MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 文化・歴史 > お会式(おえしき)とは?

お会式(おえしき)とは?

関東にお住いの方であれば、お会式(おえしき)という言葉を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?東京都大田区にある池上本門寺で行われるお会式は安藤広重の版画にも描かれているくらい歴史ある有名な行事で、毎年30万人以上の見物客が集まり、宗教行事としては関東随一として知られています。しかし、このお祭りが鎌倉時代の仏教の僧、日蓮聖人にちなんだ行事というのは知らない方も多いのではないでしょうか?お会式はどんな行事で、どんなことが行われているのか?今回はお会式についてご紹介します。


お会式とは?

開祖をしのぶために命日に合わせて行われる法要のことを「お会式」と言います。しかし、一般的に知られているお会式は日蓮聖人の命日とされる10月13日前後に行われる法要のことで、「お会式=日蓮宗」というイメージが定着しています。鎌倉時代、日蓮聖人が入滅した日に季節外れの桜が咲いたという逸話があります。このことから、信者たちがお寺に桜を飾り、手にちょうちんを持って集まり、日蓮聖人をしのぶ法要を行うようになったといわれています。お会式が盛んになったのは江戸時代に入ってからで、ちょうちんに桜の紙花を飾ったお会式万灯行進が行われたのもこの頃です。現在では全国100カ所以上のお会式が行われています。もちろん、本来の意味通り、日蓮宗以外のお会式も各地で行われています。

 

池上本門寺のお会式

日蓮聖人の入滅地とされる池上本門寺のお会式は全国でも最大規模を誇ります。10月12日夕方6時になると3,000名もの行列が池上徳持会館を出発し、2キロ離れた池上本門寺を目指します。笛や太鼓や当たり鉦(しょう)の音色に合わせて、纏(まとい)を振り上げ、うちわで踊り、そして、全国から集まった百数十基の万灯が練り歩きます。万灯とは、四角い木枠に紙をはって箱の形にし、「某社御祭礼・氏子中・子供中」などと書き、下に長い柄をつけてささげ持つもので、仏前に掲げられた数多の灯明はなんともきらびやかで見ごたえがあります。かつて、万灯には「仕掛け万灯」と呼ばれた、仕掛けを施した万灯があったそうです。今でも色鮮やかなものや、五重塔を模したもの、中に人形が入っているなど、とても個性豊かなものばかり。万灯が通ると、見物客から大きな歓声が上がります。
このにぎやかなお祭りは13日の明け方まで続きます。そして、日蓮聖人が亡くなられた朝8時を迎えると、かつて、ご入滅を告げる鐘が打ち鳴らされたように、「臨滅度時の鐘」を鳴らし、全員で合掌礼拝を行い、日蓮聖人をしのびます。
まさに、華やかさと、厳かさを兼ねそろえた素晴らしいお会式です。

 

法隆寺のお会式

世界遺産の法隆寺では、なんと奈良時代から続いているお会式が今も執り行われています。しかし、しのぶ相手は日蓮聖人ではなく、奈良時代のスーパースター、聖徳太子です。当初は聖徳太子の命日といわれている2月22日に行われていましたが、太陽歴が採用されたことで、現在では毎年3月22日から24日までの3日間行われています。法隆寺の多くの法要の中でも、特に重要な法要とされており、法隆寺と聖徳太子のゆかりの深さを感じます。この日には秘仏とされる「聖徳太子坐像」がご開帳となることもあり、全国から多くの人が訪れますが、池上本門寺に比べて、地域に根付いた行事として地元の人が大勢集まっています。

 

お会式の まとめ

お会式は池上本門寺の万灯行列だけをピックアップするとお祭りといった印象が強いかと思いますが、本来、お会式とは開祖をしのぶ法要です。しきたりや礼儀を守って、楽しむと良いでしょう。法隆寺のように、お会式は日蓮宗だけに限らず、全国各地でさまざまな形態で行われています。この機会に、ぜひお近くのお会式を訪ねてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:法事とは何をする?法要との違い
納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

キリスト教の死生観,土葬,納骨堂

キリスト教の死生観|土葬の多い理由

現代の日本において、亡くなった人を埋葬する場合、火葬を行うことが一般的です。しかしキリスト教徒が圧倒的に多いヨーロッパの国々や、アメリカ大陸では土葬の方が多いようです。なぜキリスト教圏では土葬が多いのか、その理由について見ていきましょう。

檀家になるとは?現代でお寺の檀家になることのメリットとデメリット

檀家(だんか)とは、特定の寺院を援助する家のことを指します。檀家が支える寺院のことを菩提寺(ぼだいじ)や旦那寺(だんなでら)と呼びます。この寺檀関係は江戸幕府の政策によって始まり、菩提寺は檀家の先祖や死者の供養を独占的に取り仕切りましたが、現代では崩壊しつつあります。なぜ、寺と檀家の関係が崩れてしまったのか。ここでは檀家制度とはどんな仕組みなのか、その必要性などについて詳しく触れていきます。

花まつりでお釈迦様の誕生を祝おう

仏教で「花まつり」といえば、お釈迦様の誕生会のことを指します。クリスマスがキリストの生誕祭であるように、お釈迦様にも生誕を祝うお祭りがあるのです。各地の寺院で様々なイベントが行われるので、花まつりの日には、お寺に足を運んでみてはいかがでしょうか。花まつりの意味や行事、代表的な寺院のイベントについてご案内します。

墓友,納骨堂

墓友とは無縁社会における新たな交友関係。その意味と実態を解説

墓友という言葉が、近年になって新たに登場しました。聞き慣れない人も多いかもしれませんが、墓友は今の社会情勢の縮図ともいわれ、今後は更に増える可能性もあります。自分は関係ないと思っていても、いつか墓友ができる日が来るかもしれません。今のうちに、墓友の意味や注意点などを知っておきましょう。

端午の節句

端午の節句は仏教と関係あり?由来と祝い方

5月5日は「子どもの日」として親しまれていますが、「端午の節句」であることも広く知られています。3月3日は女の子のお祝いで桃の節句、5月5日は男の子のお祝いで端午の節句と、セットで覚えている人は多いでしょう。では、この端午の節句の由来をご存じでしょうか。仏教と関係があるのか、それとも日本独自のものなのか、その由来と祝い方について解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ