MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > お墓参り代行サービスの内容を紹介!お墓参りの悩みを解決

お墓参り代行サービスの内容を紹介!お墓参りの悩みを解決

お墓参り代行サービスというものをご存知でしょうか。これは文字通り、業者が持ち主に代わってお墓参りをしてくれるサービスです。お墓参りを他人に任せていいの?と思う人もいるかもしれませんが、これは現代の供養の形として認められてきているようです。ここでは、お墓参り代行サービスの内容や料金についてまとめました。

お墓参り代行サービスの男性


お墓参り代行サービスは、忙しい現代に適応した供養の形

お墓参り代行サービスは、現代の日本人の生活に適応した供養として生まれました。かつては、お盆やお彼岸ともなれば、家族や親戚がそろって先祖代々のお墓にお参りするのは当たり前でした。しかし、現代では少子高齢化や核家族化が進み、「みんなでお墓参り」という風習が失われつつあります。また、忙しい日々の中でお墓参りをする余裕もなくなっています。このような状況では、お墓は荒れる一方で、お墓を受け継いでくれる人がおらず無縁墓になってしまうケースも少なくありません。もちろん、持ち主だってお墓を放置することなど望んでいないでしょう。そうなると、「誰かが代わりに掃除だけでもしてくれれば」という需要が生まれます。そこで登場したのがお墓参り代行サービスです。この業者は、持ち主に代わってお墓の状態確認や清掃を行い、お花を供えたりお線香をあげてくれます。忙しくてお墓参りをする余裕がない人や、遠方に住んでいて通うのが難しい人にとっては、とても助かる存在なのです。

 

お墓参り代行サービスの利用には、向き不向きがある

お墓参り代行サービスの利用にはある程度の料金がかかります。そのため、自分やお墓の状況をよく考えて、利用するべきかどうかを判断する必要があります。向き不向きのケースをいくつか挙げてみましょう。

 

お墓参り代行サービスと相性がいい人

  • 忙しかったり遠くに住んでいたりして、お墓参りに行けない人
  • お墓を放置するよりは業者にお参りしてもらった方がいいという人
  • 先祖代々のお墓をずっと受け継いでいきたい人

 

お墓参り代行サービスと相性がよくない人

  • 自分以外にも管理を頼める親族がいる人
  • 業者にお墓参りを任せるのは納得できないという人
  • お墓を受け継がず、別の形での埋葬を検討している人

上記の通り、お墓参りを業者に依頼することについて自身が心情的に納得している必要があります。また、家族で意見が分かれる可能性もあるため、サービスを利用する前によく家族や親戚と相談した方がいいでしょう。そして、お墓参り代行を頼むのではなくお墓そのものを受け継がないという選択肢があることも忘れてはいけません。最近では、お寺の納骨堂に合祀して永代供養を頼んだり、樹木葬や散骨をしたりする人も増えてきています。お墓を持たないという選択肢が一般的になりつつあるのです。中には、先祖代々のお墓を撤去し、新しく現在の住まい付近にお墓を設け遺骨を引っ越しする改葬を決心をした人もいます。お墓参り代行サービスを利用するよりも、思い切って改葬をしてしまった方がよい場合もあるということです。よく検討して答えを見つけましょう。

関連記事:改葬の流れ | お墓から納骨堂に改葬する場合の手順と注意点

 

お墓参り代行サービスの料金相場

お墓参り代行サービスは、多くの場合いくつかのコースを用意しています。色々なことをやってもらうともちろん料金がより高額になります。ある程度の相場を知っておきましょう。

  • お墓の状態確認…3,000円~7,000円
  • お墓の現状確認のみの場合。その時の写真を撮って送ってくれる。

  • ごく簡単なお墓周りの清掃とお参り…7,000円~1万円
  • お花やお線香のお供え。水鉢や線香台のみの掃除。

  • 基本的なお墓の清掃とお参り…1万円~1万5,000円
  • 墓石の拭き掃除など。

  • 徹底的なお墓の清掃、クリーニング+お参り…2万円~4万5,000円
  • 上記に加え専門業者による墓石クリーニングも。

※お花やお線香の代金を含む

上記のように「ひとまず状態だけ確認してきてほしい」という依頼から墓石のクリーニングまでオーダー可能です。まずは安いプランからはじめ、その上で担当者が信頼できれば、追加で清掃やお参りを頼んでもいいでしょう。オプションでお墓の修繕や除草剤散布を行っているところもありますので、お墓の状態次第で利用してみてください。

 

まとめ:お墓参り代行サービスは、利用を検討する価値が十分ある

お墓参り代行サービスは、かつての常識からすれば考えられなかったサービスではないでしょうか。業者にお墓参りを頼むことに否定的な人ももちろんいることでしょう。しかし、何もせずにお墓を朽ち果てさせてしまうよりは、信頼できる業者にお墓参りを任せた方がいいという意見も存在します。「最近、お墓参りに行けていないな」「このままだとお墓を荒れさせてしまうかも」という人は、お墓参り代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:お墓参りの作法 | 意外と知らない?お墓参りの流れと注意点

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

お葬式から納骨までの日数や簡単な流れ

大切な家族や親族が亡くなると、お葬式や火葬、そして納骨するまであっという間に時間が過ぎます。特に、お葬式から火葬までは喪主にとっては慣れないことも多く、慌ただしく落ち着きません。そこで、ここでは人が亡くなってから遺骨を納骨するまでにかかる日数や流れを説明します。

お墓ディレクターとはどんな仕事?何をしてくれるの?

「お墓ディレクターのいる店」という緑色ののぼりを掲げた石材店を見かけたことはありませんか。また、HPに「お墓ディレクターがご案内します」と書かれているのを見たことのある人もいるでしょう。お墓ディレクターって何?という人のために、お墓ディレクターの資格や仕事について解説します。

無葬とは?直葬密葬との違い

無葬とは?直葬・密葬とは何が違うのか

現在、家族の在り方が様々な形に変化している中、葬儀のスタイルも多様化しています。最近の葬儀の形としては、家族葬、密葬、直葬などが注目されています。更に、皆様は「無葬」という言葉を耳にしたことがありますか?無葬とは、葬儀などの儀式をせず、また火葬にも誰も立ち会わないようなスタイルです。密葬や直葬に似ていますが、この注目され始めた「無葬」についてご紹介したいと思います。

骨壷のサイズは何種類?東日本と西日本で大きさが異なる理由

火葬後の遺骨を納めておく骨壷。この骨壷にはいくつかのサイズがあるのをご存じでしょうか。また、地域によってサイズが違うこともあるようです。人の骨の数はみんな同じで、そこまで骨の大きさは変わらないはずなのになぜ骨壷のサイズが違うのでしょうか。

お焚き上げって何をするの?

大事な人が亡くなった後に行わなければならない手続きや、遺品整理について調べていると、「仏壇・遺影のお焚き上げを承ります」などといった文面が目につきます。そこで初めて「お焚き上げ」を知る人も多いことでしょう。お焚き上げとは具体的に何をするものなのか、誰に依頼すればよいのかについて解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ