MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 文化・歴史 > 「宗旨宗派不問」はどんな宗教でもOKではない?

「宗旨宗派不問」はどんな宗教でもOKではない?

永代供養墓など新規に墓地探しを始めると看板やチラシ、パンフレットに必ずといっていいほど「宗旨・宗派不問」という言葉を目にしませんか?この意味を、「どんな宗教宗派であっても受け入れてくれるんだ!」と購入者側は思いがちですが、その誘い文句には少し落とし穴があります。特に寺院墓地の場合には注意が必要です。では、どんなことに気をつければよいのでしょうか。「宗旨・宗派不問」の注意点について紹介します。


宗旨・宗派不問とは、どんな宗教信者でもOKということではない

 納骨堂などの広告で宗旨・宗派不問という表現が度々使われていますが、実はこれ、どんな宗教信者の方でも購入することができ、墓地を利用することができるということを意味するものではありません。ここで注目したいのは「宗旨・宗派不問」の「不問」という言葉です。墓地の運営者によって宗旨や宗派を問わない期間がいつのことを指しているのかによって異なるため、購入前に必ずその意味についての確認が必要です。

 

「宗旨・宗派不問」には複数の意味がある

 「宗旨・宗派不問」には大きく3つの意味があります。

  • 過去もこれからも、宗教は一切不問
  • 在来仏教であれば宗派不問
  • 過去の宗派は問わないがこれからは管理寺院の宗派に従う

過去もこれからも、宗教は一切不問とは?

文字通り、これまでキリスト教信者であろうが、これからイスラム教信者になろうが一切問うことはせず、誰でも納骨堂を購入でき、利用することができるといった意味です。この場合、広告などでは「宗教宗派一切不問」と書かれていることが多いでしょう。

 

在来仏教であれば宗派不問とは?

在来仏教とはつまり法曹宗、華厳宗、律宗、天台宗、真言宗、融通念仏宗、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、時宗の13宗派に属しているなら問題ないということになります。そのため、キリスト教やイスラム教、更には創価学会などの新興宗教などの信者は該当の納骨堂を利用することができなくなります。

 

過去の宗派は問わないがこれからは指定の宗派に従うとは?

墓地を購入する前にどんな宗教宗派に所属していたのかについては一切問わないが、該当の納骨堂を購入する場合は管理する寺院の宗派の信徒となり、法要などは管理する寺院の宗派に則って執り行われることが条件となります。このような場合、例え在来仏教でもその墓地の敷地内で他の宗派の僧侶を呼んで法要を行うことは許されないため、改葬の場合は戒名も付け直さなければならないことも稀にあります。

 

宗旨宗派について自由度が高いのは民営や公営の霊園

 一般的に民営や公営の墓地であれば「過去もこれからも、宗教は一切不問」であるところがほとんどです。法要を行う場合も誰に合わせる必要もなく、自分が信仰している宗派の僧侶を呼び儀式を執り行うことができます。

納骨堂など、お墓を購入する際には提示されている「宗旨・宗派不問」がどういった意味なのかを購入前に必ず確認しておくことが大切です。


合わせて読みたい

新生活運動

新生活運動とは?お葬式の受付が「一般」と「新生活」にわかれているときの対応

お通夜やお葬式で、受付が「一般」と「新生活」とにわかれているのを見たことがあるでしょうか。新生活運動の一環としてお香典の金額を抑える地域は少なくなりましたが、今でも群馬県や長野県、北海道の一部で見られます。新生活運動とはなにか、受付がわかれていた場合、どちらを利用すればよいのかなどについてまとめました。

インドの川,世界の珍しい葬儀,葬送方法

日本とは全く違う!世界の珍しい葬儀・葬送方法

現代の日本においては、亡くなった人を火葬して骨上げをし、法要をした後、お墓に埋葬するのが一般的です。一部の地域では、土葬をする所もあるでしょう。しかし、世界に目を向けてみますと、実に様々な葬送方法があります。ここでは、日本ではあまり見られない、世界の珍しい葬送方法についてご紹介したいと思います。

納骨堂の普及

納骨堂はお墓不足解消の切り札?首都圏で納骨堂の普及が進む背景

納骨堂が普及する背景のひとつに首都圏でのお墓不足が挙げられます。東京では人口の集中と高齢化に伴い特にお墓不足の事態が深刻化していますが、増え続ける需要に反して供給が進んでいない状況です。ここでは、お墓不足となってしまった原因を探り、その解決策として納骨堂が増えてきている理由について考えていきます。

納骨堂,無縁墓,改葬

納骨堂で無縁墓対策!墓石がいらない永代供養の埋葬形態

納骨堂は、従来のお墓に代わる埋葬形態として人気を集めています。従来の墓石型のお墓と比べ費用が安さいことや、ビル型に建設できることから土地の節約などになることから評価されていますが、もう一つ、無縁墓対策としても注目されています。ここでは、納骨堂の特徴や無縁墓対策になる理由について解説します。

新盆

初盆前にやっておきたい9つのこと

故人が四十九日を迎えてから初めてのお盆を「初盆(にいぼん)」といいます。初盆には、普段のお盆と違い、行うべきことがたくさんあるため、前もって知識を持ち、備えておかなければなりません。ここでは初盆前にやっておきたいことを、時系列で並べました。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第2位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第4位

納骨堂・東京 | 一行院千日谷浄苑【いちぎょういんせんにちだにじょうえん】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ