MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 自宅の庭にお墓を作ることは可能?

自宅の庭にお墓を作ることは可能?

地方の名家など、広大な敷地を持つ旧家のなかには、自宅の敷地内にお墓を設けている家があります。そういったお墓を見かけると、「うちも、庭にお墓を作れないものだろうか?」という考えが頭をよぎることもあるでしょう。自宅の庭にお墓を作ることは可能かどうかを解説し、いろいろな選択肢について紹介します。


遺骨を埋葬できるのは墓地として許可された場所だけ

現代の日本では、遺骨を埋葬できるのは、墓地として認可を受けている場所だけです。昭和23年に定められた「墓地、埋葬等に関する法律」によれば、「埋葬または焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」とされています。自宅の庭にお墓があるケースは、この法律がなかった戦前からのもので、屋敷墓と呼ばれています。現在の法律では、自宅の庭へ勝手にお墓を作ることは許されていません。

 

墓地の許可申請ができるのはほとんどが宗教法人か公益法人

では、墓地として許可を受ければ、自宅の庭にもお墓を作ることができるのでしょうか。墓地の経営をするときには、都道府県知事の許可が必要です。指定都市、中核市にあっては、市長の許可が必要になります。都道府県知事から市町村長に権限が委任されている場合には、市長村長の許可を得ることになります。誰でも許可を受けることができるかといえばそうではなく、ほとんどの自治体が宗教法人か公益法人に限定しています。お寺でもNPOでもない、全くの個人が自分の家の庭にお墓を作ろうと考えても、難しいのが現状といえるでしょう。

 

ペットの遺骨は庭に埋めてよい

自宅の庭には、人のお墓はつくれませんが、ペットのお墓については、その限りではありません。一般的な大きさの墓石を使った立派なお墓を自宅の庭に建てたとしても、そこがペットのお墓である限りは、法に触れないのです。ただ、遺骨はよいとしても、ペットの遺体をそのまま埋めるのは、あまり歓迎されることではありません。浅く埋めれば野犬などが掘り出してしまうかもしれませんし、衛生的にも不安が残ります。小動物であれば差し支えはありませんが、犬や猫のように大きなペットは、火葬してから遺骨だけをお墓に納めるようにしたいものです。

 

遺骨を埋葬しなければ記念碑的な墓碑を立ててもよい

どうしても自宅の庭に故人を供養するためのお墓が欲しいという人は、あくまでお墓を別の場所に設け、墓碑だけを庭に設置するのはいかがでしょうか。故人らしいモニュメントや戒名などを刻んだ墓碑を庭に建て、供養の対象とするのです。観光名所などで、有名な歌人の歌碑などをみたことがあるでしょう。そこに遺骨がなくても、故人を偲ぶことは十分に可能です。家の庭に墓碑を立てるのは、たとえば、他の人の遺骨と一緒に供養してもらう永代供養を選んだ人に有効です。家で墓碑を祀ることにすれば、個別に弔いをすることができるためです。この方法は、西日本などを中心にかつてあった「両墓制」という習俗に近いものがあります。両墓制とは、遺体を埋葬する埋め墓と、お墓参りを行う参り墓とを分ける弔い方です。参り墓のほうには、当然何も埋葬されていませんが、魂が宿るとされていました。納骨する場所を埋め墓、自宅の墓碑を参り墓ととらえれば、弔い方としてはなんら珍しくなく、昔からある形式だといえるでしょう。

 

お墓を作らず自宅で遺骨を供養する方法もある

お墓を別に設けて、さらに墓碑を立てるような予算がないという人は、遺骨を自宅で供養してはいかがでしょうか。法律では、墓地ではない場所に遺骨を埋葬することが禁止されていますが、それは「埋葬」に限ります。自宅の中で、例えば仏壇などに遺骨を祀って供養することは、何ら法律違反ではありません。家の中で遺骨を供養することを「手元供養」といい、手元供養向けの仏具はたくさん販売されています。小さな骨壺に少量の遺骨を納めて、小さな仏具と一緒に飾れば、場所を取りません。骨壺に入りきらなかった遺骨は散骨するなどして供養します。仏壇の内部に遺骨を納めるタイプもあり、最近注目を集めています。

参考文献:花供養墓MUSUBI

 

まとめ

自宅の庭にお墓を作ることは、今の法律ではかなり難しいといえます。しかし、いつも近くで故人を偲びたいのであれば、さまざまな方法があります。そもそも、自宅の庭にお墓を建てたいと思ったのは、なぜでしょうか。理由を考えることで、墓碑や手元供養など、あなたにぴったりの供養方法が見つかります。

 

関連記事:お墓はいらない?手元供養や自宅墓とは
納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

お焚き上げって何をするの?

大事な人が亡くなった後に行わなければならない手続きや、遺品整理について調べていると、「仏壇・遺影のお焚き上げを承ります」などといった文面が目につきます。そこで初めて「お焚き上げ」を知る人も多いことでしょう。お焚き上げとは具体的に何をするものなのか、誰に依頼すればよいのかについて解説します。

納骨を行う時期は決まっている?どんなことをするの?

大切な方が亡くなり悲しみに暮れる中、火葬を済ませた故人の納骨はいつ、どんな時期までに行わなければいけないのでしょうか。急いだ方が故人にためなのでしょうか。ここでは納骨を行う時期や納骨式について紹介します。

葬祭ディレクターとはどんな資格?何をしてくれるの?

葬儀社のHPやチラシに「1級・2級葬祭ディレクターが安心の葬儀をご担当します」などと書かれてあるのを、見たことのある人もいるでしょう。葬祭ディレクターという名称を聞くと、それだけでプロっぽくて安心してしまいがちですが、実際にはどんな資格で、何をしてくれるのでしょう。葬祭ディレクターについて解説します。

お彼岸法要とは何をするもの?流れやお布施の相場について

お彼岸の時期になると、家族で出かけ、お墓参りするというのは日本ではお馴染みの習慣でしょう。お彼岸のお墓参は仏教の教えが庶民に広がったのち、日本独自のものとして定着しました。お彼岸に行うお墓参りにどのような意味が込められているか、ご存じない方も多いのではないでしょうか?今回は、お彼岸法要では本来何をすべきなのかをご紹介したいと思います。

永代供養という選択 | 納骨堂や樹木葬の特長

近年は従来のようにお墓に埋葬される方だけでなく、寺院への永代供養、納骨堂、樹木葬、そして散骨などの新しい葬法を選ばれる方もいます。けれど、いずれの方法も実施後に後悔するという話もあとを絶ちません。これらの葬法の中身を事前に知っておけば、不安や後悔も軽減されるでしょう。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ