MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 終活 > 看取りからお葬式、お墓まで。最近の介護施設事情がすごい!

看取りからお葬式、お墓まで。最近の介護施設事情がすごい!

もし最期を迎えるとき、あなたはどこにいると思いますか?自宅でしょうか、病院でしょうか、それとも老人福祉施設でしょうか。介護施設利用者が増え続ける高齢化時代において、今、死後のことまで引き受けてくれる施設があることを知っていますか。生前のお世話だけでなく、お葬式やお墓のことまでお任せできる介護施設があったら、とても安心ですよね。ここでは、介護のその先をケアしてくれる、最近の介護施設事情について紹介します。

看取り介護


施設内で「看取り」をしてくれる介護施設がある

今、介護施設の役割が拡張しつつあります。介護度が進んでしまった高齢者を、面倒を見ることができない家族のかわりに預かるという機能は、以前からありました。しかし今では、介護から一歩進んだその先をケアの対象にしている施設が増えています。多く目にするのが、「看取り」に力を入れている施設です。本人や家族、担当医師の了承のもと、最後には救急車を呼ぶことなく、家族や介護スタッフが見守る居室で静かな最期を迎えてもらうのです。すぐに医師や看護師が駆けつけられる老人福祉施設内だからこそ可能なことといえるでしょう。穏やかな看取りを行うためには、介護スタッフもそれなりの覚悟と知識、臨終期にある入所者の気持ちに寄り添うハートを身につけなければなりません。よって、施設の売りとして「看取りケアプラン」を掲げている施設があったら、「最期まで安心して施設にいられる仕組みが整っていて、そのために訓練されたスタッフがいる」と判断してよいでしょう。

 

施設内でお別れ会をしてくれる介護施設がある

施設内で看取りを行うだけではなく、葬儀まで行ってくれる介護施設も登場しています。老人福祉施設はあくまで生きている人が居住するためのものなので、葬儀ができることをメリットとして大々的に広報している施設はなかなかありません。しかし、実際には、看取り後にそのまま居室でお焼香ができ、出棺までにささやかなお別れの場を設けることができる施設が意外とあるのです。なかには、専用の部屋を設け、葬儀社と提携してお別れ会を行うところもあります。会葬者は主に施設内の友達で、葬儀場に出向くことがないため楽に移動でき、介護担当者も休憩時間にお焼香できるため、最後に別れを告げたい人たちにとっても便利です。施設は、いわば第二の自宅です。自宅で看取られ、自宅でお世話になったみんなに別れを告げられながら旅立つことは、多くの日本人が理想としてきた姿でしょう。身寄りのない人や、家族が遠方にいて施設周辺の葬儀施設を探せないといった場合にも有効です。

 

希望すれば施設が契約しているお墓に入れる介護施設がある

共同墓地を持っている施設もまた、各地に誕生しています。共同墓地とは、複数の入所者が集まってまとめて購入・管理する墓地のことをいいます。この場合、施設が複数の区画をまとめて買い上げ、施設入所者の共同墓地として管理しています。身寄りがない人でも、共同墓地のある施設に入居すれば、死後もお墓の心配がありません。共同墓地のスタイルは施設によってさまざまです。個別の小さなお墓を設け、数年経ったら供養塔などへ他の遺骨と一緒に納骨される形もあれば、初めから供養塔などへ納骨される形もあります。生きている期間よりもずっと長くいることになる「終の棲家」ですから、共同墓地がどんなスタイルかをきちんと確認してから入居を決めたいものです。

 

施設に死後のことを依頼するときの注意点

施設に死後のことを依頼するときには、必ず子どもなど相続人たちと話し合い、家族みんなが納得したうえで契約を結びましょう。なぜなら、施設に葬儀やお墓のことを任せるということは、本人の死後にその財産を使ってもらうということになるからです。2013年には、徳島県の特別養護老人ホームで、亡き入所者の預貯金に絡んだ事件が起こっています。亡くなった入所者3人の預貯金から、合計850万円を納骨寺院にお布施していたというのです。この施設は、財産相続の手続きをとっていなかったこともあり、県から改善勧告を受けました。もしも自分の母親が介護施設で亡くなったとして、葬儀のプランもお墓のことも自分のあずかり知らぬうちに決められてしまっていたとしたら、どんな気持ちになるでしょうか。「施設にうまく言いくるめられて、葬儀費用やお墓の費用を預けてしまった」などといった、悔しい気持ちになるかもしれませんよね。死後のトラブルを避けるためにも、施設だけではなく、家族ともしっかり打ち合わせをしておきたいものです。

 

まとめ

看取り期や死後のことまでお任せできる、最近の介護施設事情をお伝えしました。子どもがいないなど、亡くなっても預かり先のない高齢者はこれからますます増えてくることと思われます。死後の不安を抱えた人でも、安心して身を寄せられる介護施設が、全国に増えつつあります。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

エンディングノート,遺言

エンディングノートの準備できれいなお別れを。遺言書との違いは?

エンディングノートとは、高齢になった人が終末期に備えて自分の希望を書き記しておくノートです。例えば、自分が亡くなった時、高度な障害状態に陥ってしまった時、認知症などで判断力がなくなってしまったときのために、自分に関することの希望を事前に書いておきます。エンディングノートには何を書いておけば良いか、遺言書との違いは何かなど詳しく解説します。

終活を考える年配の男性

終活とは?死をタブーにしない前向きな活動

自分の死を考えることは、本来ならば誰もがあまり気が進まないことでしょう。しかしそんな自分の「死後」について前向きに考え向き合う活動である「終活」が昨今空前のブームとなっています。終活とはどのようなことを考え活動することなのか、ここでは詳しく紹介します。

終活セミナー

終活セミナーとは?何を教えてもらえる?

終活セミナーとは、人生の終わりのための活動「終活」を学ぶためのセミナーです。しかし一口に「終活」といってもその内容は多岐に渡るため、セミナーではその中の一部や何が必要なのかを学びます。ここでは、そんな具体的な終活セミナーの内容と自分に必要な「終活セミナー」は一体どんなものなのかを紹介します。

遺影はいつ作る?

生前に遺影を準備しておく人が増えてきました。葬儀社などが主催するイベント内で、「プロによる遺影撮影」が行われることも多いようです。遺影を作っておきたいと思いながら、タイミングに悩んでいませんか。遺影を作るのにふさわしいタイミングについて解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ