MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 仏壇は必要?不要?現代における役割とは

仏壇は必要?不要?現代における役割とは

仏壇が生まれた時から家に置いてある、毎日仏壇にお供えもしているという日本人は多いでしょう。しかし、現代では仏壇は不要だ、お参りはお墓だけでよいと考える人も増えてきているようです。また、必要だと思っていても、仏壇を買うのはお金もかかる、置く場所もない、ということから無くても困らないのではと悩んでいる人も多いことでしょう。そこで、改めて仏壇の必要性とはなにか、仏壇とはどのようなものなのかに、そして仏壇が不要であると考える理由などについて説明していきます。

仏壇,納骨堂,仏壇 不要,仏壇 必要


仏壇とは、本来仏様を祀る壇のこと

仏壇とは、多くの人にとっては亡くなった親族やご先祖を祀り、交流をする場となっているかと思います。ですが、本来の仏教における仏壇の意味とは、その名の通り仏様を祀る壇のことで、もちろん寺院の中にもあります。その寺院にあるものの代わりとして家で祀ることができるようにと作られたのが、自宅用の仏壇なのです。一般庶民が家に仏壇を置くようになったのは、江戸時代の寺請制度(すべての民衆が寺院に属し仏教徒であることを証明する制度)からとされています。明治時代にはその寺請制度は消滅しましたが、今でも多くの家庭に仏壇が置いてあります。

 

仏壇の多様な役割とは

ここでは仏壇の現代における役割について挙げていきます。

仏壇は、家の中のミニチュア寺

前項で述べた通り、仏壇とは仏様のご本尊(仏像等)を祀る壇のことを指し、自宅にある仏壇だけを指すものではありません。そのため、親族で亡くなった人がいるかどうかは関係なく、誰でも自宅で仏様を祀ることができるように、お寺の代わりとして作られました。そのため菩提寺(自分が属する寺)には遠くていけない、毎日拝みたい、という人のための心のよりどころ、という役割があります。

仏壇は、亡くなった人との対話の場

多くの人にとっての仏壇は宗教的な祭壇としてではなく、亡くなった家族を想い出す場所、供養する場所として捉えられていることが多いでしょう。というのも、多くの家庭では仏壇にはご本尊だけではなく、故人の位牌が飾られていて、仏様にというよりはその故人に手を合わせるのではないでしょうか。毎日手を合わせて日常の出来事を報告したり、大切な報告をしたりという場にしている人も多いでしょう。

仏壇は、死の悲しみを乗り越える場所

大切な人が亡くなった直後は、気持ちが切り替えられず日常生活が送れない、悲しみが消えずにいつまでも落ち込んでしまう、という人が多いでしょう。そんな時に仏壇があると、故人を近くに感じられたり、見守ってくれている気がしたりします。そうして故人を心に感じながら徐々に悲しみを乗り越えることができるのです。

先祖へ感謝をし、子どもへと伝えていく場

私達がこのようにして生きていられるのは先祖があるからです。仏壇で手を合わせることで先祖への感謝、生きていることへの感謝をすることができます。また、改めて家族との繋がりを再確認することもできるでしょう。さらには子供がいる家族においては、一緒に仏壇の前で手を合わせることで、家族や先祖とはどのようなものなのか、死とはどのようなものか、を伝える場としても役立つでしょう。

お墓参りの代わり

一番理想的なのは、こまめにお墓参りして、亡くなられた人や先祖を供養することです。しかし、お墓が遠い場合、仕事や家庭の事情で、実際に難しいのが現状です。そこで、仏壇をお墓参りの代わりにすることもできます。仏壇は本来、仏教の各宗派のご本尊を拝む場所であり、お墓の代わりになるものではありません。しかし、厳密に決められているわけではなく、人それぞれの価値観や考え方によるものであるため、昔の慣習やならわしに縛られることなく、お墓参りの代わりとして拝むのもよいでしょう。

 

仏壇はなくてもよい?理由と見解

仏壇は昔から自宅にあり無くてはならない存在だと考える人と、仏壇は無くても故人の供養はできると考える人がいます。仏壇の現代の役割については前項で述べましたが、この項では反対に仏壇が無くても良い理由やその見解について紹介します。冒頭から述べている通り、仏壇には本来の意味である仏様を祀る祭壇、という意味と、現代における故人や先祖を位牌とともに祀る祭壇という2つの意味があると考えられます。その2つに分けて、仏壇が無くてもよい理由を述べていきます。

1 宗教的意味での仏壇が無くてもいい理由「仏壇が無い=信仰心が無い、わけではない」

そもそも本来の仏壇は各寺院に存在しているため、各家庭に用意する必要はないと考えることもできます。仏様を拝みたい、お祈りをしたいと思えば、寺院に訪れればいいわけです。仏壇がない=信仰心がないというわけではありません、むしろ、直接お参りにいく人の方が信仰心が強いとも言えるでしょう。

2 故人の供養としての仏壇が無くてもいい理由「仏壇が無くても故人の供養はできる」

家族が亡くなった際に、仏壇を用意して位牌や遺影を飾るという人は多いのではないでしょうか。逆にそのように供養をしていないと罰当たりだと考える人もいると思います。ですが、元々の考えとして故人の魂はお墓にあり仏壇にはありません。そのため、仏壇を用意していないからといって供養ができない、故人が成仏できないということはありません。仏壇が無い代わりにしっかりとお墓参りに行けば故人の供養になるのです。

 

ここまで、現代における仏壇の意義と、仏壇が無くても構わない理由について紹介しました。仏壇が必要であるという人の意見、必要でないという人の意見、どちらが正しいというものではなく、自身の考えに合わせて仏壇を用意するかしないかを決めるのがいいでしょう。

 

仏壇にはどのような種類があるの?

仏壇の必要性を感じて購入しようと考えている人向けに仏壇の種類について紹介します。必要だとは感じつつも家に合うものがない、予算と合わないという人もニーズに合わせたタイプも紹介するので必見です。

金仏壇 80万~150万

金仏壇

出典:ひだまり仏壇

金箔で装飾された黒塗りの仏壇で、仏壇と聞くと真っ先にこのイメージが浮かぶかもしれません。価格も高めで80万円から大きな仏壇になると、100万円台となります。浄土真宗では基本的に仏壇は金仏壇ではないといけないというルールがあるためこちらを選ぶ人が多いようです。

唐木仏壇 50万~120万

唐木仏壇

出典:仏壇・仏具・位牌のメモリアル仏壇

唐木は「からき」と読み、木の木目を活かした仏壇で、金仏壇より費用が抑えられます。仏壇で使われる木は非常に硬く、重いものが使われます。仏壇に使われる木のおもな材質としては、

  • 黒檀(こくたん)
  • 紫檀(したん)
  • 鉄刀木(たがやさん)
  • 花梨(かりん)

などがあります。

家具調仏壇

家具調仏壇

出典:こころあ堂

従来の仏壇といえば先述のような金仏壇がイメージされますが、今は洋室も多くなり、昔ながらの伝統的な仏壇は、部屋にミスマッチとなり置きたくないという人が増えました。そこで、洋室に合う仏壇、一見仏壇に見えないオシャレな家具調の仏壇が人気を博しています。家具調仏壇の値段の相場はデザインや大きさによって様々です。

コンパクト・ミニ仏壇

ミニ仏壇

出典:モダン仏壇の通販 ルミエール

現代の住宅事情にあわせて、省スペース型のスマートな仏壇も普及しています。特にマンションに住んでいる人に人気なようです。また、タンスの上やラックの上における、移動や掃除が楽にできる小型の仏壇もあります。

 

おわりに:仏壇は必要に応じて用意する

仏壇とは本来仏様を祀るものと紹介しましたが、現代の人々にとっては故人や先祖を想い出す大切な場でもあります。しかし、必ずしも仏壇がなくてはいけないわけではなく、また仏壇を用意しないからといって先祖に顔向けができないといったわけでもありません。今回紹介した仏壇の役割や仏壇以外での先祖・故人の供養方法を参考に、自身の考えに合わせて仏壇が必要か否か考えてもらえればと思います。

 

関連記事:仏壇の処分はどうすればいい?捨てるまでに行う手順や費用

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

骨壷のサイズは何種類?東日本と西日本で大きさが異なる理由

火葬後の遺骨を納めておく骨壷。この骨壷にはいくつかのサイズがあるのをご存じでしょうか。また、地域によってサイズが違うこともあるようです。人の骨の数はみんな同じで、そこまで骨の大きさは変わらないはずなのになぜ骨壷のサイズが違うのでしょうか。

月命日とは

月命日とは?命日との違いや供養を続ける期間

家族が亡くなってからしばらくは、月命日にお墓参りに行ったり、菩提寺の僧侶にお経をあげに来てもらったりといったことを行っている家もあるでしょう。しかしこの「月命日(つきめいにち)」とはどういう意味で、いつまで行うものなのか、ご存じでしょうか。ここでは月命日の意味や供養を続ける期間、お経をあげてもらうための準備やお布施について解説します。

神葬祭

神道の葬祭儀式「神葬祭」とは?葬儀から埋葬まで を解説

神道の埋葬方法について、どれくらい知っているでしょうか?日本は仏式による供養や埋葬方法がほとんどのため、家系が神道でないとなかなか知る機会がありません。しかし、伝統的な日本の宗教である神道がどんなものなのか知りたいとは思いませんか。今回は、神道の葬儀の流れや埋葬方法について、説明していきます。

お墓は相続税の対象にならない?その仕組みと注意点

お墓は相続税がかからない。そう耳にしたことのある人は少なくないでしょう。その通りではありますが、お墓に相続税がかからないようにするには、タイミングといくつかの注意点があります。ここではお墓の相続税の仕組みと、注意点について紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ