MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 骨壷のサイズは何種類?東日本と西日本で大きさが異なる理由

骨壷のサイズは何種類?東日本と西日本で大きさが異なる理由

火葬後の遺骨を納めておく骨壷。この骨壷にはいくつかのサイズがあるのをご存じでしょうか。また、地域によってサイズが違うこともあるようです。人の骨の数はみんな同じで、そこまで骨の大きさは変わらないはずなのになぜ骨壷のサイズが違うのでしょうか。


骨壷のサイズは何種類?

 骨壷のサイズは9種類もあります。

  • 2寸
  • 2.3寸
  • 3寸
  • 4寸
  • 5寸
  • 6寸
  • 7寸
  • 8寸
  • 尺寸

この「寸(すん)」というのは長さを表す単位で「1寸=約3.3cm」です。そして、骨壺においては円柱の直径を示しています。ですので、2寸の骨壷であれば直径6.6cmの壺です。ちなみに骨壷は1つ・2つ…と数えるのではなく、1口(こう)・2口…と「口(くち)」という漢字を「こう」と呼んで単位とします。

 

一般的な骨壷のサイズは7寸

 骨壷の一般的なサイズは7寸(直径21.7cm、高さ25.5cm)です。男女による差はありませんが、身長180cm以上の成人だと収まらない場合もあります。その時は8寸(直径25.2cm、高さ29.0cm)に収めます。8寸より大きい尺寸(直径31.5cm、高さ34.0cm)は、お墓のカロートスペースがいっぱいになって複数人の遺骨を1つの骨壷にまとめて入れたい時など複数人用として使われます。
 一般的なサイズを7寸としてご紹介しましたが、これは「総収骨」の場合です。総収骨とは遺骨を全て骨壷の中に収め、さらに収骨台に残った遺灰まで全部収める方法です。遺骨を全て収めない場合もあるの?と疑問を感じた方もいると思います。実は、日本は地域によって総収骨をしない場合もあるのです。

 

地域による骨壷サイズの違い

 日本では地域によって骨壷のサイズに違いがあります。ざっくりと分けると、東日本は7寸、西日本は3~5寸です。では、なぜこのような差が生まれるのでしょうか。先程、総収骨をしない場合もあると述べましが、ここに違いを生むポイントがあります。総収骨をしない場合は「部分収骨」といって主要な遺骨(足・腰・胸・腕・喉仏・頭)のみを収めるのです。総収骨に比べて収める遺骨の量が少ないので骨壷サイズが小さいものになります。つまり、総収骨の習慣を持つ東日本は7寸、部分収骨の習慣を持つ西日本は3~5寸と骨壷サイズに違いが出てくるのです。
 さらに詳しく部分収骨をみてみると、主要な遺骨のみでも喉仏用と喉仏以外用の2つの骨壷に分ける方もいらっしゃいます。喉仏は遺骨の中でも特に大切にされ、分骨の際に喉仏を手元に残す方もいるほどです。また、主要な遺骨以外の遺骨は、火葬場施設内の供養墓に納めます。
【関連記事】分骨とは?
ざっくりと東日本と西日本に分けましたが、西日本でも総収骨の習慣を持つ地域もあり、九州・沖縄がその例です。また、面白いことに四国でも徳島は部分収骨、香川・愛媛・高知は総収骨の習慣があるそうです。

 

手元供養用の骨壷サイズ

ミニ骨壺

 今話題の手元供養に使われている骨壺のサイズは、火葬後に使用する骨壺とは異なります。手元供養とはお墓に遺骨を納骨するものとは別に、分骨した遺骨の一部を手元に置き供養する方法です。
手元供養用の骨壷サイズには「寸」という決まったサイズはありません。片手にすっぽりと収まるサイズから両手で包みこむ程度のサイズがおすすめです。また、デザインや色、材質(ガラス、陶器、純金、純銀、天然木など)も様々です。例えば、香水瓶のように洋風でオシャレなもの、漆塗りに純金で模様をつけた和風のもの、マカロンのように丸くころんとしたガラスに淡いパステルカラーが透かしてあるかわいらしいもの、野球ボールそっくりの陶器製のものなどがあります。公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「GOOD DESIGN AWARD」に選ばれた骨壷もあり、豊富にある中から選ぶことができます。
あくまで自宅で供養するための骨壷なので決まりはありません。亡くなった大切な方を供養し、ずっと近くにいると感じることのできるような骨壷を選ぶのが良いでしょう。

 

 ひとくちに骨壷と言ってもサイズがあり、サイズが違う理由もあるのです。東日本・西日本の収骨スタイルの違いを初めて知る方もいらっしゃったのではないかと思います。しかし、東西に違いはあれども亡くなった方を大切にする気持ちは変わりません。
もし、手元供養をお考えでしたらインターネットでも簡単に見ることができますので、ご参考になさってもらえればと思います。


合わせて読みたい

永代供養とは

永代供養とは?多様化している永代供養の方法

永代供養は遺骨を遺族ではなくお寺などに管理してもらう供養方法です。
家族が亡くなれば遺族がお墓の管理をすることが一般的でしたが、今は遺族がお墓の管理をできなくなるケースも少なくはないため、永代供養という方法も取られるようになりました。しかし、一口に永代供養といっても様々な方法があります。遺族や故人に合った方法を選ぶことが重要と言えます。

年忌法要

命日に年忌法要ができない場合はいつやるのが適切?

仏式で葬儀を行った場合、一周忌、三回忌といった節目の日に法要を行います。これを「年忌法要(ねんきほうよう)」といい、故人の命日に親族が集まり、法要とお墓参りをするものとされています。しかし、さまざまな事情で命日に法事ができないことがあると思います。ここでは、命日に法事ができない場合、どのような日取りを選んだらいいのかを解説します。

納骨式では何をすればいい?納骨の流れと費用について

葬儀が終わると、待っているのが納骨です。四十九日や百か日など、法要の際に納骨式をする人が多いですが、最近では無宗教のため改まった納骨式はしないというケースも出てきています。「初めて納骨を経験する」という人のために、納骨の流れと費用について解説します。

法事とは何をする?法要との違い

法事とは何をする?法要との違い

四十九日、1周忌など、家族が亡くなると法事の機会が多くなります。「ところで、『法事』も『法要』もよく聞く言葉だけれど、意味は同じなの?」と疑問に思ったことはありませんか。「法事」と「法要」の意味の違いや、法事はいつどのように営むべきかをお伝えします。

仏壇,納骨堂,仏壇 不要,仏壇 必要

仏壇は必要?不要?現代における役割とは

仏壇が生まれた時から家に置いてある、毎日仏壇にお供えもしているという日本人は多いでしょう。しかし、現代では仏壇は不要だ、お参りはお墓だけでよいと考える人も増えてきているようです。また、必要だと思っていても、仏壇を買うのはお金もかかる、置く場所もない、ということから無くても困らないのではと悩んでいる人も多いことでしょう。そこで、改めて仏壇の必要性とはなにか、仏壇とはどのようなものなのかに、そして仏壇が不要であると考える理由などについて説明していきます。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ