MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > お墓参りにふさわしい花は?

お墓参りにふさわしい花は?

お墓参りに持っていく花の種類を意識したことがありますか。基本的にはどのような花でも良いとされていますが、それでもやはり一定のルールはあります。できれば避けたいとされている花もありますから、お墓参りにふさわしい花について、知識をつけておきましょう。そうしておけば、いざというとき、スムーズにベストな花を選ぶことができますよ。


お墓参りにふさわしい花の色は3色もしくは5色

お墓参りにふさわしい花の色は、「黄、白、紫」の3色か、「木・白・紫・赤・ピンク」の5色とされています。とくに亡くなってから日が浅い頃は派手な色味の花を控え、3色までにとどめておくのがいいでしょう。四十九日を過ぎたころからは、赤やピンクを取り入れても構いません。

 

日持ちのする種類が好まれる

派手な色味に気をつければ、お墓参りの花はどんな種類のものでもかまいません。ただし、日持ちのする種類が好まれる傾向にあります。お墓参りをした後は陽ざしや風雨にさらされ、毎日の水換えも行われません。ですから、できるだけ長持ちする花が好まれるのです。お墓参りの花と聞いて「菊」とイメージする人が多いのには、理由があります。菊は、つぼみの頃から存在感があって花束の中でも見栄えがするうえ、開花してからも2週間ほどは日持ちがする花だからです。とくに、ポンポン咲きと呼ばれるボール状の可愛らしい菊は、最も長持ちする菊の一つです。日持ちする花は、他にカーネーション、スターチス、ケイトウなど、どちらかというと小ぶりな花が多いのが特徴です。

 

キリスト教ではとくに百合の花が好まれる

また、キリスト教の場合は白い花が好まれ、とくに百合がお墓参りにふさわしい花として特別視される傾向にあります。ただ、百合の花には花粉が多く、墓石に付着するとなかなかとれません。黒っぽい墓石に黄色い花粉は、とても目立ってしまいます。隣の墓地とあまり距離がないお墓の場合は、他の人の迷惑になることも考えられるため、花粉の部分を切り落としてからお供えしましょう。

 

神道では花ではなく榊が供えられる

神道のお墓には、伝統的に花ではなく榊(さかき)をお供えします。家のお墓が神道のものであれば、葬儀や神事で、玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行ったことのある人が多いでしょう。玉串は、榊に白いヒラヒラした紙垂(しで)をつけたものです。お墓には、紙垂のついていない榊をお供えします。「どこで買うのだろう?」と思う人もいるかもしれませんが、仏花が売られているお花屋さんであれば、榊も一緒に売られている可能性が高いです。ただ、現代では、神道のお墓であっても榊に限らず故人の好きだった花をお供えするケースも多いものです。花をお供えしたい場合は、神社の神職や親戚の年長者によく確認しましょう。

 

お墓参りにタブーな花がある

種類は少ないですが、とくに仏式のお墓参りにふさわしくないとされる花があります。それは、毒をもつ花と、トゲのある花です。具体的には、毒性があるとされる彼岸花と、トゲのあるバラです。彼岸花と言うと「お彼岸の頃に咲く」というイメージから、お墓にピッタリとイメージする人もいるのではないでしょうか。実は正反対なので、注意が必要です。また、故人がバラ好きだったというときには、どうしてもバラをお供えしたくなることでしょう。お墓参りをする間だけお供えして、帰るときにはバラの部分だけをそっと抜き取るというのはいかがでしょうか。故人を喜ばせ、周りにも配慮するための妥協案です。

 

花束は1対とし、細い花立てに入れることをイメージしてつくる

ほとんどのお墓では、花立は1対、つまり左右に2つあります。花束は、同じものを2つ作っていきましょう。また、お祝いやお見舞い用のように豪勢な花束を作ってしまうと、お墓の細い花立てには入りません。花の種類にもよりますが、5本から7本程度の細い花束を2つ作ります。困ったときには、花屋さんに「お墓に供えるためのお花である」と相談してみましょう。はじめは「仏花」として売られている花束を買ってみて、次のための参考にしてもいいかもしれません。

 

まとめ

以上、お墓参りにふさわしい花について解説しました。難しいと感じたら、まずは花屋さんに行ってみましょう。仏花の色調を参考にして、店員さんにもアドバイスをもらいながら花束をつくるのがおすすめです。法要など多くの親戚が集まる場面なら、年長者に意見を聞くのもいいでしょう。いざ花立てに飾ってみると、花が多すぎたり、茎が長すぎたりする恐れがあるので、お墓参りには花ばさみを持参するのがおすすめです。

 

関連記事:お墓参りの作法は宗教や地域によってどう違う?
納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

死後離婚,縁切り,夫婦

女性専用の納骨堂3選!夫とは別のお墓を選ぶ女性が増えている?

近年、価値観の多様化や家族の在り方の変化を反映し、お墓の形は納骨堂などの様々な形を取るようになりました。また、必ず継承してきたお墓に入る、夫の家系のお墓に入る、という概念も変わりつつあります。今回はそのような社会の流れと、そして夫婦でお墓を別にしたい、独り身でお墓に入る予定、女性同士でお墓に入りたい、という人々のための女性専用の納骨堂やお墓について紹介します。

喪中はがき忌中

喪中とは?忌中と喪中の違いと過ごし方

喪中や忌中といった言葉は聞いたことはあるでしょうか。喪中という言葉は、ときおり年末に年賀状の代わりに送られてくる喪中はがきのおかげで広く知られているでしょう。もう1つ忌中という言葉はあまり知られていないかもしれません。この喪中と忌中といった2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。意味と違いについて見ていきましょう。

改葬代行サービス

改葬代行サービスのメリットと注意点

お墓の引っ越しをすることを「改葬」と呼びますが、最近その手続を代行するサービスが増えています。特に寺院墓地の場合、現在法要など供養を一括で依頼をしているお寺の檀家を辞めるということになるため、離檀手続きなどの交渉を代行で行ってくれるため人気を集めているようです。ここでは、そんな改葬代行サービスについて詳しく紹介します。

戒名とは

戒名とは?意味や値段の相場について

戒名とは亡くなった時につけてもらう名前、というイメージが大きいかと思います。しかし、宗派や信仰の深さによって戒名が変わったり、戒名をつけてもらうには戒名料が必要なことをご存じでしょうか。今回は戒名の基本についてご紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ