MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 文化・歴史 > 端午の節句は仏教と関係あり?由来と祝い方

端午の節句は仏教と関係あり?由来と祝い方

5月5日は「子どもの日」として親しまれていますが、「端午の節句」であることも広く知られています。3月3日は女の子のお祝いで桃の節句、5月5日は男の子のお祝いで端午の節句と、セットで覚えている人は多いでしょう。では、この端午の節句の由来をご存じでしょうか。仏教と関係があるのか、それとも日本独自のものなのか、その由来と祝い方について解説します。

端午の節句


端午の節句の起源は中国にあり、仏教とは関連が薄い

年中行事と聞いたとき、漠然と「仏教や神道に繋がりがある行事」と考えがちですが、端午の節句の起源は、実は中国にあります。その由来は、紀元前300年頃、つまり約2300年前にさかのぼります。楚の国王の側近、屈原(くつげん)が失脚し、川へ身を投げたとき、屈原を慕っていた国民たちが川へちまきを投げ、魚が屈原の遺体を食べないようにしました。それから毎年、屈原の命日である5月5日に供養祭が行われるようになり、無病息災や厄除けを願う行事として定着したのです。

さらに旧暦の5月は今の6月頃にあたり、急に暑さが増す時期なので病気の流行が多かったことからも、中国では以前から5月に厄除けの行事を行っていたといわれています。また、もともとは5月の初めの日を「端午の節句」として祝っていたものを、「午」が「5」に重なることから、5月5日にお祝いが行われるようになりました。こうしたさまざまな風習が結びついて、端午の節句が誕生しました。

 

端午の節句が日本で男の子の行事になったのは武士社会が確立してから

日本に端午の節句の風習が伝わったのは、奈良時代のことといわれています。もともと日本にも5月に厄除けをするならわしがあったことから、はじめは単に無病息災を願う行事として扱われ、男の子のお祝いという意味を持ちませんでした。しかし、武家社会が確立したのちは、とくに男の子の健康を願う側面が強くなってきます。それは、厄除けのために香りの強い菖蒲の束を軒先につるし、菖蒲湯に浸かるしきたりからきているといわれています。「しょうぶ」を、「勝負」や武道を大事にするという意味の「尚武」とかけ、武士にふさわしいたくましい男児を育てる行事へと発展したのです。

 

こどもの日が制定されたのは戦後のこと

端午の節句である5月5日がこどもの日になったのは、1948年のことです。子どもの幸福と母に感謝することを趣旨として制定されました。こどもの日に5月5日が選ばれたのは、やはり古くから端午の節句として親しまれていたことが理由です。「男の子の日」ではなく「こどもの日」なので、現代では男の子だけではなく、女の子も交えた子ども全体をお祝いする日として親しまれています。

 

端午の節句の祝い方 | 鯉のぼりや兜を飾る

端午の節句は、男の子の健やかな成長を祝い、また祈るものです。こどもの日なので、もちろん女の子も一緒にお祝いしてよいのですが、桃の節句では女の子向けのお雛様を飾るように、端午の節句にも男の子ならではの飾り物があります。とくに昔は「勇猛な武士に育ってほしい」という意味合いが強かったことから、勇ましさを彷彿させるものが目立ちます。代表的なのが鯉のぼりを飾ることです。鯉は滝登りをすることで知られ、その果敢さから「立身出世してほしい」「逆境に耐える強い子に育ってほしい」という意味を込めて、鯉のぼりを飾るようになったといわれています。

また、5月人形は鎧兜をかぶった子どもの勇ましい姿がなぞらえられています。鯉のぼりや五月人形は、孫の成長を願う祖父母から、初節句のときに贈られることが多いでしょう。一日だけの「一夜飾り」は良くないとされているため、4月中旬ごろから鯉のぼりや五月人形を飾る家が大半です。

 

端午の節句の祝い方 | 菖蒲湯につかる

端午の節句に鎧兜を飾るのには、厄除けの意味もあります。つまり、男の子を病気やケガから身を守るものの象徴として、鎧兜が使われているのです。また、前述したような菖蒲湯に浸かる行事も現代まで続いています。このことから、たんに男の子のお祝いだけではなく、無病息災を願う風習としても根づいているといえるでしょう。菖蒲湯に浸かるときは、菖蒲の葉の束を丸ごと湯船に入れる場合と、細かく刻んで入れる場合があります。家や地域の風習に従いましょう。

 

端午の節句のおもてなし

とくに初節句には、祖父母が孫を祝いに訪ねるしきたりがあります。せっかくですから、端午の節句にちなんだ料理や衣装でおもてなししたいですね。端午の節句に欠かせない食べ物といえば柏餅ですが、柏は子孫繁栄をあらわす木として知られていることから、端午の節句に柏餅を食べるようになったといわれています。

なお、ちまきを食べる風習もあり、これは先に紹介した中国の故事からきているものです。柏餅やちまき以外のメイン料理には、元気な男の子をイメージさせる食材を選びましょう。例えば、鰹は「勝男」とかけて、ブリは「出世魚」であることから、端午の節句にふさわしいとされています。赤飯や鯛など、お祝いを象徴する料理も場が華やぎます。また、旬でもあるタケノコは、「まっすぐ育つ」という意味からもこどもの日に適した食材です。主役である男の子には、ベビー用の羽織袴や、金太郎のはらかけを着せると、お客様にも喜んでもらえますよ。

 

端午の節句についてまとめ

以上、端午の節句は仏教徒は関連性が薄く、中国で生まれ日本で育ったしきたりであることを解説しました。鯉のぼりや五月人形など、何かと用意するものの多い端午の節句は、早めの準備が肝心です。とくに初節句であれば、4月の中旬ごろから祖父母たちの予定を尋ねるなど、計画を練っておいたほうがよいでしょう。「男の子の元気な成長を祝うもの」と「無病息災を祈るもの」という、端午の節句の目的を意識すれば、準備に戸惑うことはありません。飾り・衣装・料理と項目を分け、我が子の初めてのお祝いのために、段取りよく用意を進めましょう。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

納骨堂の普及

納骨堂はお墓不足解消の切り札?首都圏で納骨堂の普及が進む背景

納骨堂が普及する背景のひとつに首都圏でのお墓不足が挙げられます。東京では人口の集中と高齢化に伴い特にお墓不足の事態が深刻化していますが、増え続ける需要に反して供給が進んでいない状況です。ここでは、お墓不足となってしまった原因を探り、その解決策として納骨堂が増えてきている理由について考えていきます。

「宗旨宗派不問」はどんな宗教でもOKではない?

永代供養墓など新規に墓地探しを始めると看板やチラシ、パンフレットに必ずといっていいほど「宗旨・宗派不問」という言葉を目にしませんか?この意味を、「どんな宗教宗派であっても受け入れてくれるんだ!」と購入者側は思いがちですが、その誘い文句には少し落とし穴があります。特に寺院墓地の場合には注意が必要です。では、どんなことに気をつければよいのでしょうか。「宗旨・宗派不問」の注意点について紹介します。

納骨堂,無縁墓,改葬

納骨堂で無縁墓対策!墓石がいらない永代供養の埋葬形態

納骨堂は、従来のお墓に代わる埋葬形態として人気を集めています。従来の墓石型のお墓と比べ費用が安さいことや、ビル型に建設できることから土地の節約などになることから評価されていますが、もう一つ、無縁墓対策としても注目されています。ここでは、納骨堂の特徴や無縁墓対策になる理由について解説します。

お会式(おえしき)とは?

関東にお住いの方であれば、お会式(おえしき)という言葉を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?東京都大田区にある池上本門寺で行われるお会式は安藤広重の版画にも描かれているくらい歴史ある有名な行事で、毎年30万人以上の見物客が集まり、宗教行事としては関東随一として知られています。しかし、このお祭りが鎌倉時代の仏教の僧、日蓮聖人にちなんだ行事というのは知らない方も多いのではないでしょうか?お会式はどんな行事で、どんなことが行われているのか?今回はお会式についてご紹介します。

新盆・初盆

新盆とはお盆と違う?伝統的な迎え方と現代にあった簡易新盆を紹介

新盆(にいぼん・あらぼん)とは、故人の死後、四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆の事で初盆(はつぼん)などとも言います。新盆ではどんな事をするのか、新盆を迎えるにあたり最低限知っておきたい基礎知識についておさらいするとともに、現代生活にどう新盆行事を上手く取り入れたら良いか考えてみましょう。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ