MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > ペットと一緒に入れるお墓を探そう!

ペットと一緒に入れるお墓を探そう!

ペットのお墓を用意したいと考える人は近年珍しくなく、それだけでなく、最近ではペットと一緒のお墓に入りたいと希望する人も増加しています。かつてはペット専門の埋葬業者やペット霊園などが無いなどさまざまな事情により、その望みを実現することは困難でしたが、人々のニーズに応える形で、ここ数年ペットと一緒に入れるお墓が増えてきています。ここでは、ペットと一緒に入れるお墓の知識をまとめました。

ペットのお墓


ペットと一緒のお墓に入るのは、従来は難しかった

ペットのお墓をどうするかは、これまで家族と同様に暮らしてきたに人にとっては大きな問題です。法律上、ペットの遺骨は公園など公共の場所に埋葬することはできないため、遺体は火葬をしてペット霊園もしくは、自宅敷地内の庭などに埋葬する必要があります。

火葬さえすれば家族と同じお墓に入れても問題ないように思えますが、日本の主流である仏教ではペットを供養することは基本的に考えられておらず、住職の考え方にもよりますが、ペット供養を断る寺院も多いようです。特に、「ペット=家族」という考えがあまり無かった時代には人間と一緒に供養するなど考えられなかったようです。また、宗教上では問題はなくとも、墓地の管理者がペットが嫌いな利用者への配慮のためにペットの埋葬に制限を設けていたりもすることもあります。

しかし、近年ではペットも人間と同じように供養したい、お墓を作りたいという人も増え、人間のお墓と同じ敷地内にペット専用の墓地区画を設けたり、ペット専用の霊園ができたり、以前とは違ってペットも供養をすることができるようになりました。更には、人間と全く同じ墓地にペットを共葬でき、名前やイラストを墓標に銘記することもできるお墓も増え始めているようです。
参考文献:久が原庭苑

 

ペットと一緒に入れるお墓はどんなお墓?

ペットと一緒に入れるお墓は、前項で述べたとおり宗教上の理由でペット供養を受け入れていない寺院が多いため、民営墓地が多くなっています。しかし、最近は寺院の敷地内にある一般墓地(従来の墓石型のお墓が並ぶ墓地)とは別に、寺院管理でありながら別の場所に「樹木葬墓地」や「納骨堂」を運営する寺院も少なくありません。その場合、寺院管理ではあるものの、宗教の指定が無い、檀家になる必要性が無い、など受入条件が比較的緩和されているところが多く、ペットの受け入も多くなっているそうです。

ただし「ペット可」となっていても「同じ霊園内にペット可の区画がある」という場合と、「ペットも人間も全く同じ場所に埋葬される」という場合があるので注意が必要です。「ペットと同じ場所に眠りたい」と考える人の多くは後者をイメージしているのではないでしょうか。その場合、単なるペット可の霊園を探すより数が少ないため難しくなってしまいますが、根気よく探してみましょう。

 

ペットと一緒に入れるお墓として、樹木葬や納骨堂にも注目

ペットと一緒に入れるお墓は一般的な墓石を置くタイプに限りません。供養のあり方についての世間の考え方は変化しており、さまざまな埋葬の形態が登場していますが、新たに登場した埋葬形態の方が、ペットと一緒に入ることを受け入れてくれやすいのです。代表的なものを紹介しましょう。

樹木葬

木を植えて墓標とし、その下に遺骨を埋葬する方法です。天然の木を墓標として使うタイプもあります。費用は安くて20万円程度、高くても70万~80万円程度で、墓石を購入するのに比べて非常に安価です。お墓を継承する必要もないので、近年では大いに注目されています。宗教にとらわれない埋葬法としての意味合いが強く、ペットと一緒に入る場合にも適しています。

納骨堂

お墓を持たず、建物の中に骨壷を安置しておく方法です。お墓の土地不足への対応として、急速に普及しています。費用は50万円程度で、管理費が年1万円ほどかかることもあります。お寺の納骨堂も存在していますが、民間会社が管理しているものもあり、ペットが受け入れられやすいのはやはり後者です。管理・継承の負担が少なくてすむのは樹木葬と同じです。

 

まとめ:ペットと一緒に入れるお墓は、きっと近くにある!

ペットと一緒のお墓に入りたいという望みは、十分叶えられることがわかったと思います。供養の形態が多様化してきている現代では、当然のことといえるでしょう。お寺の墓地でもペットの埋葬を受け入れてくれるケースはあり、今後も増えていくことが予想されます。お墓のことを考える時は、ペットと一緒に眠れる墓地が近くにないか、ぜひ探してみましょう。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

お墓は相続税の対象にならない?その仕組みと注意点

お墓は相続税がかからない。そう耳にしたことのある人は少なくないでしょう。その通りではありますが、お墓に相続税がかからないようにするには、タイミングといくつかの注意点があります。ここではお墓の相続税の仕組みと、注意点について紹介します。

オリジナルな葬儀がしたい!祭壇・棺・演出オーダーのコツ

最近、「故人らしい葬儀を」「お仕着せではないオーダーメイドの葬儀を」といったうたい文句のもと、オリジナル葬儀をデザインする葬儀社が増えてきました。気の置けない親族を中心とした、少人数の家族葬が主流になりつつある最近の傾向が、その背景にあります。祭壇や棺、演出などをオーダーするためには、どのようなコツがいるのかをまとめました。

法事とは何をする?法要との違い

法事とは何をする?法要との違い

四十九日、1周忌など、家族が亡くなると法事の機会が多くなります。「ところで、『法事』も『法要』もよく聞く言葉だけれど、意味は同じなの?」と疑問に思ったことはありませんか。「法事」と「法要」の意味の違いや、法事はいつどのように営むべきかをお伝えします。

お葬式から納骨までの日数や簡単な流れ

大切な家族や親族が亡くなると、お葬式や火葬、そして納骨するまであっという間に時間が過ぎます。特に、お葬式から火葬までは喪主にとっては慣れないことも多く、慌ただしく落ち着きません。そこで、ここでは人が亡くなってから遺骨を納骨するまでにかかる日数や流れを説明します。

骨壷のサイズは何種類?東日本と西日本で大きさが異なる理由

火葬後の遺骨を納めておく骨壷。この骨壷にはいくつかのサイズがあるのをご存じでしょうか。また、地域によってサイズが違うこともあるようです。人の骨の数はみんな同じで、そこまで骨の大きさは変わらないはずなのになぜ骨壷のサイズが違うのでしょうか。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第2位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第4位

納骨堂・東京 | 一行院千日谷浄苑【いちぎょういんせんにちだにじょうえん】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ