MENU

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂コラム【納骨堂辞典】

納骨堂を購入しようかお考えの方が疑問に思うことをまとめました。
そもそも永代供養とは何?納骨堂は散骨とはどう違うの?といった納骨堂のコラムを紹介します。

納骨堂辞典 > 納骨堂コラム > 仏事コーディネーターとは?仏壇やお墓、法事に詳しい供養のプロ

仏事コーディネーターとは?仏壇やお墓、法事に詳しい供養のプロ

仏壇・仏具店に行くと、「仏事コーディネーター」のカードを胸に下げた店員を見かけることがあるでしょう。「仏事コーディネーターって何だ?」と思いながらも、とくに何も質問することなくお買い物を終える人が大半だと思います。しかし、それではもったいない!供養について迷っていること、悩んでいることをぶつけてみれば、きっと正解を導き出してくれますよ。仏事コーディネーターについて解説します。

仏事コーディネーター


仏事コーディネーターとは仏事に関する試験に合格し資格を得た専門家

仏事コーディネーターとは、仏事コーディネーター資格審査協会が行っている民間資格制度です。仏壇・仏具・法事に関する知識を持った人材を養成するため、2004年に作られました。資格試験に合格すれば、あらゆる仏事のプロとしてお墨付きを得られることになります。

 

仏事コーディネーターの受験資格と試験方法

仏事コーディネーターの受験資格は、満20歳以上になる仏壇仏具店の経営者や社員で、実務経験が3年以上ある者です。また、全日本宗教用具協同組合が後援しているため、組合員とその従業員を対象としています。試験方法は講習と筆記試験で、仏教の基礎知識や慶弔の知識、仏壇仏具の製品や販売、関連法令の理解を問います。また、仏事コーディネーターとしての使命や心構えを十分に認識しているかどうかも、テストに課されます。講習料と受験手数料は35,000円で、テキスト代は別途請求です(2018年2月現在)。

 

合格すると認定証とIDカードがもらえる

仏事コーディネーターに合格すると、認定証と顔写真付きのIDカードが支給されます。5年目の更新まではシルバーのカードですが、5年目の更新後はゴールドのIDカードとなります。10年目の更新になると、ゴールドのIDカードに星マークが2つつきますので、このIDカードを首から下げている店員がいたら、かなりのベテランであることがわかります。

 

仏事コーディネーターに相談できること――仏壇、仏具のこと

仏事コーディネーターには、仏壇、仏具全般について相談することができます。「仏壇を買うことには慣れている」という人は、おそらくあまりいないでしょう。ほとんどの人が初体験のはずです。いざ仏壇・仏具店に行ってみても、種類豊富な仏壇のなかからどれを選べばよいのか迷い、なかなか選べません。そこで仏事コーディネーターの出番となります。仏壇の素材や品質といった商品知識が豊富なうえ、どんな宗派にどんな仏具が必要なのかも熟知しているので、宗派を伝えるだけで揃えるべき仏具についてアドバイスしてくれます。また、最近の仏壇は小型仏壇や家具調仏壇、宗派を問わないシンプルな仏壇など、さまざまな形があります。どのような供養がしたいのか、希望を知らせれば、ピッタリのタイプを導き出してくれるでしょう。もちろん、置き場所や毎日のお参りの仕方についても手ほどきしてくれるので、買った後に何をすればいいのかがわかって安心です。

 

仏事コーディネーターに相談できること――初盆のこと

仏壇を買う人の多くは、初めて身近な家族を亡くした人です。仏壇を買った後の供養行事に戸惑うことが多いでしょう。その代表的なものが、初盆です。初盆とは49日を過ぎてから初めて迎えるお盆のことで、故人がまぎれもなくその家の先祖となったことを実感できる行事です。供養においては、葬儀でも納骨でもなく、初盆が一つの区切りであるとされます。初盆の迎え方には地域によってさまざまなしきたりがあり、初めて迎えるときには周囲への年長者へのヒアリングが欠かせません。しかし、供養のエキスパートである仏事コーディネーターがいれば、初盆には何を揃えればよいのかを相談することができます。

 

仏事コーディネーターに相談できること――回忌法要のこと

49日法要、一周忌、三周忌と、故人を供養するための回忌法要は、経験がないと何から手をつければよいかわからず、不安に駆られるものです。親族への案内の出し方、法要会館での食事内容、服装についてなど、決めなければならないことがたくさんあります。そんなときにも、仏事コーディネーターが手ほどきしてくれます。段取りのつけ方から当日の注意点まで、細やかにアドバイスしてくれることでしょう。

 

まとめ

以上、仏事コーディネーターについて解説しました。IDカードを下げている人を見つけたら、仏壇や供養についての疑問や悩みをぶつけてみましょう。きっと、安心できる答えを返してくれます。これから始まる供養についてしっかり準備するためにも、仏壇は早めの手配がおすすめです。初七日が終わったら、お墓のこととあわせてすぐにリサーチを始めましょう。「とりあえず、お店に行ってみるか」という気軽な気持ちでOKです。お店に尋ねて行きさえすれば、選び方のコツはプロが教えてくれます。

関連記事:お墓ディレクターとはどんな仕事?何をしてくれるの?
関連記事:葬祭ディレクターとはどんな資格?何をしてくれるの?

 

納骨堂辞典では東京や関東の納骨堂の紹介をしています。みなさんのご要望にお応えして人気ランキングや費用、納骨堂の種類についてなども解説していますのでぜひご覧ください。納骨堂辞典|納骨堂・永代供養墓の全て


合わせて読みたい

お正月にお墓参りをしたほうがいい?やめたほうがいい?

お正月を機に実家に帰り、「せっかくだからお墓参りでも」と考えている人はいませんか。お正月は、お墓参りにふさわしい時期です。しかし、さまざまなことに気をつけなければ、風習のタブーに触れてしまう場合があります。お正月にお墓参りをすべきか否か、するとしたらどんな注意点があるかについて解説します。

年賀状を出さなかった喪中の人には寒中見舞いを出そう

喪中はがきが届いたら、その人には年賀状を出さない。そこまでは知っているけれど、それだけでいいの?と迷っている人はいませんか。年賀状を出さなかった喪中の人には、寒中見舞いを出しましょう。喪中の人への寒中見舞いの出し方について解説します。

お焚き上げって何をするの?

大事な人が亡くなった後に行わなければならない手続きや、遺品整理について調べていると、「仏壇・遺影のお焚き上げを承ります」などといった文面が目につきます。そこで初めて「お焚き上げ」を知る人も多いことでしょう。お焚き上げとは具体的に何をするものなのか、誰に依頼すればよいのかについて解説します。

墓じまいとは?手続きや費用、墓じまいで行う供養とは

今、遺骨を取り出しお墓を更地にする「墓じまい」が注目されるようになっています。その背景には、子どもや孫の世代が生まれた地域にずっとそのまま留まり、先祖代々のお墓を守っていく。昭和の時代には当たり前だったことが、現代ではできない家が増えていることが考えられます。ここでは、そんな墓じまいの意味や費用、取り出した後の遺骨をどうすべきかについて解説します。

納骨堂の仏壇

2017年新築の納骨堂5選

納骨堂は、新しいタイプのお墓として近年注目されています。従来の石のお墓(外のお墓)に比べると、初期費用や管理費用が安く済み、毎年のお墓の清掃も不要なことから、遠方にお墓がある人や子どもに負担をかけたくないという人から人気を集めています。そこで、今年開苑した東京の納骨堂おすすめ5選を紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

納骨堂人気ランキング

第1位

納骨堂・東京|満照山眞敬寺 蔵前陵苑【まんしょうざんしんきょうじ くらまえりょうえん】

この納骨堂をみる >

第3位

納骨堂・東京 | 龍澤寺の納骨堂ゆめみどう【りゅうたくじのうこつどうゆめみどう】

この納骨堂をみる >

第5位

納骨堂・東京 | 東本願寺「浅草浄苑」(ひがしほんがんじあさくさじょうえん)

この納骨堂をみる >

  • 東京の納骨堂
  • 関東の納骨堂

最新の納骨堂コラム

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ