MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 体験談・ランキング > 納骨堂のタイプ別メリット・デメリット

納骨堂のタイプ別メリット・デメリット

都心に近いお墓が高価でなかなか手が出ない現代において、アクセス良好で雨天でもお参りしやすく、通常のお墓よりも安価な納骨堂の存在が注目を浴びています。今では様々なタイプの納骨堂があり、比較検討するには時間がかかるようになってきました。そこで、納骨堂のタイプ別に、メリットとデメリットをまとめました。

納骨堂のタイプ別メリットデメリット


納骨堂のタイプは4つ

 納骨堂には大きく分けて4つのタイプがあります。1つ目はロッカーの一つひとつが個別のスペースになっている「ロッカー式」、2つ目は墓石が屋内に並んでいる「墓石式」、3つ目は仏壇が並んでいる「仏壇式」、4つ目は機械制御によって骨壷がお参りスペースに現れる「機械式」です。他にも個別のスペースが設けられず、大きな供養塔などに位牌や骨壷がずらりと並ぶ合葬タイプもあります。合葬タイプはなにより安価であることが魅力ですが、この記事では、あくまで個別にお参りができる4タイプを取り上げます。

 

ロッカー式納骨堂のメリットとデメリット

ロッカー式納骨堂

 

ロッカー式納骨堂のメリット

 鍵付きのロッカーに骨壷を入れて管理するロッカー式は、納骨堂としてはスタンダードな形とされてきました。小さな施設でもたくさんの個別スペースを用意できるため、比較的安価なのがメリットです。また、ロッカー内には私物を置くことができるため、故人の気に入っていた物品を一緒に置いてあげることができます。ただ、傷んで臭いを発するため食べ物の持ち込みには制限のある施設が多いでしょう。

 

ロッカー式納骨堂のデメリット

 デメリットは、やや殺風景に感じるところです。お参りをするというよりは骨壷を納めておく意味合いが強く、昔ながらの納骨堂においては、だいぶそっけない印象があることは否めません。また一昔前までは、納骨堂といえば身寄りがなく引き取り手のいない遺骨の行き先というイメージがありました。そのイメージのままの納骨堂はいささか寒々しい印象を受けてしまうでしょう。お墓参りの感覚を大事にしたいという人は、施設の雰囲気をよく確認し、比較検討することが大切です。

 

墓石式納骨堂のメリットとデメリット

墓石式納骨堂のメリット

 施設の中に墓石が並ぶ墓石式納骨堂のメリットは、何よりお墓参りの気分をそのまま味わえることです。それぞれの墓石は通常のお墓よりスマートで、敷地が狭くただ墓石があるのみですが、墓前に線香や花、お水を供えることができます(ただし場所によって火の元になる線香は禁止とするところもあります)。また、雨天時でも濡れることがないので、お墓参りの雰囲気を大事にしたい人にぴったりといえるでしょう。

 

墓石式納骨堂のデメリット

 デメリットは、通常のお墓の形に近いため、納骨堂としては比較的価格が高いことです。通常のお墓にかなり接近した金額となり、一墓あたり150万円以上となってしまうこともあります。そのため墓石式納骨堂を検討する人は、近隣のお墓の相場も調べて比較するのがいいでしょう。もしかしたら、納骨堂と同じような価格のお墓を見つけることができるかもしれません。

 

仏壇式納骨堂のメリットとデメリット

仏壇式納骨堂

 

仏壇式納骨堂のメリット

 上段が仏壇、下段が納骨スペースになっていたり、納骨スペースの前面に仏壇がしつらえられていたりするのが仏壇式納骨堂です。メリットは、仏が見守る荘厳な雰囲気のなか遺骨に手を合わせられることです。中に位牌を置くことのできるタイプもあるため、その場合はお墓と仏壇、両方の機能を兼ねられることもメリットとなります。家に仏壇を置けず、位牌堂と納骨堂の2つを契約しなければならないと思っていた人にはピッタリかもしれません。

 

仏壇式納骨堂のデメリット

 デメリットは、仏教的な弔い方を好まない人には向かないことが挙げられます。納骨堂は、どんなタイプであれ宗教フリーであることが多く、仏壇式納骨堂も例外ではありません。しかし、やはり無宗教での弔いを望む人にはそぐわないでしょう。

 

機械式納骨堂のメリットとデメリット

機械式納骨堂

 

機械式納骨堂のメリット

 ゆったりとしたお参りスペースの裏側に、骨壺が入れられた厨子がぎっしり納められているのが、機械式納骨堂の特徴です。お参りに訪れた人が登録カードなどで操作すると、お参りスペースに故人の骨壷が自動搬送される仕組みをとっています。他のタイプの納骨堂は、狭い個人スペース内で遺骨に手を合わせなければなりませんが、機械式なら、専用の参拝スペースに骨壺が運ばれてくるため比較的広い空間でお参りすることが可能です。家族みんなでゆったりお墓参りができるのが、大きなメリットといえるでしょう。なお機械式納骨堂には最近建てられた新しい施設が多く、一階にラウンジがあるなど「お墓」のイメージを払拭するような明るい雰囲気も楽しめる場所が多いでしょう。

 

機械式納骨堂のデメリット

 機械式納骨堂のデメリットは、遺骨が自動搬送システムに乗ってしまうため、個人スペースといえるものがなく私物を置けないことです。なかには火気厳禁で電気線香をつけるタイプもあるため、お墓参りの気分を大事にしたい人には、少し物足りないかもしれません。実際にお参りしたときの雰囲気をよくイメージして決めるようにしましょう。


合わせて読みたい

新型コロナウイルス対策を実施している納骨堂6選

2020年4月、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府から緊急事態宣言が出されました。東京都では5月25日に宣言が解除されたとは言え、まだまだ外出に不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、外出不要のオンライン見学・手続きや、現地にいらした方の感染症のリスクを下げるための工夫など、新型コロナウイルスへの対策を行っている東京都内のおすすめ納骨堂6選をご紹介します。

後悔しないための納骨堂の選び方・16のポイント

納骨堂は近年普及した新しいお墓の形です。ただ、従来のお墓とは異なる点があるため、納骨堂を購入してから後悔しないか不安になる人もいるかと思います。ここでは、そんな不安を和らげるための、後悔しない納骨堂の選び方のポイントを紹介します。

蔵前陵苑くらまえりょうえん

新型コロナウイルス対策中!眞敬寺・蔵前陵苑見学レポート(東京都・台東区)

2020年5月25日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が、東京都で解除されました。都内の納骨堂でも、緊急事態宣言の期間中は臨時休館や開苑時間の短縮を行っている施設が目立ちましたが、宣言の解除後は徐々に通常開苑再開の動きが拡大しています。とはいえ、まだ新型コロナウイルス感染症が完全に収束したとは言えない状況。お墓の購入を検討していながら、現地へ見学に行くのを迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、納骨堂辞典では、納骨堂でどのような新型コロナウイルス対策が行われているのか、実際に足を運んでレポートいたします。今回は、東京都台東区にある自動搬送式納骨堂「蔵前陵苑(くらまえりょうえん)」に行ってみました。

お墓と納骨堂どちらが良い?タイプ別お墓選びのポイント

納骨堂は、一昔前までは身寄りのない人の遺骨や遺骨の一時預かり場所として利用されてきましたが、最近では参拝しやすいように工夫された小スペースながらもお墓として立派な機能をもつ施設が首都圏を中心に急増してきています。そこで悩むのが、従来型の石のお墓と納骨堂どちらを選んだらよいのか?ということ。今回はお墓と納骨堂のメリットデメリットを比べてみて、どんな人が納骨堂に向いているのかまたどんな人がお墓に向いているのかタイプ別に検証してみました。

東京都内で費用が安い納骨堂おすすめ5選

埋葬方法の一つとして最近注目されているのが納骨堂です。以前は霊園にお墓を建てることが一般的でしたが、高齢化に伴って将来的に管理する人がいなくなる可能性も増えていることから、永代供養をしてくれる納骨堂が注目されるようになったのです。そして納骨堂が注目されるもう一つの理由として、費用の安さも挙げられます。そこでお墓よりも費用が安い納骨堂の中でも特に費用が安い納骨堂を、東京都内に絞って紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ