MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 体験談・ランキング > 納骨堂購入体験③~気軽にお墓参りができる、アクセスのよい都会のビル型納骨堂~

納骨堂購入体験③~気軽にお墓参りができる、アクセスのよい都会のビル型納骨堂~

近年人気を得つつある納骨堂。都心では新しい納骨堂が続々とオープンしていますが、実際にどのような人々が納骨堂を購入されているのでしょうか。今回は東京のロッカー式納骨堂を購入したSさんにインタビューを行いました。家族で使用するために購入したそうで、お参りに行きたくなったらすぐに行けるカジュアルな雰囲気が気に入っているようです。


納骨堂とは?主流は屋内ビル型

納骨堂とは、土や墓石の下に収蔵する通常のお墓とは違い、遺骨を安置するお堂(施設や建物)のことを指します。元々は、お墓に埋葬するまでの間に遺骨を暫定的に預けておく所=納骨堂でありましたが、現在では通常のお墓と同じように人々に捉えられ、参拝スペースや仏壇が設けられた納骨堂が増えています。さらにはここ数年、自動搬送式という最新式のシステムを使った納骨堂も人々のニーズに合わせて増えているようです。

関連項目:納骨堂の種類|納骨堂辞典

 

納骨堂の購入体験

今回納骨堂の購入体験談をお寄せいただいたのはお母様のお墓を購入されたSさん。都内のロッカー式納骨堂を購入した経緯や、納骨堂を選んだ理由などを聞いていきます。

購入者のプロフィール

  • お名前:Sさん
  • 性別:女性
  • 子どもの有無:無
  • 兄弟姉妹:無
  • その他特筆事項:
  • お墓に入る故人が生前、親族のお墓には入りたくないという希望であったので新しいお墓を建てることになりました。

 

納骨堂というお墓のタイプを選んだ理由

突然、新しいお墓が必要になり、葬儀屋さんに相談したところ、納骨堂というタイプのお墓の紹介を受けたことがきっかけです。それまでは納骨堂の存在を知りませんでした。普通のお墓だと以下のような懸念点があったので、納骨堂に決めました。

      

  • 宗教の縛りがある
  • 初期費用・管理費が高い
  • 寄付を求められる
  • きちんとした法事などを行う義務が生じてしまう
  • 自宅から近隣で条件にあったお墓を探すことが難しい

 

納骨堂のタイプはロッカー式。いつでも気軽にお参りできることが魅力

購入した納骨堂の概要

  • 場所:東京都港区
  • お墓のタイプ:お墓のタイプ 家族墓2、3人まで入れるタイプ/ロッカー式 棚になっているもので、自動式ではありません
  • 見た目:大き目な下駄箱に、一か所ずつふすまのような蓋がついています
  • 金額:お墓の費用100万、年間管理費1万

この納骨堂に決めた理由

  • 初期費用・管理費用が安い
  • 駅から近く都心に位置している
  • 法事やお寺の行事への参加が厳しく求められない
  • 宗教的にうるさく言われない
  • 雨の日でも、好きなタイミングでもお参りしやすい立地
  • 住職が柔軟な考えを持つ
  • お寺の住職さんが、多種多様な考え方に理解があったことが一番の決め手でした。戒名も不要で、初期費用も抑えられました。

 

お墓の検討から購入までの流れ・経緯

考え始めた時期は、四十九日までにはどうにか準備しないといけない、とお葬式の時から考えていましたので、納骨堂を紹介されてからは、すぐに決断しました。その後、同じ敷地内の納骨堂から今の納骨堂に新しく建てることを住職から提案され、移転をしました。移転を決めたのは、金銭面でも移転前50万と移転後の料金50万を合わせて100万円とのことだったので、よりよい施設の方に移転を決断した次第です。

 

購入した納骨堂の良いと思う点

こちらの納骨堂では故人と共通の友人知人達と、好きな時に好きなタイミングで待ち合わせをして気軽に会うことができます。お参りするところは、納骨されている棚の前ではなく外の仏さまに手を合わせるので、お花やお線香の用意も不要です。(お花は枯れないお花が飾ってあり、お線香は備え付けがある)手ぶらで、ジーパンで、行きたくなったらすぐにいけるカジュアルな感じが良いと思いました。

また、外のお墓のような掃除が不要で、お手洗いも完備、お茶も出していただける、室内なので天候に左右されず参拝できる、など設備・サービスが整っている点も魅力的でした。親族が最後誰もいなくなり、管理費の支払いが滞った際にも、そこから何年かたったのち、ちゃんと供養(後処理)をしていただけるのも安心です。

 

納骨堂を検討している人へのメッセージ

自分に合ったお墓は必ずどこかに存在しています。ペットと一緒に入りたい、配偶者には内緒で、愛人へのお墓を探しているなど、イレギュラーな事情をお持ちの方も対応してくださるところもあります。住職やスタッフさんに、ストレートに伝えてみると良いのではないでしょうか。また、お墓は入る人のためもありますが、残された方が訪れて、心を整えていく場所でもあります。残される方も、年齢を重ねると遠い所への参拝は、難しくなるでしょう。交通の便は大切です。あとは、管理がお任せできて、維持費がかからないところも大事です。寄付金があるなしは、大きな負担になります。きちんと調べられた方がよいでしょう。

 

Sさん、インタビューさせていただきありがとうございました。とにかく気軽に行けるという点がSさんにとっての購入された納骨堂の大きなポイントだったようですね。お墓は故人の供養のためのものではありますが、残された人が気持ちよくお参りできるような環境であることも重要であるということが分かります。これからお墓を購入しようとしている人は、お墓の見た目や形態だけでなく、長年に渡ってお参りするということも加味して検討していくのがおすすめです。とにかく気軽にお参りがしたい、費用が抑えめがいい、という人は一度納骨堂をお墓の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:納骨堂購入者の体験談|金蔵寺・永代供養墓を購入した60代男性の場合

関連記事:納骨堂購入者の体験談②~お参りのしやすさがポイント~

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

納骨堂体験談④

納骨堂購入体験④~管理が楽なお墓を母が残してくれました~

納骨堂購入体験談の第四弾!納骨堂を購入された方にインタビューを行いました。みなさま納骨堂にかぎらず、お墓を購入するのはとても悩まれると思います。お墓を購入された人たちがどうやってお墓を決めたのか、なぜ納骨堂にしたのか、納骨堂の良い点悪い点など紹介しますので、ぜひお墓探しの参考にしてください。

ペットと入れる納骨堂

ペットと一緒に入れる納骨堂おすすめ5選 | 東京都偏

家族同然の存在であるペット。しかし、犬や猫など家庭で飼育できる動物のほとんどは人間よりも寿命が短いため、ペットの方が先に亡くなってしまいます。法律上、ペットの遺体は粗大ごみとして処分することも可能ですが、共に暮らしてきた家族をゴミ扱いすることはできないと考える人も多いことでしょう。そこで、そんなペット達に安らかに眠ってもらうためのペット墓地が最近人気です。今回は、死後もペットと一緒に眠りたいと願う飼い主に向けて、ペットと人間の遺骨が一緒に入れる東京の納骨堂を5つを紹介していきます。

お墓と納骨堂どちらが良い?タイプ別お墓選びのポイント

納骨堂は、一昔前までは身寄りのない人の遺骨や遺骨の一時預かり場所として利用されてきましたが、最近では参拝しやすいように工夫された小スペースながらもお墓として立派な機能をもつ施設が首都圏を中心に急増してきています。そこで悩むのが、従来型の石のお墓と納骨堂どちらを選んだらよいのか?ということ。今回はお墓と納骨堂のメリットデメリットを比べてみて、どんな人が納骨堂に向いているのかまたどんな人がお墓に向いているのかタイプ別に検証してみました。

納骨堂体験談⑤

納骨堂購入体験⑤~町で管理をする公営納骨堂~

お墓の購入を検討する時に納骨堂という選択肢を持っている人はいますか?最近では都心の土地不足対策としてビル型の納骨堂や機会式の納骨堂が毎年新設されています。ここ数年人気の納骨堂ですが、まだまだ墓石を使ったタイプのお墓が一般的です。ですが、実は地方によってはお墓といえば納骨堂が普通というところもあるのです。そんな地域で育った人の納骨堂購入にまつわるインタビューをお届けします。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ