MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 手元供養とは弔いの新たな形。その背景や料金を解説

手元供養とは弔いの新たな形。その背景や料金を解説

手元供養は、新しい供養の形態として近年注目されています。その名の通り、遺骨や遺灰をお墓に収めず、家に置いておくのです。手元供養が出現した背景には、お墓参りや供養のあり方をめぐるさまざまな事情があります。ここでは、手元供養の方法や費用についての情報をまとめました。

手元供養のペンダント


手元供養とは、現代の多様な考え方に対応した供養である

手元供養とは、遺骨・遺灰を自宅に保管して手元で供養をすることです。遺骨の全てではなく一部だけを持っておいて、残りはお墓に入れたりお寺に納骨したりするという方法もあります。これは分骨といい、最近では分骨をして手元供養をする人が増えているようです。その手元供養が選ばれる理由としては、次のようなものがあります。

  • 亡くなった人をいつでも身近に感じていたい
  • 忙しい、墓地が遠いなどの理由でお墓参りが難しい
  • お墓の管理や購入のための費用を節約したい
  • お墓を立てるための土地が確保できない
  • お墓を継承できないので、「墓地じまい」をした
  • 宗教によらない供養をしたい

現代社会においては、お墓参りやお墓の管理の負担は大きくなっています。地域によっては墓地の空きがないことも珍しくありません。また、せっかく建てたお墓も少子化やお墓離れなどの影響で受け継いでくれる人がいなくなる可能性というのもあります。そのため、「お墓を持たない方がいいのではないか」と考える人が増えつつあるようです。また、宗教とは無関係に供養をしたいという人にも、手元供養は適しています。自宅で保管する以上、どのような形で弔うかは自由なうえ、形式やしきたりに従う必要もありません。家族を亡くした精神的負担をやわらげるために、遺骨をすぐそばに置いておきたいという人もいるでしょう。

このような事情により、手元供養を希望・容認する動きは高まっています。

 

手元供養は合法で、役所での手続きも必要なし

遺骨を手元に置いておく手元供養に関して、「そんなことをして大丈夫なのか?法的な問題はないのか?」という疑問を抱く人もいることでしょう。また、「手続きが面倒なのでは?」と考える人もいると思われますが、役所の手続きなどは不要で法的に問題があることもないようです。

手元供養は合法、自宅保管はOK

結論からいいますと、手元供養は合法です。役所での手続きなども必要ありません。お墓や埋葬に関することは「墓地、埋葬等に関する法律」によって定められており、「墓地や納骨堂以外の場所に遺骨を埋めてはいけない」という内容があります。しかし、これはあくまでも「埋める」ことを禁止しているのであって、「自宅での保管」は問題ないと解釈されます。手元供養はもちろん、墓地が確保できないなどの理由で、一時的に遺骨を仏壇に置く行為も合法です。ただし、家の庭であっても埋めてしまった場合は違法になるので注意してください。

遺骨をお墓から取り出す場合、役所での手続きは不要

すでにお墓に入れてある遺骨を取り出して自宅に移す場合も、役所での手続きは必要ありません。遺骨の一部でも全部でも同じです。法律では、「遺骨を取り出して別の場所に埋葬する場合(改葬)」に関してのみ規定があるからです。もちろん、墓地の管理事務所にはきちんと話をし、必要であれば書類の記入などを行いましょう。

 

手元供養の費用は、安価なものから高額なものまでさまざま

手元供養のための骨壷

手元供養では、ただ遺骨を骨壺などで家に保管するだけの方法もあります。しかし、それでは故人の弔いになっているのか不安になってしまう場合は、ペンダントやリングに遺骨・遺灰を収納したり、遺骨・遺灰をプレートやダイヤモンドに加工したりする選択もあります。それぞれの相場は以下のようになっています。

  • 骨壷…1万円~20万円
  • 収納可能なアクセサリ…1万円~5万円
  • プレートやダイヤモンドへの加工…10万円~50万円

基本的に、高価な素材を使ったり装飾に凝ったデザインが施されていると費用は高額になります。このあたりは一般の装飾品と同じです。骨壷に関しては、遺骨の量によってサイズが変わり、それにともなって金額も変わるため、あらかじめ遺骨をどの程度保管しておくのかを考えておく必要があります。大切な遺骨や遺灰を納めるものですから、納得のいくものを選びましょう。

 

手元供養は、現代の供養として覚えておきたい方法である

手元供養は、お墓の管理の負担を減らしてくれる画期的な供養形態です。すでにお墓に遺骨を納めた人でも、検討する価値があります。人によっては、離れた場所にお墓があるよりも故人を弔う気持ちが強くなるかもしれません。供養のあり方は人それぞれなので、供養の選択肢として覚えておくとよいでしょう。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

お彼岸法要とは何をするもの?流れやお布施の相場について

お彼岸の時期になると、家族で出かけ、お墓参りするというのは日本ではお馴染みの習慣でしょう。お彼岸のお墓参は仏教の教えが庶民に広がったのち、日本独自のものとして定着しました。お彼岸に行うお墓参りにどのような意味が込められているか、ご存じない方も多いのではないでしょうか?今回は、お彼岸法要では本来何をすべきなのかをご紹介したいと思います。

お別れ会とは

「葬儀」とも「告別式」ともいわない、新しい「お別れ会」とは

この頃では、各地に「お別れ会」を企画する葬儀社が目立つようになりました。「葬儀」や「告別式」ではなく、「お別れ会」の案内がきたことのある人は、「お葬式とどう違うのだろうか?」と首をかしげたこともあるでしょう。ここでは、葬儀よりもカジュアルな、お別れ会について解説します。

お墓と仏壇、どちらも必要?両方の意味を正しく知ろう

親が他界し、新しくお墓や仏壇を揃えなければならないとなると、かなりの出費になります。「仏壇とお墓は、どう違うの?」「もしかして、どちらかは必要ないの?」という疑問が湧き上がってくる人もいるでしょう。お墓と仏壇の違いを解説し、どちらかだけを買う場合の考え方についてお伝えします。

納骨式では何をすればいい?納骨の流れと費用について

葬儀が終わると、待っているのが納骨です。四十九日や百か日など、法要の際に納骨式をする人が多いですが、最近では無宗教のため改まった納骨式はしないというケースも出てきています。「初めて納骨を経験する」という人のために、納骨の流れと費用について解説します。

葬式は必要?不要?悩んだときの考え方

火葬だけ通夜や葬式を行わない「直葬(ちょくそう)」の割合が、都市部では2割を超えるようになったといわれます。葬式のない送り方が可能になった今、葬式は必要なのか、不要なのかと悩む人もいることでしょう。悩んだときのヒントになる考え方をご案内します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ