MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 終活 > 終活とは?死をタブーにしない前向きな活動

終活とは?死をタブーにしない前向きな活動

自分の死を考えることは、本来ならば誰もがあまり気が進まないことでしょう。しかしそんな自分の「死後」について前向きに考え向き合う活動である「終活」が昨今空前のブームとなっています。終活とはどのようなことを考え活動することなのか、ここでは詳しく紹介します。

終活を考える年配の男性


終活とは?

終活とは、どのように人生の終わり(死)を迎えたいかを考え、その日に向けて前向きに活動することを言います。2009年に週刊朝日で記載された「現代終活事情」という記事によると、終活という言葉が世に出たとされています。当初は、残された家族に迷惑をかけないよう、自らお葬式やお墓の準備をすることを「終活」と捉えていましたが、2011年に起きた東日本大震災以降から日本全体が死を強く意識し、その死に向けてどう生きるかが大切と考えるようになり、終活の意味合いが今に至りました。

その後、2012年に発表されたユーキャン新語・流行語大賞で終活がトップ10入りしたことで、より多く人が認知するきっかけとなり、今、高齢者を中心に注目が集まっています。最近では芸能人がメディアで「終活をしている」と告白することもあり、若者の認知度も上がっているでしょう。

 

終活がなぜ盛んなのか?その社会背景とは?

かつて家族の問題だった「死」が、いつしか、夫婦の問題になり、今や個人の問題となりました。少子高齢化が進む日本では、配偶者と死別した高齢者、未婚の中高年、子供がいない夫婦が増え、家族のあり方に変化が見られるようになったのです。以前は家で最期を迎えた後は配偶者や子供たちが葬儀やお墓の手続きを行うことが普通でした。しかし、配偶者や子どもがいない場合はその後の手続きをしてくれる人がだれもいません。遠縁の親戚が行うか、自治体が行うかとなります。また、子どもがいても一人や二人の場合は金銭的、精神的負担が分散されず、残った遺族に迷惑をかけてしまうこともあります。残された家族に負担をかけないように、人生の終わり方は自分で考え、自分で選ぶ時代です。就活は今の社会で生きる上で、大切な活動なのです。

 

終活の内容

人生の終わりに向けて活動するには、どのようなことをすればよいのでしょうか?代表的な就活の内容について紹介します。

遺影の撮影

かつては不吉なものとしてタブー視されてきた生前撮影。最近では、遺影写真こそ良い写真を残したいと、生前撮影される人が増えました。中には、メイク、衣装にこだわり、1時間以上もの撮影にのぞまれる人もいるそうです。

エンデイングノート

死を迎えるにあたり、家族に希望や思いを綴っておくノートをエンデイングノートと言います。内容は、遺言、銀行口座の情報、保険の情報、ブログ・SNSの後処理方法、葬儀の希望、自分史など多岐に渡ります。

荷物の整理

残す必要のないもの、残っては困るものを生前に整理します。自ら整理することで、残された家族の負担が減り、形見分けの際にも助かります。

葬式の準備

最近では、生前予約を受け付けている葬祭業者も増えてきました。子供がいないなど、お墓の継承が難しい場合は生前のうちに、納骨堂や樹木葬などの永代供養に改装しておくと良いでしょう。

 

終活のメリット

これまで生き方や家族の有無などによって違いますが、終活を行うことで下記のようなメリットが考えられます。

今を見つめ直すことができる

人生の終わりを意識し、自分自身を見つめ直すことで、今の自分に何が大切で、何が不必要かを明確に分かるようになります。日々抱えていた不安や悩みが晴れ、気分がスッキリします。

残された家族の負担を減らすことができる

残された家族の心理的、経済的負担を軽減させることができます。また、家族を意識し、家族とともに過ごす時間をより大切できます。

残された時間を大切に生きることができる

残された時間をどう生きようかを考えることで、1日1日を大切に、深みを持って生きることができます。また、生きている間にかなえたいことが明確になり、より生きることへの力が湧いてきます。

 

終活は思い立ったら始めるべし

終活を始めるタイミングなどありません。思い立ったらすぐに行動に移してみましょう。何から始めていいか分からない方は、全国で行なわれている終活セミナーに参加してみてはいかがでしょうか?お墓の悩みやペットの相談など、専門家が終活について詳しく教えてくれるでしょう。終活は、今の自分を知り、家族を思い、豊かな未来へ歩みだす力となります。この機会に、終活してみましょう。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

エンディングムービー

エンディングムービーを制作し、自分の姿や声を残そう

エンディングムービーは、終活の一環として近年注目されています。人生の集大成であると同時に、周囲の人々へ向けてのメッセージでもあり、葬儀に組み込まれることも増えてきているのです。ここでは、エンディングムービーの特徴や活用方法について解説します。

エンディングノート,遺言

エンディングノートの準備できれいなお別れを。遺言書との違いは?

エンディングノートとは、高齢になった人が終末期に備えて自分の希望を書き記しておくノートです。例えば、自分が亡くなった時、高度な障害状態に陥ってしまった時、認知症などで判断力がなくなってしまったときのために、自分に関することの希望を事前に書いておきます。エンディングノートには何を書いておけば良いか、遺言書との違いは何かなど詳しく解説します。

看取り介護

看取りからお葬式、お墓まで。最近の介護施設事情がすごい!

もし最期を迎えるとき、あなたはどこにいると思いますか?自宅でしょうか、病院でしょうか、それとも老人福祉施設でしょうか。介護施設利用者が増え続ける高齢化時代において、今、死後のことまで引き受けてくれる施設があることを知っていますか。生前のお世話だけでなく、お葬式やお墓のことまでお任せできる介護施設があったら、とても安心ですよね。ここでは、介護のその先をケアしてくれる、最近の介護施設事情について紹介します。

葬儀にかかる費用

葬儀にかかる費用の平均は195万円!その内容と費用を抑えるコツ

葬儀というと、「お金のかかるもの」と思っている人も多いでしょう。確かに、人生最後の儀式であるお葬式は、結婚式と同様、多くのお金が出ていくものです。葬儀には一体、何にいくらお金がかかるのか、費用を抑えるにはどうすればよいか、平均費用を参照しながら解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ