MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 費用・価格 > 納骨堂の管理費 | 費用の内訳や未払いの処置について

納骨堂の管理費 | 費用の内訳や未払いの処置について

納骨堂は安いという情報を耳にしたことがある人も多くいるでしょう。確かに、従来の墓石型よりも費用を抑えられることは事実です。納骨堂の場合、おおよそ10万円程度から申し込めるものもあります。しかし、納骨堂の費用で見逃してはならないのが納骨堂の管理費の存在です。申込金とは別に支払う項目であるため、長期的に納骨堂を利用したい場合には、費用として計上しておくことが大切です。ここでは、そんな納骨堂の管理費について詳しく説明します。


納骨堂の管理費とは

納骨堂の管理費とは、納骨堂を購入する際に納骨堂の運営元に年間で支払う費用のことを指します。ただ、納骨堂で遺骨を個別に安置するタイプを選んだ場合に発生する費用で、納骨堂でも最初から合祀墓に遺骨を合祀してしまうタイプの場合は管理費が必要ないこともあります。ではなぜこの管理費が発生するのかというと、納骨堂で遺骨を安置する際、その一画を契約者に「賃貸」するといった形式になるため、納骨堂の管理費は施設の維持費として必要になるためです。不動産でいう共益費と同じような考え方でよいでしょう。そのため、具体的には納骨堂内の掃除、そして施設のセキュリティや空調管理システムのメンテナンスの費用にあてられているようです。

 

納骨堂の管理費の相場

納骨堂の管理費の相場は10,000円~15,000円前後になります。基本的に、納骨堂の管理費は納骨堂の使用契約を交わしたときから発生し、1年1度請求されるケースがほとんどです。場合によっては先払いで一括入金すると割引になることもあるようです。

 

納骨堂の管理費を支払わなかったらどうなる?

もし契約者が亡くなってしまい、納骨堂の管理費が支払えなくなってしまった場合(滞納・未納した場合)、購入した納骨堂の管理はどうなるのでしょうか。納骨堂の管理側の対応としては次の2つが基本になります。

 

  • 契約者へ電話やはがきで督促する
  • 家族や親族へ管理の継続意志の確認をする

まずは契約者に連絡をとろうと試み、次に契約者の親族などと連絡をとります。そこで該当の納骨堂で遺骨を安置するのか否か、確認をします。この連絡に応じず、3年~5年管理費の未払いが続いた場合、納骨堂の管理側は「遺骨を撤去する」という選択肢も実行することができます。逆にいうと、管理費の未払いが続いたとしても最低でも3年間は遺骨は撤去されません。しかしながら、故人の安らかな眠りのためにも、滞納や未納により撤去されるような事態にならないように、納骨堂の管理費の支払い料金やタイミングなどはしっかりと認識しておく必要があります。

 

納骨堂に管理費はなぜ必要なのか

近年は、納骨堂や樹木葬をはじめとした永代供養墓の普及により、しきたりなどに縛られず、お墓を管理する負担が軽くなりつつあります。そんななかでも、「年をとって体力がない(もしくは仕事で忙しくて時間がない)が、何とかちゃんと供養はしてあげたい。」と考えている人は多くいます。納骨堂の管理費は、このような様々な理由でお墓参りに行くことができない人たちが、“故人を大切に想うが故に支払う、管理を委託するためのお金”と言い換えられるかもしれません。

 

【関連ページ】
納骨堂の費用

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

納骨堂の費用は誰がどう支払う?永代使用料と管理費の支払い方

都心でお墓を求めると、かなりの金額になってしまうもの。その点、納骨堂ならリーズナブルでアクセス良好な物件が多数あります。一括で数十年の管理費まで支払い、あとは管理者にお任せするタイプと、まずは永代使用料だけを支払って管理費を払い続けるタイプ、どちらを希望しますか?費用をだれがどう支払うかも含めて紹介します。

お墓を建てる費用は平均200万円以上!何に、いくらかかるのか

双方の実家から遠く離れて暮らしているため、自分たちのお墓を新しく建てなければと考えている夫婦は多いでしょう。お墓を新しく建てるには、まとまったお金が必要です。お墓の販売時には全ての費用を含めた金額を提示している霊園が多いですが、その内訳を知りたいと思うことはありませんか。お墓を建てる際の費用相場と内訳について紹介します。

永代使用料とは

永代使用料とは | 何に対する費用で相場はいくら?

永代使用料とは、墓地を長期間レンタルできる権利料になります。勘違いしてしまうことが多いのですが、マイホームとは違い、墓地の不動産は購入できず不動産の所有権は墓地の管理者のままになります。あくまで決められた区画を長期間レンタルできる権利を得るイメージになります。また、永代使用料の相場は地域や立地条件で大きく変わります。ここではそんな永代使用料について詳しく紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ