MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 分骨とは?

分骨とは?

地元を離れて暮らす人が多くなるにつれ、なかなかお墓参りに行けないという悩みが増えてきています。その解決策の一つとして「分骨」が注目されています。ここではそんな分骨の意味や目的、分骨の手続きについて詳しく紹介します。


分骨の意味

 分骨とは、遺骨を二ヶ所以上の所に分けることです。分けた遺骨の行方は様々で、自宅近くの墓地・納骨堂に納骨する人もいれば、自宅に小さな仏壇を用意して分骨した遺骨を供養する人、ペンダントなどに遺骨や粉骨したものを入れ、手元供養を行う人もいます。
一説では、分骨をすると魂が分かれてしまって成仏できない・生まれ変わった時に五体不満足になるなど、縁起が悪いといった噂もあります。しかし、これは根拠のない迷信です。かの有名な文豪・森鴎外は東京都三鷹市の禅林寺に眠っていますが、その一部が分骨され、森鴎外の生地である島根県津和野町にある永明寺にもお墓があるそうです。

 

分骨を行う4つの理由

分骨を行う理由その1:遠くにあるお墓の遺骨を近場に移し手厚く供養するため

 地元から遠く離れて暮らしている場合や墓地が不便な場所にある(交通アクセス、険しい坂道など)人は、年に1回もお墓参りができないことが多くあります。そんな人のために、遠くのお墓に入っている遺骨を分骨し、分骨した遺骨を自宅近くの墓地・納骨堂に納骨したり、自宅で手元供養をすることで、これまでよりも手厚い供養を行うことができます。
ちなみに手元供養とは仏壇ほどの装備ではないものの、遺影・お線香立て・お花立て・ロウソク立て・おりんを用意し自宅で供養することです。また、ブレスレットやペンダントに遺骨を少量入れ肌身離さず一緒に過ごすという方法も人気を集めています。

 

分骨を行う理由その2:長男以外の子どもが親と一緒にお墓に入るため

 先祖代々から継承しているお墓は、一般的に長男が引き継ぐものとされています。つまり、長男以外の子どもは自分でお墓を建てたり、嫁ぎ先のお墓に入るため、両親とは一緒のお墓に入れないことが原則です。そのため、長男以外の子どもが両親と一緒にお墓に入りたいという希望や、子どもがそれぞれに建てたお墓で両親の遺骨もそれぞれ供養を行いたいといった希望がある場合、遺骨を分骨することができます。

 

分骨を行う理由その3:信仰している宗派の本山に納骨するため

 生前に特定の宗派を深く信仰している場合、その宗派の総本山・大本山・本山に遺骨を分骨して納骨したいと希望する人もいます。また、地域によっては古くからの慣習として、分骨した遺骨を総本山に納骨することもあるようです。分骨して本山へ納骨することを本山分骨と言います。ちなみに、本山分骨のほとんどが合祀(ごうし)による納骨ですので、合祀後の遺骨の返還はできません。

 

分骨を行う理由その4:遺骨の一部を散骨したいため

 散骨とは遺骨を粉状にして海や山に撒くことです。まさに自然に還ることができるというロマンが魅力で生前から散骨を希望する方もいます。しかし、残される家族としてはお参りがしにくい・跡形もなくいなくなってしまったという気持ちになるため、遺骨を分骨し、一部を手元供養用として残したうえで散骨をする人が多いようです。こうすることで散骨を希望する本人と、故人との繋がりを持ちたい家族の希望を叶えることができます。

 

分骨の流れ

 分骨は基本的にいつでも行うことができます。しかし、手続きや費用の面から考えると火葬直後に分骨をすることがおすすめです。分骨の手続きを埋葬前と埋葬後によって少し異なります。

 

分骨の流れ:埋葬前(火葬直後)

 事前に葬儀会社へ分骨したい旨を伝えておきましょう。そうすると火葬後のお骨上げの時に分骨ができます。遺骨を入れる骨つぼはご自身で準備します。急なことですぐには準備しにくいかもしれませんが、骨壺はネット通販でも購入できます。サイズは卵くらいのものから手の平サイズの物まで、デザインも豊富です。落ち着いてからでも良いのでお気に入りの骨つぼを見つけ、故人を供養しましょう。
分骨後、自宅ではなく墓地や納骨堂に納骨する場合は「火葬証明書(分骨用)」が必要になります。火葬場での発行になりますので忘れずに必要枚数をもらいましょう。各自治体で異なりますが1枚数百円で発行してもらえるそうです。

 

分骨の流れ:埋葬後

 納骨したところの管理者(お寺など)に分骨可能かを確認します。分骨可能であれば管理者より「分骨証明書」を発行してもらいましょう。次に管理者が提携している石材店や墓石を購入した石材店へ連絡をし、お墓のカロート(納骨棺)を出してもらい分骨します。その際に閉眼供養・開眼供養が必要になる場合もありますので事前に管理者へ確認しておきます。閉眼供養・開眼供養はお布施として1~3万円が必要です。分骨後、墓地や納骨堂に納骨する時はその管理者に分骨証明書を提出し納骨します。

 

分骨する遺骨の部位は?

 ちなみに、分骨するの遺骨の部位に決まりはありません。一般的には喉仏を手元供養に分骨する方が多いです。
埋葬後に分骨する際、骨つぼの中から喉仏を見つける方法もあります(※火葬直後の際はお骨上げの担当者に聞けば教えてもらえます)。
まず、骨つぼの蓋を開け頭蓋骨を取り出します。取り出した後、上部中央にあるのが喉仏です。特徴は、①真ん中に丸い空洞があること②空洞の前後に丸い突起と平らな突起があること、です。なぜ喉仏を分骨する部位として扱われることが多いのかというと、その形が座禅をしている仏の姿と似ているからだそうです。

 

現代ではお墓の事情には家族や親族などに問題が複雑に絡んでおります。供養をしたいという切実な願いからの分骨は決して悪いことではないと考えます。家族としっかりと相談をしたうえで、分骨を行いましょう。


合わせて読みたい

お焚き上げって何をするの?

大事な人が亡くなった後に行わなければならない手続きや、遺品整理について調べていると、「仏壇・遺影のお焚き上げを承ります」などといった文面が目につきます。そこで初めて「お焚き上げ」を知る人も多いことでしょう。お焚き上げとは具体的に何をするものなのか、誰に依頼すればよいのかについて解説します。

納骨を行う時期は決まっている?どんなことをするの?

大切な方が亡くなり悲しみに暮れる中、火葬を済ませた故人の納骨はいつ、どんな時期までに行わなければいけないのでしょうか。急いだ方が故人にためなのでしょうか。ここでは納骨を行う時期や納骨式について紹介します。

手元供養とは

手元供養とは?遺骨すべてを保管するのは違法ではない?

亡くなった人をお墓に埋葬することは昔からのしきたりです。遺骨は一般的に四十九日を終えると埋葬されまが、最近では手元供養という新しい供養の形も見られるようになりました。手元供養とは遺骨を自宅に置いて供養するもので、自宅供養とも言います。今回はこの手元供養について解説します。

改葬(墓じまい・お墓の引っ越し)とは?流れ、費用、メリット・デメリット等

近年、高齢者が増え、子供が減るといった社会構造の変化とともに、お墓の考え方にも変化が見られるようになりました。墓地に墓石を建てる従来のスタイルから、納骨堂や樹木葬という管理に負担がかからない納骨場所を選ぶ人が増えきたのです。今や、ライフスタイルに合わせ、お墓を見直す時代です。それに伴い、既に存在しているお墓からの遺骨を移動をする「改葬(かいそう)」という言葉が注目されるようになりました。今回の記事では、改葬とは何か、今話題の墓じまいとともにその流れやメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

お墓と仏壇、どちらも必要?両方の意味を正しく知ろう

親が他界し、新しくお墓や仏壇を揃えなければならないとなると、かなりの出費になります。「仏壇とお墓は、どう違うの?」「もしかして、どちらかは必要ないの?」という疑問が湧き上がってくる人もいるでしょう。お墓と仏壇の違いを解説し、どちらかだけを買う場合の考え方についてお伝えします。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ