MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 用語・豆知識 > 「まとめる」のが流行?葬儀とお墓のミニマム化が止まらない

「まとめる」のが流行?葬儀とお墓のミニマム化が止まらない

「葬儀はなるべく小規模がいい」「お墓に費用をかけたくない」という人が多くなり、葬儀やお墓の業界では、消費者の希望に応えるべく費用負担を軽くするためのさまざまな工夫が生まれています。なかには、消費者の希望のさらにナナメ上をいく商品も!今回は「まとめる」をキーワードに、葬儀とお墓のミニマム化について解説します。


葬儀もお墓もミニマム化のなか、さらに「まとめる」のが流行になる?

近年、葬儀はどんどん小規模化してきています。葬儀やお墓の業界紙である『月刊仏事』によると、2014年時点の調査で、会葬者30人程度の「家族葬」の割合が32%、葬儀をせず火葬のみを行う「直葬」の割合が16%と、少人数で送る形式が全体のほぼ半分を占めるほどになりました。一方で、お墓のほうも、先祖代々が継いでいく従来のお墓より、一代限りでの購入が可能な永代供養墓や、価格を抑えた樹木葬、納骨堂が注目を浴びるようになっています。最近では、供養業界のほうから、ミニマム化したうえで更に「まとめる」商品が提案されてきています。祭壇と棺、仏壇とお墓をまとめれば、さらに費用が抑えられるうえ、これまでにないスッキリとした供養の形を体現できるといえるでしょう。

参考文献:「直葬の実態を探る」(『月間仏事』2015年2月号)

 

葬儀の場では、祭壇と棺を「まとめる」

棺制作の場を中心として、棺と祭壇を「まとめる」動きがあります。棺のふたをオルゴール状に開けた状態にしておき、棺の裏面に写真や思い出の品などを飾って祭壇とするのです。通常、お葬式の場では、お墓に囲まれた祭壇に遺影などを飾り、その手前に棺を置くのが一般的です。しかし、葬儀参列者が減少傾向にあるなかで、会場が小さくなり、祭壇もどんどん小さくなり、ついには棺の周りに花を飾って祭壇のない葬儀をするケースも増えてきました。祭壇がないとはいえ、遺影を飾る遺影台や思い出の品を置く供物台は必要です。棺の裏面を使って遺影や供物を置ければ、最もシンプルに祈りの空間を作ることができます。段ボールのエコ棺を制作する「ウィルライフ」が「オルタナシリーズ」で、また棺の制作を行っている「共栄」が「ハイブリッド棺」で、この飾り方を提案しています。

参考文献:【開催報告】フューネラルビジネスフェア2017に出展致しました。 | WiLLiFE ウィルライフ株式会社

参考文献:お棺の製造・お棺の販売を通して人と心の安らぎを目指すヒューマンカンパニー株式会社 共栄 | ハイブリッド棺

 

お墓関連では、仏壇とお墓を「まとめる」

出典:お墓が自宅にある生活【自宅墓】

仏壇とお墓、両方購入するとなると、かなりの出費となってしまいます。最近では費用を抑えたお墓やミニ仏壇が注目されるわけですが、「仏壇の中にお墓を入れる」ことにより、費用の問題を解決してしまう方法が生まれました。これは「自宅墓」などとも呼ばれており、上部に祈りのスペースを、下部に納骨のためのスペースを配した2層構造となっています。全ての遺骨を仏壇内に置くことにすると、かなり大きな仏壇が必要になってしまうため、遺骨の一部を納めたり、遺骨を粉末状にしてカサを減らして納めたりすることが提案されています。この方法なら、家にいながら毎日お墓参りができますね。

 

納骨堂が起源?仏壇とお墓を「まとめる」例

お墓を仏壇に取り込んでしまうことで「まとめる」例は新しい動きですが、仏壇のほうをお墓へ取り込み「まとめる」ことについては、古くから行われてきました。それが、仏壇タイプの納骨堂です。納骨堂といえば、ロッカーなどに骨壺を納める方法を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、納骨堂には他にもお墓の形そっくりの墓石式や、お参りのときに骨壺がお参りスペースへ自動搬送されてくる機械式など、さまざまな種類があります。その一つに、仏壇型の納骨堂があるのです。屋内に小型の仏壇がずらっと並び、下部のスペースに骨壺を納めます。仏壇には位牌や遺影を置くこともできるので、「お墓や仏壇など、死に関するものを自宅に置くのはあまり気が進まない」という人にぴったりなのが、仏壇型の納骨堂です。「まとめる」傾向は、納骨堂が起源といってもいいかもしれません。

関連記事:東京のおすすめ納骨堂5選 | 仏壇タイプ偏

 

手元供養では、遺影と骨壺を「まとめる」

手元供養

出典:フォト&メッセージ ローズ ミニ骨壷|ソウルジュエリー 公式ブランドサイト

遺骨を自宅で供養する手元供養の世界では、もう一つ「まとめる」例が出てきています。遺影とミニ骨壺をドッキングさせた商品です。遺影の裏側に少量の遺灰を込めた骨壺を設置するもので、仏壇はいらないと考える人たちの祈りのスペースにぴったりです。

 

葬儀とお墓のミニマム化まとめ

以上、「まとめる」をキーワードに供養の最先端をお届けしました。時代のニーズを受けて、供養業界では様々な商品が生まれています。大切な人が亡くなってからでは、慌ててしまってさまざまな選択肢があることに考えが及ばなくなりがちです。元気なうちは供養について考える機会があまりないかもしれませんが、この記事を読んだことをぜひきっかけとして、想い出をどう残すかを少しだけでも考えてみるのはいかがでしょうか。たとえ断片的でも情報を記憶にとどめておけば、いざというときに葬儀やお墓の選択肢が広がるかもしれません。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

嫁姑問題から死後離婚に発展する様子

死後離婚とは?夫の死後に姻族関係終了届を出す妻

死後離婚や姻族関係終了届という言葉を聞いたことはあるでしょうか?簡単に言うと姻族関係終了届とは、亡くなった後に出す離婚届のことで、通称「死後離婚」と呼びます。今、そのような死後離婚をする妻が増えているようです。法務省の戸籍統計の調査結果では、2006年度に姻族関係終了届を出した数は1,854件でしたが、2015年度の場合は2783件に増えています。9年で900件増えているため、1年で100件ずつ増えている計算になります。では、なぜ夫の死後に姻族関係終了届を出す割合が増えているのでしょうか?その理由や背景などを中心に説明していきます。
参考文献:2015年度 法務局及び地方法務局管内別 届出事件数

墓じまいとは?手続きや費用、墓じまいで行う供養とは

今、遺骨を取り出しお墓を更地にする「墓じまい」が注目されるようになっています。その背景には、子どもや孫の世代が生まれた地域にずっとそのまま留まり、先祖代々のお墓を守っていく。昭和の時代には当たり前だったことが、現代ではできない家が増えていることが考えられます。ここでは、そんな墓じまいの意味や費用、取り出した後の遺骨をどうすべきかについて解説します。

お会式(おえしき)とは?

関東にお住いの方であれば、お会式(おえしき)という言葉を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?東京都大田区にある池上本門寺で行われるお会式は安藤広重の版画にも描かれているくらい歴史ある有名な行事で、毎年30万人以上の見物客が集まり、宗教行事としては関東随一として知られています。しかし、このお祭りが鎌倉時代の仏教の僧、日蓮聖人にちなんだ行事というのは知らない方も多いのではないでしょうか?お会式はどんな行事で、どんなことが行われているのか?今回はお会式についてご紹介します。

改葬代行サービス

改葬代行サービスのメリットと注意点

お墓の引っ越しをすることを「改葬」と呼びますが、最近その手続を代行するサービスが増えています。特に寺院墓地の場合、現在法要など供養を一括で依頼をしているお寺の檀家を辞めるということになるため、離檀手続きなどの交渉を代行で行ってくれるため人気を集めているようです。ここでは、そんな改葬代行サービスについて詳しく紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ