MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 塔婆供養(とうばくよう)とは?そもそも塔婆とは?

塔婆供養(とうばくよう)とは?そもそも塔婆とは?

ある程度年数の経ったお墓の後ろには、木の板が何本も立てられていますよね。自分がお墓を守る番になると、「あれは立てなければならないものなのか?」と迷う人もいるでしょう。塔婆を立てて故人の成仏を祈る、塔婆供養について解説します。

塔婆とは


塔婆供養とは、故人の成仏を祈願して墓石のまわりへ塔婆を立てること

塔婆供養とは、「故人が成仏しますように」と願って、墓石のまわりに塔婆を立てることをいいます。塔婆を立てる場所は墓石の後ろが多いですが、立地などの都合上、墓石の脇にステンレス製などの塔婆立てを配置し、そこへ塔婆をさしていく例もみられます。塔婆供養はお墓参りをするときに合わせて行うことが多く、お彼岸やお盆、回忌法要などに合わせて立てられます。ただし、浄土真宗では、人は亡くなったときにすぐ成仏するという考え方をとっているので、基本的に塔婆供養は行われません。「ウチのお墓の背後には、塔婆が立てられておらずスッキリしている」と感じるようなら、あなたの菩提寺が浄土真宗であり、塔婆を立てる必要がないことが考えられます。

 

塔婆とは五輪の塔を模した細長い木の板のこと

なぜ、塔婆を立てることが供養になるのでしょうか。そもそも塔婆は、「卒塔婆(そとば)」とも呼ばれ、サンスクリット語で「塔」をあらわす「ストゥーパ」をもじったものです。お釈迦様が亡くなったとき、人々は五輪の塔を立ててそこへお釈迦様の遺骨を納め、供養を行ったといわれています。そのため、信者は五輪の塔を模した塔婆をお墓に建てることで、故人を供養し、お釈迦様をあがめているということになるでしょう。五輪の塔は、球体や三角形など5つの自然要素を表すモチーフが積み重なってできた塔で、上から「空・風・火・水・地」があらわされています。塔婆をよく見ると、上部に切り込みがいくつかあるのがわかるでしょう。切り込みの形状で、5つの要素を表現しているのです。

 

塔婆には何が書かれている?

塔婆には、何やら呪文のような文字や、漢字の羅列が記されていることにお気づきでしょう。宗派にもよりますが、表には上から「空・風・火・水・地」を表すサンスクリット文字が書かれ、その下に戒名や回忌が書かれます。戒名の上に仏様の名前が入りますが、これは回忌によって変わってきます。そして裏には大日如来を表すサンスクリット文字が書かれます。どちらかの面に、塔婆を立てた日付と施主名が書かれるでしょう。この回忌名や建設年月日は、次に塔婆を立てる時期の目安になります。お墓参りのたびに、「おばあちゃんの法事は何回忌までやったかな?次はいつだろう?」と確かめることができて便利です。

 

塔婆供養をしたいならまずは僧侶に相談しよう

塔婆は、施主自身がどこかから購入してくるものではありません。塔婆供養をしたいなら、まずは菩提寺や年忌法要を行ってくれる僧侶に相談しましょう。塔婆代は2,000円から、立派なものだと1万円ほどになることもあり、料金を確かめた上でお布施とは別の白封筒に入れて納めましょう。塔婆には書かなければならないことが多いため、僧侶にはなるべく早めに相談し、戒名、回忌、施主名、法要の年月日を文書やFAXなどで間違いなく伝えるのが大事です。塔婆は僧侶の手書きですが、最近では塔婆専用のプリンターで印刷することも珍しくありません。プリンターは高価なものなので、同じ宗派のご近所寺院が共同で購入し、必要に応じて使っている場合もあります。

 

塔婆を処分する時期と方法

古い塔婆がたくさん溜まってくると、「次に塔婆を立てる場所がなくなりそう。処分してもいいものだろうか?」と迷うようになります。そもそも、塔婆の効力は一日限りとされており、一日経ったら処分をしてもかまわないものです。しかし、やはりすぐに処分をしてしまう人は少なく、溜まったらまとめて処分したい旨を菩提寺に告げ、処分方法の相談をするのが一般的です。菩提寺がなく、法要を行ってくれた僧侶に断られたら、霊園の管理会社やお墓を建てた石材店に相談してみましょう。粗大ごみでも出せます。

 

まとめ

塔婆供養は、先祖供養の一環として、また自分が供養を行ったあかしとして立ててゆくものです。必ず立てなければならないと決まっているわけでもありませんが、どこまで供養を行ったかの目印にもなりますから、塔婆を立てない宗派でなければ法要のたびに立てましょう。菩提寺と法要の日時や場所を打ち合わせるときに、忘れずに塔婆を立てたい旨を伝えるのがポイントです。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

手元供養

お墓はいらない?手元供養や自宅墓とは

俳優の三國連太郎さんが「戒名不要、墓不要」と言い残して亡くなったのは、2013年のことでした。「お墓はいらない」と考えている人が多くなっているといいます。お墓がなくても、「手元供養」や「自宅墓」という方法があります。解説しましょう。

改葬(墓じまい・お墓の引っ越し)とは?流れ、費用、メリット・デメリット等

近年、高齢者が増え、子供が減るといった社会構造の変化とともに、お墓の考え方にも変化が見られるようになりました。墓地に墓石を建てる従来のスタイルから、納骨堂や樹木葬という管理に負担がかからない納骨場所を選ぶ人が増えきたのです。今や、ライフスタイルに合わせ、お墓を見直す時代です。それに伴い、既に存在しているお墓からの遺骨を移動をする「改葬(かいそう)」という言葉が注目されるようになりました。今回の記事では、改葬とは何か、今話題の墓じまいとともにその流れやメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

改葬とは

改葬の流れ | お墓から納骨堂に改葬する場合の手順と注意点

「改葬(かいそう)」とは「お墓のお引っ越し」や「墓じまい」などとも称され、今あるお墓を無くして別の場所へ遺骨を移すことを意味します。近年の生活拠点・生活スタイルの変化から、お墓参りがなかなかできない・お墓の管理が煩わしい、といった方々による改葬が増えています。改葬とはどのようなものなのか?納骨堂へ改葬する手順とその注意点についてご紹介させていただきます。

仏壇,納骨堂,仏壇 不要,仏壇 必要

仏壇は必要?不要?現代における役割とは

仏壇が生まれた時から家に置いてある、毎日仏壇にお供えもしているという日本人は多いでしょう。しかし、現代では仏壇は不要だ、お参りはお墓だけでよいと考える人も増えてきているようです。また、必要だと思っていても、仏壇を買うのはお金もかかる、置く場所もない、ということから無くても困らないのではと悩んでいる人も多いことでしょう。そこで、改めて仏壇の必要性とはなにか、仏壇とはどのようなものなのかに、そして仏壇が不要であると考える理由などについて説明していきます。

葬祭ディレクターとはどんな資格?何をしてくれるの?

葬儀社のHPやチラシに「1級・2級葬祭ディレクターが安心の葬儀をご担当します」などと書かれてあるのを、見たことのある人もいるでしょう。葬祭ディレクターという名称を聞くと、それだけでプロっぽくて安心してしまいがちですが、実際にはどんな資格で、何をしてくれるのでしょう。葬祭ディレクターについて解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ