MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓・お葬式・供養 > 戒名とは?意味や値段の相場について

戒名とは?意味や値段の相場について

戒名とは亡くなった時につけてもらう名前、というイメージが大きいかと思います。しかし、宗派や信仰の深さによって戒名が変わったり、戒名をつけてもらうには戒名料が必要なことをご存じでしょうか。今回は戒名の基本についてご紹介します。

戒名とは


戒名とは仏教徒の証

戒名(かいみょう)とは、仏教へ入門した際に戒律を守り修行に励むことを誓う証として、仏様より授けられる名前のことを言います。そのため、現代では死後につけられる名前と思われがちですが、本来は生前であっても出家を決めた場合は授けてもらうことが可能です。

何故人の死後に戒名が付けられるようになったのかについては、深く信仰しているかはさておき日本人は約半数が仏教を信仰していると言われており、多くの人が亡くなった際に仏教に則って葬儀を行います。仏式に則って葬儀を行うということは、故人は仏教へ入門した仏弟子として扱われるため、生前に戒名がない場合は授ける必要があるためです。また宗派によって教えは少しずつ異なるようですが、戒名とは、この世での執着を全て断ち切って心新たに修行へ精進するための名前でもあります。俗世への未練をなくすことで故人を浄土へ導くことができるため、必要であると考えられています。

 

戒名とは宗派によって呼び方が違う

戒名とは前述したように、厳格な戒律を守って修行する人々に授けられます。しかし同じ仏教でも浄土真宗では戒名と呼ばず「法名(ほうみょう)」と言います。法名は「阿弥陀の救いの法」を守って生きる人々につけられる名前で、修行の経歴や形態は一切関係ありません。後に説明しますが、位牌に刻まれる戒名の構成の中では、「道号」や「位号(大居士、信女など)」があります。しかし浄土真宗では、「法」を守って生きる人々ならば平等という考えのもと、浄土真宗の信者には「釋(しゃく)」という法名が授けられます。「釋」という文字はお釈迦様の弟子という意味です。

また日蓮宗でも戒名とは呼ばず「法号(ほうごう)」と言いますが、その意義や構成については戒名と同じとなっています。

 

戒名の構成

普段、私たちが戒名を目にすることがあるのは仏壇に置かれている位牌やお墓などではないでしょうか。位牌に刻まれている文字は漢字がいくつも連なっていますが、その中で身分や経歴などに関係なく授けられるものが本来の「戒名」部分です。しかし現在では「●●院」から始まる院号、道号、戒名、位号の順に並んだ全体文字列のことを戒名と呼ぶことが一般的です。

 

院殿号(いんでんごう)・院号(いんごう)

院号とは、生前社会やお寺に大きく貢献した人に与えられるものです。現代では檀家総代など護持会長などに無料で授けられることもあるようですが、かつては寺を建立するなどの功労がないと授けられないものだったそうです。院号のさらに上の称号として「院殿号」がありますが、宗派や寺の方針によって異なるかもしれませんが、一般的にこれを授けられる人はほとんどいないと言えるでしょう。

 

道号(どうごう)

道号とは戒名の上に並ぶ2文字を指し、その人にとって縁のある文字を戒名と組み合わせることが現代では一般的です。もともとは修行に励むものに与えた出世の称号とも言われており、禅宗が始めたことで他宗派にも広がったそうです。

 

戒名(かいみょう)

戒名は漢字2文字からなり、俗名(生前の名前)から1文字とった名前を与えられることが多いようです。日蓮宗では戒名の代わりに日号が与えられ、男性が「日〇(〇に生前の名前から一文字とることが多い)」、女性が「妙〇」、となります。

 

位号(いごう)

位号は院号同様に信仰の深さや社会や寺院への貢献度を表すものになります。また性別や年齢によっても称号は異なり、いくつか種類があります。

位号の例

  • 居士(男)・大姉(女)/成人、信仰が厚く社会貢献した人
  • 信士(男)・信女(女)/成人、檀家で信仰のある人
  • 童子、大童子、禅童子(男)・童女、大童女、禅童女(女)/7~15歳位の子ども
  • 幼児、嬰児、孩児(男)・幼女、嬰女、孩女(女)/2~6歳の子ども
  • 水子/出産前に亡くなった子供

 

戒名料の相場

戒名料とは、僧侶に戒名をつけてもらった際に包むお布施です。お布施であるため明確な金額設定はないので、必ずいくら包まなければならないということはありませんが、位号のランクによっておよその相場があります。

  • 院居士・院大姉(居士・大姉の他に院号を授けられた時)…50万~100万円
  • 居士・大姉…20~30万円
  • 信士・信女…10~20万円
  • それ以外…3万円~10万円

非常に稀ではありますが、院号よりも更に上の院殿号がついた場合は100万円以上のお布施が必要と考えられます。また、現代では戒名料だけ高額なお布施を包めば良い戒名を授けてもらうことができる風潮になっていますが、それは本来の戒名の意義とは異なっています。死後に授かる戒名は、あくまでも生前の社会・寺院貢献や日々の精進が大切です。

そして先述の通り、戒名料はお布施にあたるため、必ずいくら支払わなければならないものではありません。経済的にどうしても戒名代を相場の額よりも包むことができない場合は、住職に相談し、無理のない範囲で支払うようにしましょう。

 

戒名とは?まとめ

最近は「寺から高額な戒名料を請求された」などのトラブルが相次ぎ、戒名を自分でつける傾向もあります。しかし、本来の戒名の意義を考えれば、いくら節約になるとはいえ少し考えものです。仏教のこれまでの作法に従いたくないのであれば、葬儀などの儀式自体をわざわざ仏式で行う必要もないのではないでしょうか。また、戒名とは宗派によって付け方も相場も少しずつ異なりるため、授けてもらう場合はどういった構成になり、費用がどれくらいかかるのか直接僧侶に尋ねてもることもおすすめです。院号や位号の意味を理解せず、「院号をもらいたい」と頼めば、それ相応のお布施を求められてしまいます。見栄を張るための戒名にはせず、気持ちを新たに、本人や故人の生涯を表すような意味を持つものになるとよいのではないでしょうか。

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

手元供養とは

手元供養とは?遺骨すべてを保管するのは違法ではない?

亡くなった人をお墓に埋葬することは昔からのしきたりです。遺骨は一般的に四十九日を終えると埋葬されまが、最近では手元供養という新しい供養の形も見られるようになりました。手元供養とは遺骨を自宅に置いて供養するもので、自宅供養とも言います。今回はこの手元供養について解説します。

月命日とは

月命日とは?命日との違いや供養を続ける期間

家族が亡くなってからしばらくは、月命日にお墓参りに行ったり、菩提寺の僧侶にお経をあげに来てもらったりといったことを行っている家もあるでしょう。しかしこの「月命日(つきめいにち)」とはどういう意味で、いつまで行うものなのか、ご存じでしょうか。ここでは月命日の意味や供養を続ける期間、お経をあげてもらうための準備やお布施について解説します。

散骨

散骨とは?知っておきたい散骨の方法やと注意すべきポイント

近年増加している「散骨」、一度は耳にしたことがあると思います。しかし、実際にはどんなのものなのかよく分からないという人が多いことでしょう。散骨は違法にならないのか、散骨とはいったいどのような供養方法なのか、散骨方法や散骨する際の注意点も含め、わかりやすく紹介します。

継承墓は何が大変

継承墓は何が大変なのか?問題点と解決法を解説

継承墓は、お墓を代々受け継いでいく埋葬形態です。日本では、単純に「お墓」といった場合、墓石を使った継承墓を指すことが多いでしょう。かつてはほとんどのお墓が継承墓でしたが、近年になって継承の大変さが問題となり、墓じまいや埋葬方法の切り替えをしなければならないケースが増えてきています。ここでは、継承墓の問題点とその解決法について解説します。

お別れ会とは

「葬儀」とも「告別式」ともいわない、新しい「お別れ会」とは

この頃では、各地に「お別れ会」を企画する葬儀社が目立つようになりました。「葬儀」や「告別式」ではなく、「お別れ会」の案内がきたことのある人は、「お葬式とどう違うのだろうか?」と首をかしげたこともあるでしょう。ここでは、葬儀よりもカジュアルな、お別れ会について解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ