MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > お正月にお墓参りをしたほうがいい?やめたほうがいい?

お正月にお墓参りをしたほうがいい?やめたほうがいい?

お正月を機に実家に帰り、「せっかくだからお墓参りでも」と考えている人はいませんか。お正月は、お墓参りにふさわしい時期です。しかし、さまざまなことに気をつけなければ、風習のタブーに触れてしまう場合があります。お正月にお墓参りをすべきか否か、するとしたらどんな注意点があるかについて解説します。


お正月は年初めの挨拶をする大事な時期だからぜひ行きたい

お正月には年賀状が届きますよね。年賀状には、「本来なら、お目にかって新年のあいさつをしたいところだけれど、ひとまずは書面をもって失礼します」というメッセージが込められています。お正月は、さまざまな人に年頭のあいさつを述べる機会なのです。それは、目に見えない大事な存在に対しても同じこと。たとえば、初詣に行くのは、年の初めに神様へご挨拶をしに行く行為です。先祖へのご挨拶として、お墓参りにもぜひ行きたいものです。お正月にお墓参りに行くのは、先祖供養の一環として正しいことといえますが、お正月はめでたい行事ですから、お墓参りをするには少し気をつけたい点があります。ポイントは5つです。順番に解説しましょう。

 

ポイント1:神社への初詣とは違う日に行きたい

お墓参りは、神社への初詣とは違う日に行きましょう。実は、お墓と神社は相性が悪いということをご存じでしょうか。神道の神様は、死や血のけがれを嫌います。そのため、神社ではお葬式を行わないほどです。神道のお葬式は、必ず自宅や葬祭ホールで行われます。このことを知っている年配者は、お墓参りの後に初詣へは行きません。死の気配を神社へ持ち込まないためです。このマナーに従って、お墓参りは神社への初詣と違う日にセッティングしましょう。大みそかの夜から元日の夜中にかけて初詣へ行き、元日の日中にお墓参りをするというプランはいかがでしょうか。どうしても同じ日にしか行けないなら、初詣の後にお墓参りへ行くのが無難です。あるいは、お寺への初詣としましょう。

 

ポイント2:喪中は初詣を控えお墓参りだけにする

もし、年賀はがきではなく喪中はがきを出した人であれば、初詣には行けません。喪中は、おめでたいことを控える時期ですから、寺社への年頭のあいさつも避けるべきとされます。喪中でも、お寺にご挨拶をするという意味で、寺院への初詣なら許されるという考え方もありますが、やや少数派です。喪中の人は、お墓参りだけにとどめたほうが無難です。

 

ポイント3:「ついで参り」を嫌う親族に注意

「ついで参りをしてはいけない」という考え方があります。ついで参りとは、お墓参りを何かのついでに行うことです。近くに寄った「ついで」にお墓へも行くというのは先祖に失礼なので、一番大事な用事であるお墓参りを中心に予定を立てるべきという考え方です。とはいえ、実家から離れて暮らしている人にとっては、お墓参りのためだけに予定を立てるのは困難でしょう。たとえ予定は後回しになってしまったとしても、年配者のなかには、「ついでにお墓参りも済ませました」と言うと「まあ」と眉をひそめる人もいます。お正月に親族で集まり、お墓参りについて話をするときには、「ついで」という言葉に注意しましょう。

 

ポイント4:お墓掃除を年末に済ませておくとよりスッキリ

お墓参りにはお墓掃除がつきものです。でも、お正月から一生懸命お墓掃除をしていると「家は年末に大掃除を済ませているのに、お墓はきれいにしておかなかったな」という、ちょっとした反省の気持ちが湧き上がってくる人もいるでしょう。お墓掃除を年末に済ませておければ、年初めには気持ちよくお墓参りができます。お墓掃除をするために、お墓参りを大みそかに行う風習のある地域も、少なくありません。

 

ポイント5:霊園や納骨堂に年末年始の開園時間を問い合わせておこう

常に管理者のいる霊園や納骨堂のなかには、年末年始にお休みをとるところがあります。開園時間が短くなっている場合も考えられますので、念のため予定について確認しておくのがいいでしょう。せっかくの機会ですから、いざ行ったら閉まっていたということのないよう、注意したいものです。年末年始に休業している場合には、仏壇での供養をもって、先祖への挨拶に替えましょう。

 

まとめ

以上、お正月におけるお墓参りのマナーについてご紹介しました。ポイントを間違えてしまうと、せっかくの楽しいお正月が色あせたものになってしまいます。家族みんながゆったり楽しく過ごせるお正月となるよう気を配り、心を込めた供養を行いましょう。

関連記事:喪中とは?忌中と喪中の違いと過ごし方
関連記事:意外と知らない?お墓参りの流れと注意点

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

お墓は相続税の対象にならない?その仕組みと注意点

お墓は相続税がかからない。そう耳にしたことのある人は少なくないでしょう。その通りではありますが、お墓に相続税がかからないようにするには、タイミングといくつかの注意点があります。ここではお墓の相続税の仕組みと、注意点について紹介します。

手元供養

お墓はいらない?手元供養や自宅墓とは

俳優の三國連太郎さんが「戒名不要、墓不要」と言い残して亡くなったのは、2013年のことでした。「お墓はいらない」と考えている人が多くなっているといいます。お墓がなくても、「手元供養」や「自宅墓」という方法があります。解説しましょう。

成年後見人制度とは

成年後見人の制度とは | 後継ぎがいない場合は誰が納骨堂に遺骨を入れてくれるの?

独身を通していたり、子どもがおらず配偶者に先立たれてしまったりなどして後継ぎがいないと、「将来、自分の遺骨を誰が供養してくれるのか」と悩むことになります。永代供養をしてくれる納骨堂を見つけたとしても、はたして誰が納骨堂に自分の遺骨を入れてくれるのかと不安に感じるでしょう。「成年後見人にやってもらえばよい」という話もよく聞きますが、果たして本当にそうでしょうか。成年後見制度について詳しく解説します。

お彼岸法要とは何をするもの?流れやお布施の相場について

お彼岸の時期になると、家族で出かけ、お墓参りするというのは日本ではお馴染みの習慣でしょう。お彼岸のお墓参は仏教の教えが庶民に広がったのち、日本独自のものとして定着しました。お彼岸に行うお墓参りにどのような意味が込められているか、ご存じない方も多いのではないでしょうか?今回は、お彼岸法要では本来何をすべきなのかをご紹介したいと思います。

お墓の承継拒否はできない?祭祀承継者とは

親が亡くなり、今度は自分がお墓や仏壇の管理をしなければならないことに思い当たったとき、負担に思う人は多いでしょう。何とかその義務を放棄できないものかと考えても、不思議ではありません。お墓や仏壇を引き継ぐ人を、祭祀承継者といいます。祭祀承継者の意味や、拒否したいときの悩みの解消法についてお伝えします。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ