MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 用語・豆知識 > 魂入れ、お性根入れとは?

魂入れ、お性根入れとは?

お墓や仏壇を新調したら、「魂入れ」や「お性根入れ」と呼ばれる儀式が必要になります。初めてお墓や仏壇を買う人のなかには、魂入れがどのような儀式で、何が必要なのかわからないという人が多くいるのではないでしょうか。一生のうち、そう何度もある買い物ではありませんから、わからなくても無理はありません。この機会に、魂入れ、お性根入れについて詳しく知りましょう。


魂入れ、お性根入れとはお墓や仏壇を礼拝の対象にするための儀式

魂入れの別称はたくさんあります。お性根入れをはじめ、お精根入れ、お精入れ、みたま入れなどなど、全て意味は同じです。魂入れとは、新しく買ったお墓や仏壇に魂を込めることをいいます。ただ、宗教離れが進む現代では、「魂を込める」などといった考え方は受け入れられないと思ってしまう人が大半でしょう。そういった人は、魂入れを「お墓や仏壇を礼拝の対象にするための儀式」ととらえてはいかがでしょうか。仏壇やお墓は、買ったばかりではただの物であり、ありがたみは感じません。魂入れの儀式を行ってはじめて、礼拝の対象になるのです。とくに、僧侶がお墓や仏壇の前でお経を読む魂入れの儀式のことを、「開眼法要」といいます。

 

お墓の魂入れは購入時か納骨時に行う

お墓の魂入れを行うタイミングは、2通りがあります。ひとつめは、お墓を購入したときです。ふたつめは、納骨をするときです。納骨のときに魂入れを同時に行うことのほうが多いですが、生前に自分のお墓を買った場合は、購入後すぐに魂入れを行っておくケースがあります。お墓の魂入れを行うには、寺院のご住職などと日にちを相談して決定することから始めます。魂入れだけではなく、納骨や年忌法要も同時に営む際には、まず年忌法要を営んだあとにお墓の魂入れをして、納骨をするといった流れになります。

 

お墓の魂入れのために準備するもの

お墓の魂入れのために準備するものは、お布施、数珠、供花、お供え物、線香、ローソク、マッチ、お墓の掃除用品です。一般的なお墓参りの準備品に、お布施を加えると考えていいでしょう。お布施の金額は、3万円から5万円ほどが相場です。お寺からお墓が遠い場合には、5,000円程度のお車代を包みます。また、法要後に親族と会食をする場合には、お膳料を5,000円ほど包みます。お供え物は、果物や菓子などの量を通常のお墓参りよりも多めにし、見栄えよく飾りましょう。寺院や地域によって、お供え物の種類が決まっていることがあるため、よく確認することが必要です。服装は、喪中でなければ喪服でなくて構いません。法要を同時に営むなら、親族とドレスコードを合わせておきましょう。

 

仏壇の魂入れは購入時か位牌を納めるときに行う

仏壇の魂入れも、行うタイミングは2通りあります。ひとつめは購入したとき、ふたつめは位牌を納めるときです。すでに納めるべき位牌がある場合には、購入時に魂入れを行います。一方、家族が亡くなってはじめて家に仏壇を入れることにしたなら、位牌を納めるときに魂入れを行うことになります。仏壇に位牌を納めるのは、四十九日法要のときです。よって、先に納めるべき先祖の位牌がない場合には、四十九日法要と同時に魂入れを行うのが一般的です。

 

魂入れのために準備するもの

魂入れに必要なのは、お布施、数珠、供花、お供え物、線香、ローソク、マッチです。お布施は、3万円から5万円が相場ですが、お寺から自宅へご足労いただくため、これに加えて5,000円ほどのお車代を包みましょう。親族の誰かがご住職を送迎するなら、お車代の必要はありません。なお、法要後に参列者らが会食をする場合には、5,000円程度のお膳料も包みます。仏壇の魂入れはおめでたい行事なので、供花やお供え物は華やかに飾ります。寺院や地域によっては「餅を飾る」「赤飯を飾る」といった決まりがありますから、確認することが大事です。服装は、喪中でなければ喪服でなくて構いません。法要を同時に営むなら、親族とドレスコードを合わせましょう。

 

魂入れにはどの範囲まで呼べばいい?

魂入れをするときに迷うのが、「親戚はどの範囲まで呼べばいいのだろう?」ということです。法要を同時に営むなら、主だった親族が集まるのが一般的なので、悩む必要はありません。問題は、魂入れだけを行う場合です。もちろん、親族には新しいお墓や仏壇を購入したことを知らせるのが大前提ですが、法要のようにたくさんの親族に集まってもらう必要はないと考えていいでしょう。魂入れの儀式は短いものです。近くに住む親族に「代表として来てくれないか」と依頼する、完全に家族だけで行うなど、規模はやや小さめになります。ただし、新しくお墓を購入して魂入れを行う際は、お披露目会をする意味でも、お墓参りをする可能性のある親族に集まってもらった方がいいかもしれません。後から個別に案内する必要がないように、みんなにきちんと場所を覚えてもらっておきましょう。

 

まとめ

以上、魂入れ、お性根入れについて解説しました。家族が亡くなり、仏壇もお墓も新調する場合には、それぞれの魂入れを別の日に行っていては大変です。できれば四十九日法要のときに、法要と同時に仏壇とお墓の魂入れを行い、納骨まで済ませてしまうのがベストといえます。ただ、家族が亡くなって寂しい思いをするなかでの準備はなかなか大変です。心身ともに辛い場合には無理をせず、一つずつクリアしていきましょう。

関連記事:お布施の包み方と表書きはどうすればいい?

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

戒名とは?どのように授かるの?新しい授かり方って?

葬儀があると、戒名を授かるということをご存じの方は多いでしょう。この戒名を授かるときのお布施が高額といううわさを聞き、「戒名って本当に必要なの?」と疑問に思っている人はいませんか。戒名の授かり方は、だんだん変わってきています。戒名の意味や、最新の授かり方についてお伝えします。

檀家を持つお寺と持たないお寺の違い

有名寺院にお参りしたときなど、「そういえば、このお寺は檀家を持ってるの?」と疑問に思ったことはありませんか。お寺には、檀家を持つお寺と、持たないお寺があります。それぞれの違いを解説します。

お墓探しをする夫婦

夫婦間で宗教が違うとき、お墓はどうなる?

我々日本人にとって、仏式でお葬式をし、寺院が管理する墓地に納骨されるのは、いたって一般的なことです。しかし、他の宗教の人からすれば、決してそうではありません。夫婦間で宗教が違うとき、お墓はどのように選べばよいのか。その解決策について、詳しく解説します。

嫁姑問題から死後離婚に発展する様子

死後離婚とは?夫の死後に姻族関係終了届を出す妻

死後離婚や姻族関係終了届という言葉を聞いたことはあるでしょうか?簡単に言うと姻族関係終了届とは、亡くなった後に出す離婚届のことで、通称「死後離婚」と呼びます。今、そのような死後離婚をする妻が増えているようです。法務省の戸籍統計の調査結果では、2006年度に姻族関係終了届を出した数は1,854件でしたが、2015年度の場合は2783件に増えています。9年で900件増えているため、1年で100件ずつ増えている計算になります。では、なぜ夫の死後に姻族関係終了届を出す割合が増えているのでしょうか?その理由や背景などを中心に説明していきます。
参考文献:2015年度 法務局及び地方法務局管内別 届出事件数

お墓は本当に儲かっているのか?お寺の経済事情

葬儀では、お布施として何十万円もの金額を包みます。「お通夜とお葬式を合わせてもたったの2日なのに、何十万円ももらえるなんて、さぞお寺は儲かっているだろう」と思うのも無理はありません。しかし、実はお寺はそれほど儲かっているわけではなく、むしろ貧困化が進んでいるといわれています。お寺の経済事情について解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ