中はがきのおかげで広く知られているでしょう。もう1つ忌中という言葉はあまり知られていないかもしれません。この喪中と忌中といった2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。意味と違いについて見ていきましょう。

喪中はがき忌中


忌中と喪中は喪に服す長さの違い

忌や喪といった概念は本来神道のみのものでしたが現在では一般的な慣習として広まっています。ここでは慣習としての忌と喪について考えていきます。まず、忌中と喪中はどちらも家族の死を悼んで身を慎むための期間のことを指しています。具体的にはその時期はお祝い事をしない、外出などを極力控えるということを心がけます。どちらも同じ「喪に服す期間」を指しますが、違いはその長さです。一般的に忌中の場合は故人が亡くなってから四十九日間とされ、葬儀が終わってから四十九日の法要が終わった後までの期間とされています。忌明けという言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、これは四十九日で忌中の期間が終わるのでそう呼ばれています。それに対して喪中は、故人が亡くなってから1年間というのが基本です。昔は江戸時代の「太政官布告(だいじょうかんふこく)」や明治時代の「服忌令(ぶっきれい)」という法令によってそれぞれの期間が故人との続柄に合わせて定められていましたが、現在では法令は撤廃されて明確に規定されていはいません。

 

忌中や喪中はなぜ定められたのか

そもそも人が亡くなったらなぜその家族や親戚は喪に服す期間が法令で定められたのでしょうか。その理由は神道において死というものが今よりも恐怖の対象で、かつ「死=穢れ(けがれ)」とされていたからです。一説によると伝染病などが猛威を奮っていた時代に「死は伝染する」というイメージを人々が持っていたとも言われています。そのため、伝染する死の穢れを社交的な場に持ち込ませないために忌中や喪中が定められたようです。その一方で、仏教において死後の魂は輪廻転生もしくは極楽浄土に行くと考えられるため、死は悲しいことでも忌み嫌われることでもありません。そのため「死=穢れ」という概念は無いので、家族が亡くなっても「喪に服す」必要はありません。法令で定められた際には「忌中」の期間が四十九日を基準にするなど仏教の考えも盛り込まれていたようです。

 

忌中と喪中に避けたほうが良いこと

昔は忌の期間中は家の外に出てはいけない、人に会ってはいけないと言った厳しいしきたりがありましたが現代ではかなり簡略化されています。その中で現代でも残っている慣習を紹介します。

  • 喪中の結婚や入籍は避ける
  • 自らの入籍や結婚式を予定しているという場合、可能であれば喪中が明けた後に実施するのが良いとされています。入籍だけであれば書類上のやりとりになるのでさほど問題になりませんが、結婚式を喪中期間に挙げるのは避けたほうが良いでしょう。

  • 年賀状は喪中はがきへ
  • 喪中はがきを受け取ったことがあるという人は多いと思いますのでこちらは有名でしょう。喪中に正月を迎える場合は年が明ける前に喪中はがきを出し、新年の挨拶を控える旨を相手(年賀状を交換している人)に伝えるのが通常です。一般的には二親等以内の身内に不幸が合った場合に喪中はがきを出すとされています。喪中はがきをもらった場合には年賀状を送ることを控え、1月7日(松の内)を過ぎてから寒中見舞いを出すというのがマナーです。

  • 神社や仏閣へのお参りは避けなくてもよい
  • よく喪中期間に神社や仏閣にお参りしてはいけないと思っている人もいますが、実際には神道では忌中のお参りを避けますが、仏教では忌中でも問題なくお参りをしても良いそうです。忌明け後は喪中であっても初詣などお参りに行っても問題ありません。

  • お祝い事への参加は遠慮する
  • 喪中の間に結婚式などの慶事に招待されているという場合は先方に謝罪した上で参加を控えるほうが良いとされています。喪明け後に改めてお祝いの言葉やお祝い金を贈ると良いでしょう。

  • 形見分けは忌中明けに
  • 遺品は故人の想い出などが詰まっているものなので遺族や知人で分け合い故人の想い出として残しておくことを形見分けと言います。仏教の教えではなくなった人は死後49日後に仏のもとに向かうとされています。そのため遺品は四十九日が過ぎる忌明けまでは形見分けを行わず、四十九日法要が終わった後などに行うようにするのが良いでしょう。

     

    忌中と喪中の考え方は変わりつつある

    現在では死が伝染するもの=穢れだと考える人はほとんどいないようなので、忌中と喪中の本来の意味合いはなくなっています。しかし故人が亡くなったのであれば、故人の死を悼むべきだという考えから今でも忌中と喪中の考えは存在しているのでしょう。ところが最近は忌中や喪中であっても、故人が楽しみにしていた行事などであれば故人も喜ぶだろうという考えから慶事に参加する遺族も増えています。また結婚式などに招待された場合にも、その新郎新婦に相談をしたうえで参加することもあるようです。葬儀自体を明るく行いたいと希望する人も増えていることから、忌中や喪中の期間だからといって無理に慶事への参加を控える必要もないということです。故人のことを想えば亡くなった後だからこそ、遺族が明るく過ごすというのも大切なことだと考えられます。

     

    喪中とは?喪中と忌中の違いと過ごし方:まとめ

    忌中と喪中の違いやその期間中の過ごし方について見てきましたがいかがでしょうか。昔ながらのしきたりや慣習はあるものの、最近では簡略化され、故人の意志を尊重することが大事になってきているようです。それでも忌中や喪中に慶事に参加することは不謹慎である、不快だと考える人もいるので、故人に敬意を払いつつ慣習やマナーも大事にしていくのがよいでしょう。

     

    納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


    合わせて読みたい

    お焼香の作法と意味を解説!宗派や式場による違い

    お焼香は、宗派や会場によってさまざまな作法が存在します。自分の順番を待っている時に、他の人のやり方が微妙に違っていてどれが正解なのか戸惑った経験のある人もいることでしょう。また、そもそもお焼香の意味を知らないという人も少なくないと思われます。ここでは、お焼香の持つ意味と種類、作法について解説します。

    浄土真宗とは?宗派の種類や作法の違い

    浄土真宗は、日本で一番信仰者数の多い仏教宗派であるといわれています。この浄土真宗のうちにもさまざまな宗派があり、それぞれお参りなどの作法が若干違うのが特徴です。浄土真宗の宗派の種類や作法の違いについてご案内します。

    施餓鬼会

    施餓鬼会は、飢えに苦しむ死者のために祈る仏教行事

    施餓鬼会(せがきえ)は、仏教の行事の1つです。施食会(せじきえ)とも呼ばれ、死者の魂を弔うことを目的としていますが、その対象や時期は一般的な法要と異なります。地元のお寺から施餓鬼会の案内が来ることもありますが、何のことかわからず参加したことがない人も多いでしょう。ここでは、施餓鬼会の内容やマナーについて解説します。

    お葬式に参列する時の服装を解説!男女から学生・子どもまで

    お葬式に参列する時、一番気になるのは服装ではないでしょうか。特に若い人の場合、お葬式に参列した経験自体がないということも少なくありません。また、自分はともかく子どもに何を着せれば良いのかわからないこともよくあります。ここでは、お葬式の服装における基本的なマナーをまとめました。

    一覧に戻る

    カテゴリ検索

    納骨堂人気ランキング

    第1位

    納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

    この納骨堂をみる >

    • 東京の納骨堂
    • 関東の納骨堂

    最新の納骨堂コラム

    関連サイト

    運営者情報

    ページの先頭へ